PLAYSMは10月15日、借金返済生活シミュレーター『The Good Lifeリリースしたと発表した。

 『The Good Life』では、プレイヤーは借金を抱えるジャーナリスト「ナオミ・ヘイワードとして、謎を秘めた田舎町「レイニーウッズ」を訪れる。レイニーウッズでは夜になると、住民たちがイヌやネコに変身するという奇妙な現象が起きるうえ、その謎を追う中で殺人事件まで巻き起こってしまう。

 ゲームを進めるうちに、やがてナオミ自身もイヌやネコに変身できるようになる。イヌ状態では嗅覚を使って住民たちを追跡したり、ネコになれば屋根に登って探索の範囲を広げられるなど、それぞれ長所を持つ。事件を解決に導くには、ヒト、イヌ、ネコを使い分ける必要が生まれてくるようだ。

 また、住民の依頼に応じた写真を撮影したり、SNSで注目を集める写真を投稿すると報酬をゲット。たまったお金はガーデニング料理をしたり、パブで住民たちと飲み交わしたりといったアクティビティに使える。
 広大なレイニーウッズを探索すれば、さまざまなイベントが発生する。マップ中では祠やキャンプ場と言ったロケーションも解放でき、行動範囲を広げてレイニーウッズでの暮らしをエンジョイできる。

 本作は、Nintendo SwitchPS4Xbox OneXbox Series X|S、PC(SteamMicrosoft Store)向けに発売中。価格はSteam版のみ2980円(税込)、そのほかのプラットフォームでは3980円(税込)となる。

My Nintendo Store『The Good Life』販売ページはこちらPlayStation Store『The Good Life』販売ページはこちらMicrosoft Store『The Good Life』販売ページはこちらSteam『The Good Life』販売ページはこちら