野性爆弾・くっきー!

14日に放送された『プレバト!!』(MBSTBS系)で、お笑いコンビ・野生爆弾のくっきー!が、俳句ランキングに挑むも最低点数を取り、俳句部門で査定を務める夏井いつき先生を怒らせた。


■今回唯一の才能ナシに

今回、番組では『俳句ランキング』を開催。挑戦者であるくっきー!は、芸術系5部門で特待生となっており、その上で「俳句もやりたい」と直訴しての挑戦だという。

そんなくっきー!は「風景見せたいタイプなんで、人物やその場所、季節の温度というのを書いてみました」と、自身の句のポイントを語る。しかしその後、くっきー!は今回唯一の「才能ナシ」に選ばれてしまい、5点という低い点数を付けられ最下位となってしまった。


■イメージした光景は…

すると、くっきー!は「ちょっと待って、うそでしょ?」と動揺。5点という点数に周囲も「何これ?」「見たことない…」とざわつく。

なお、夏井先生から出されたお題は「弁当の店頭販売」。くっきー!はこのお題に対し「葉のすきま こぼれ蟲くる 歯のすきま」という句を詠み、イメージした光景を語り出した。

くっきー!によると、歯の緩くなったお年寄りが公園で弁当を食べる中、葉のすきまから光が差し、そこへ暖をとりに虫が集まるそう。さらに、お年寄りの歯のすきまからご飯がこぼれ、そこにも虫がたくさん集うという光景を想像したとのことだ。

■「睨みつけておりました」

なお、この句を聞いた上でフルーツポンチの村上健志が「5点はあげすぎ!」と文句を言うも、くっきー!は「韻、踏んでんで?」と言い返す。一方、夏井先生は「作者が誰か本当に睨みつけておりました」と腹を立て、韻を踏もうとする意図を「全くムダ」と斬り捨てた。

そしてほぼ句にダメ出しをした後に「木漏れ日や こぼるる飯に たかる虫」と添削した夏井先生。しかし、それでも韻にこだわるくっきー!に対して「こんなものにこだわる必要はないです」と即答した。


■怒られ反省…

さらに夏井先生は「あなた本当に志願して来てくださったんですか?」と問いかけ、「真面目にやろうと思うんなら私本気で受け止めますけど、こういうことにこだわるような性根だったらちょっと受け入れにくい」と語る。

その上で「性根叩き直して、もう1回来てください」と喝を入れる夏井先生。対するくっきー!は「ごめんなさい」と頭を下げると「先生、もう二度と俳句に手を出しません」と反省した。

野生爆弾・くっきー、『プレバト』俳句部門で最低点数 先生が腹を立てた句は…