スーパーロボット大戦シリーズの公式ブログにて、同シリーズに携わってきたデザイナー藤井大誠氏が、10月12日に逝去されたことが発表された。これにあたり、『スーパーロボット大戦シリーズプロデューサー寺田貴信が追悼のコメントを公開している。

 藤井氏は、ゲーム内で使用されるロボットのキービジュアルや原画をおもに担当。古くは1995年発売の第2次スーパーロボット大戦G』パッケージイラストなどから現在にいたるまで、長きにわたって同シリーズイラストを手がけてきた。
 シリーズの最新作スーパーロボット大戦30スーパーロボット大戦OG展」のキービジュアルが、氏の遺作になったとされている。

 寺田氏はコメントの中で、藤井氏の素早く丁寧な仕事ぶりや作品を称えた。また、作り手側でありながらもシリーズの熱心なファンだったことに触れ、「ご逝去は大変残念です。無念です」と心の内を綴っている。

『スーパーロボット大戦』公式ブログ「追悼 藤井大誠さん」はこちら