ボカロ文化の祭典として、10月14日(木)から17日(日)に開催される「The VOCALOID Collection ~2021 Autumn~」(通称・ボカコレ2021秋)。

【「ブームが去っても嘆かない」ボカロP・てにをはインタビュー 創作への執着と達観の画像・動画をすべて見る】

ニコニコ動画を中心としたネット上を舞台に、生放送REMIX企画、Stemデータの配布など、様々な形で人気ボカロPが登場。ボカロに関わる多くのクリエイターや企業はもちろんユーザーも参加する、今回で3回目を迎えるイベントだ。

KAI-YOU.netでは今回、9月3日の事前特番(外部リンク)に出演したボカロPてにをはさんへインタビュー



女学生探偵シリーズや「ヴィラン」のヒットに加え、AdoさんやVTuber森カリオペMori Calliope)さんへ楽曲を提供するなど、活躍の場を広げるてにをはさん。達観したかのようにも見える独自のスタンスから、どこか不思議で謎めいた作品を生み出している。

成功や評価よりも「つくることが目的」と話す彼に、10年のキャリアの中でボカロシーンから得たものと「ボカコレ」への期待を、率直に語ってもらった。

取材・文:ゆがみん 編集:恩田雄多

投稿のきっかけはコミュニティの存在

──てにをはさんは2010年初投稿から10年以上ボカロPとして活動されてますが、それ以前から音楽には触れられていたのでしょうか?

てにをは 音楽自体は以前からやっていました。当時、一視聴者としてニコニコ動画を見ていて、ボーカロイドでつくった曲を投稿している人たちがいるのは知っていたんですが、ネット上に公開はしてきませんでした。

僕の場合は、何か特別な野心を持って、曲をつくってはどこかに発表してライブをして……というわけじゃなく、つくることそのものが目的だったので

──では、ご自身でもボカロ曲を投稿しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

てにをは 個人が発表できる場としてニコニコ動画ボカロ文化がどんどん整備されていくのを横目に見ていた頃に、知り合いを通じて、動画がつくれる人を紹介してもらったんです。

それで今まで見ていた世界と自分の世界が繋がったというか。動画をつくる動画師さんやイラストを描くイラストレーター/絵師さんのコミュニティを知って、「その人たちと一緒にやることで、見ているだけだった場所に発表できるんだ」と。

それに気づいた時点で、大きな決意を必要とすることなく、本当に遊びの一環として投稿をはじめました。

──デビュー前後の頃で印象に残っているボカロ曲、またはボカロPを教えてください。

てにをは 当時は初音ミクという新しい時代のキャラクターも含めて、ボカロから生まれるものを楽しんでいた気がします。ボカロPを意識するよりは、曲ごとに追いかけていました。

その中でもryoさんは、彼の動画を見る前後で、ボカロPというクリエイター像が明確になった記憶がありますね。点と点が繋がるというか、「この曲とこの曲の作曲は同じ人で、1人のアーティストとして一貫した音楽性で投稿している」と。


てにをは 僕が投稿をはじめたのはその直後くらいです。その頃からニコニコ動画が自己表現の場としても認識されていったというか、投稿者1人ひとりのキャラクター性が立っていった印象です。

──ではボカロ曲以外ではどんな曲を聞いていましたか?

てにをは 音楽という意味では、ユーミンさん(松任谷由実)や浜田省吾さんなど、そして親が聞いていたフォークソングが原体験ですね。ギターを教えてくれたおじさんフォーク世代でした。あと全然ジャンルは違うけど筋肉少女帯BUCK-TICKも。

それらのアーティストからは音楽性でも影響を受けていて、音楽性はそのときどきで変わってもいいんだと。特に90年代BUCK-TICKアルバムは、突然打ち込み音楽を混ぜたりヘヴィになったり、アルバムごとにサウンドコンセプトジャンルが変わっていくんですよ。

後に聴くことになるレディオヘッドRadiohead)も含めて、活動の中で音楽は変化してもいいというお手本でした

──確かにてにをはさんの音楽的な変化にも当てはまりますね。

てにをは 僕は最近まで、和風な楽曲をつくるボカロPとして知られていたと思います。けれど、和風な曲をつくっていた時期も傍らには別ジャンルの音楽があったんですよね。

そういう引き出しはいつか出したいと思っていて、特に「ヴィラン」は周囲から見たいわゆる新たな一面が出た曲だと思います。


てにをは 自分の中にあるものは押さえ込まずに、良いと思ったときに出す──個人だからできるというのが大きいですね。

ブレーキ役となる他のメンバーがいないことで崩壊する可能性もありますが、僕の場合は、1人でやっていることだから自分の責任で「一か八かでやってみよう」と考えられました。

emon(Tes.)みきとP、2人との出会いがもたらす影響

──これまでご自身がつくった楽曲で転機になった曲はありますか?

てにをは ぱっと思いつくのは最初に自分のイメージの要因になった「古書屋敷殺人事件」(2012年)。この曲以前と以降で、見られ方も広まり方も変わったのは間違いないですね。


てにをは もう1つは、世間的にはたくさん聴かれた「ヴィラン」が転機……となってるんですけど、自分としてはその前に出した「ブラッドベリ」(2019年)という曲くらいが本当の転機というか。

人との出会いの中で徐々にいろいろ試して、もっと高いレベルで自分の表現の幅を広げてみたいと思うようになりました。そのあたりが大きくスイッチが切り替わった時期かなと思いますね。


──音楽性にも影響を与えた人との出会いについて、もう少し教えてください。

てにをは 友人との出会いですね。僕の場合つくることが目的で、1人でひたすらに曲をつくっていたんです。でも、技術的なことやアイディアを相談できる横の繋がりができたことは、ボカロPとしての活動の中で大きな出来事でした。

──具体的にはどなたとの出会いになるのでしょう?

てにをは 1人はボカロPemon(Tes.)さん。「shake it!」や「どりーみんチュチュ」など、とにかく初音ミクエレクトロをやらせたら、この人よりすごい人はいないと思っている人です。

大勢の人を踊らせる曲でありつつ、キャラクターに一番マッチしたものをサウンドで表現できて、それが認知されている。大きなイベントで必ずかかるような曲をつくっている、そんなemonさんからの技術的なアドバイスや考え方はすごく参考になりました。


てにをは もう1人はみきとPですね。彼と仲良くなって、やっぱりいろいろなアイディアの相談など……かなり助けられました。

僕はとにかく「なるようになる」と考える性格なんですよ。人間関係がほとんどないときも、1人で黙々とつくって完結していたんです。

けれど、巡り合わせで偶然知り合った彼の創作に対する考え方は、自分にも当てはまることが多くて、お互いに深いところで相談し合える。そういう相手に出会うことは、なかなかないですよね。


──てにをはさんは小説も書かれていますが、小説でもそういった存在はいらっしゃいますか?

てにをは 残念ながらいないんですよ。小説って、いわゆる界隈みたいなものがなくて、あるとしても文壇ぐらいしかない。だから心持ちとしても1人でやるしかないかなって。

当然、ボカロPの中にはボカロ小説を書いている方もいらっしゃいます。けれど僕が知り合ったボカロP、ある程度以上親交を深めた人は、本当に今挙げた人たち以外でも数人程度ですから。

正直に言うと、これ以上は高望みだろうとどこかで思っている自分がいます。世界観や考え方が自分と一致するような人に出会える奇跡って、そう簡単に起きないと思うんですよね。



ヴィラン」のヒットと媒体における創作の違い

──世間的な転機として挙がった「ヴィラン」は、実際てにをはさんの中でも大きなヒットだと思います。ご自身としてどのように捉えていますか?

てにをは 活動開始から10年目で、もう一度ここまでたくさん聴かれるというのは、単純に嬉しかったです。ただ自分はどちらかというと、曲との距離を置いたスタンスなんです。

たくさんの人に聴かれて自分事として嬉しいのは一時的で、あとはもう遠くで起きている出来事のように感じるというか。曲が自分の子供だとしたら、「親としてどう思えばいいのか。自分の手柄じゃないしな……」と。

つくり終えたものにずっと意識を留めていると、具合が悪くなってくるんです(笑)。それよりもとっとと次の曲を考える。だからこそ10年続いてるのかもしれないですね。

──「ヴィラン」はYouTubeTikTokでもいろいろな方が「歌ってみた」を投稿していますが、お話をうかがっていると、それぞれの歌い方が気になるといったこともなさそうですね。

てにをは 自分で遊び道具をつくってみんなに公開したのに、それを遊ばれたから怒るというのもなんか違うなと。歌なんだから歌ってもらって当然です。自分の曲を芸術と思っていたらきっと違うんですけど、僕にとっては娯楽ですから。

ちょっと無情な言い方になるかもしれないですけど、「現代になってどんどん流行のサイクルが早まって嘆かわしい」というような風潮については、特になんとも思ってないんです。

ある意味、その流れに取り込まれて楽しんでもらいたい。言い換えれば、誰か1人でも好きになってもらえれば、本当の意味で忘れられることなんかないと思っています。




──非常に独特なスタンスですね。創作について、もう少し具体的なお話もうかがいたいと思います。以前、ご自身でも作家の筒井康隆さんが好きと言われていましたが、楽曲の不思議な世界観や物語性への影響も大きいのでしょうか?

てにをは もともと物心ついたときから、SFや妖怪のような不思議な世界の物語が好きだったんです。不思議なもの、謎めいたものに対しては、ずっと執着しているような気がします。

僕は媒体問わず物語が大好きなんですが、不思議という要素は、ジャンルを越えてどんな作品にも当てはまるというか。現在進行形で作品は無限に生まれているので、それらを楽しみながら、たぶん人生が暇になる瞬間は1秒もないまま死んでいけるだろうなと思います。

影響という意味では、筒井康隆さんももちろんですし、内田百間という大正から昭和にかけて活躍された作家の影響もあるかもしれません。淡々とした文体というか、ちょっと軸がどこにあるのかわからない表現や物の見方が印象に残っています。



──ご自身で小説も書かれていますが、小説とボカロ曲とで創作のきっかけに違いはあるんでしょうか?

てにをは 中学校の頃から音楽と小説の両方をやってきたので、つくるという意味であまり差はないんです。ただ、当然ですが、どういうサウンドを鳴らしたいかと、どんな物語を書きたいかという違いがあります。

でも、両方とも1つの頭から出てくるので、分けて考えているわけではありません。ちょっとした言葉やネタを書き留めて、それが歌詞になるのか、小説の一節になるのかは正直わからないですね。

──では歌詞と小説の文章とで言葉の選び方に違いはありますか?

てにをは あります。楽曲の場合は3~4分で終わるので、限られた時間の中に体験を圧縮しているんですね。

だから小説での情景描写とか心情描写とか、そういうときに語られる言葉と全く違う言語なんです。以前、小説で歌詞くらいの濃度というか、歌詞を考えるときの言葉で書いたことがありました。「隅々まで最高の文章にしたい!」くらいの気持ちで……読めたもんじゃなかったですね(笑)

全部入りのような足し算ばかりしていくと、何のために小説にしているのかがわからなくなってくる。文字通り、言葉遊びで終わってしまうように思います。



てにをはの曲を」Ado森カリオペへの楽曲提供

──そういったご自身の活動の一方で、最近ではAdoさんや森カリオペMori Calliope)さんらに楽曲を提供しています。楽曲提供における普段との違いを教えてください

てにをは まず第一にスケジュールがあります。その上で、その人のイメージや歌えるキーの高さ、僕に対してやってほしいことがぼんやりとある。

少しわがままなようですけど、それらの条件の中で、「自分が一番面白いと思うものを返そう。てにをはに頼んだのだから、自分だからこそつくれるものが欲しいはず」と思ってつくる。

何かを期待されているとは思うので過去の曲の再生産のようなことはしたくない。なんとか抗いながら、相手の納得してもらうものをつくろうと思っています。

──てにをはさんから見て、Adoさんや森カリオペさんの歌手としての印象を教えてください。




てにをは Adoさんは声の倍音が豊かで深くて、「自分はこう思うから、そのためにこう歌う」みたいな、歌うことに対する明確なビジョンがありますよね。

いわゆる“それっぽく”ではなくて、歌うことに対する先入観やバイアスから解き放たれていて、自分がこの曲を歌うために、もっと深く表現するためにはどうしたらいいかと、いろいろ考えているような印象を受けました。

森カリオペさんの場合は、自分の“好き”に対して完全に振り切っているという印象です。ラップを自分の表現として、自分が好きなものとして、ストレートに打ち出している。才能も豊かだし、表現欲求というものが尽きることがないタイプの人だと思いました。




てにをは VTuberとしての活動も独自のスタンスですが、音楽のジャンル的にも、僕にEPを丸ごと頼むってある意味正気じゃないなと(笑)

Adoさんと一緒で、「それっぽい感じ」ではなく「てにをはさんがつくる曲が欲しい」というピンポイントな要望を感じました。だからこそ僕も、初めての丸ごとのプロデュースでしたけど、楽しくスムーズやらせていただきました。

──共同制作についてもうかがいたいです。10月15日に発売されるコンピレーションアルバムキメラ』では、「共犯」を和田たけあきさんと共同制作しています。1人で黙々とつくられてにをはさんとして、共同制作という体験はいかがでしたか?



てにをは 和田さんとは、交流はないけどお互い知ってはいたという、遠くて近いような関係で、僕にとっては初めての共同制作でした。

お互い10年選手なので、もうそれぞれの世界があるだろうと、自分のやり方や制作のリズムとか、テリトリーみたいなものを最初に振り分けて、「お互い自分の得意なことを頑張りましょう」というようにつくりました。

僕は歌詞、和田さんがギター。それぞれの領分に踏み込むと収拾つかなくなるだろうと予想していたので。結果的にお互いスムーズにいったので、1つの共同制作のやり方として良かったんだと思います。


ボカコレ」に感じた兆し、ブームが去っても嘆かない

──ここまでのお話で、てにをはさんはどこか達観しているというか、大きな目的が「つくること」であり、自分との対話の中で楽曲を制作していると感じます。例えば、ボカロシーンの変化のようなものは、あまり気にされないのでしょうか?

てにをは もちろん変化していくのを肌で感じたり、面白いなと思いながら見ていますよ。

ただ、全く「我関せず」というのも無理な話ですけど、さっきも言ったように基本的にはなるようになると思っている節があるんです。

何度目かわからない今のボカロブームが去ったとしても、特別それで嘆くことはたぶんないと思う。また復活して繰り返すんだろうなと感じるくらいで、受け入れると思うんです。

悪い意味ではなく、ブームの有無に関わらず、ボカロPそれぞれの熱意に大きな変化はなかったと思うんですよ。変わらず情熱を持ってつくり続けている人は常にいた。もちろんブームとして盛り上がれば、見てくれる人も増えて嬉しいという気持ちは当然あります。

ただ、歴史という観点で振り返ったときに、僕自身がそのブームの恩恵を受けたか、受けなかったかという感覚はあまりないんですよね。そこを分析しても仕方ないというか、「あのときのシーンはどうだった」というよりは、個人や曲ごとでしか覚えてないので。

──そんなてにをはさんにとって、「ボカコレ」はどのように見えていたのでしょうか? 2020年12月開催の第1回では、期間中に新曲を投稿されていますよね。

てにをは そのときは……僕としては、いつも通り投稿しただけだったので、自分の体験として何か違ったかというと、実はいつもと一緒だったんですけど(笑)

それでも、ボカロ音楽に何かまだ可能性があって、変わらずつくり続けている人たちは健在だし、新しい人が参入できるような場所をつくろうとしてるんだなと。熱量や何かがはじまる兆しのようなものを感じましたね。

──普段通りに投稿したつもりが、どうやら何かが起こっているらしいという感覚ですか?

てにをは もちろん話には聞いてはいたんですけど、リアルイベントと違って、ネット上でとなると、蓋を開けてみるまでどんなものになるのかわからなかったんです。

なので、いざそうなったときに、熱量や楽しんでいる人たちの反応の大きさに結構びっくりしたんですよ。

創作を楽しむ人にとって「ボカコレ」は最高の舞台



──今回の「ボカコレ2021秋」をきっかけに、ボカロ曲をつくってみようかなという人もいると思います。そういった人に向けて、何かアドバイスはありますか?

てにをは つくることの楽しさだけで言うと……これもまたひねくれた答えですけど、何かを期待することを一度脇に置く必要があると思います。誤解を恐れずに言えば「ちやほやされたい」「モテたい」「良い家に住みたい!」などの欲求は、一回抜きにして取り組まないと続かないですよ。

一向に成功しないダイエットを続けられる人が少ないように、目的や欲求が達成されないまま続けるのは難しいと思うんですよ。僕の場合はつくることが目的だったから、もう叶えられていたわけです。

ブームとか他の人とかとあまり関係なく10年間淡々とやってこれたのは、ずっと目的が叶い続けていたから。具体的な数字とか世間的な評価を目的にはじめると、思い通りにいかなかったときに、何年辛抱できるかという我慢比べの問題になっていく

偉そうな表現になりますけど、まずはつくることを楽しんでください。その上でつくったものを──僕にあまりない感覚でしたけど──外に出したときに人と繋がれるとか、曲が評価されて我がことのように嬉しいとかっていうのがついてくるんだと思います。

「やっぱりつくっている時間は楽しいな」「機材を揃えていくとワクワクする」という感覚を持っている。そういう人は、音楽を続けているし、もっと言うと進化している気がしますね。

ある程度満足しても良いのにまだ続けているのはなぜか? 目的の一部に過程が含まれている人たちは、個人的にもかっこいいと思います。

──では、そういったつくること自体を楽しめる人たちにとって、今のニコニコ動画や今回の「ボカコレ2021秋」は、てにをはさんが出会ったような友人と出会える環境だと思いますか?

てにをは 思います。やっぱり人がそこに集まってくる限りは、自信を持って「自分が楽しんでつくったんだ! どうだ!」と、何ひとつ負い目を感じることなく繋がっていけると思います。

その中で友達を100人つくる必要なんかないんですよ。1人……みんながネット上で1人ずつ、さらに繋がれれば良いわけなので。仮に繋がりができなかったとしても、それをエネルギーにまた曲をつくればいいだけなんです。

ボカコレ」という場があること、その場をつくろうとしている人たちがいて、新たに参加して盛り上げようとする人たちがいるのなら、それは素晴らしいことだと思います。

ネット最大のボカロイベント
The VOCALOID Collection ~2021 Autumn~


開催日時:
2021年10月15日(金)~17日(日) / 前夜祭10月14日(木)

開催場所:
ニコニコTOPページなどのネットラットフォームほか

公式Twitter
https://twitter.com/the_voca_colle

公式サイト:
https://vocaloid-collection.jp/ 

協賛:
東武トップツアーズ株式会社

協力:
株式会社インクストゥエンター株式会社インターネットガイノイドカクヨムクリプトン・フューチャー・メディア株式会社産業技術総合研究所 RecMusプロジェクト株式会社ソニーミュージックレーベルズ、Twitter Japan、一般社団法人 日本ネットクリエイター協会(JNCA)、株式会社NexTone、VOCALOMAKETSヤマハ株式会社

メディアパートナー
InterFM897MTV、『GAKUON!』、JFN、『BOMBER-E!』、『RADIO MIKU

VOCALOID(ボーカロイド)」ならびに「ボカロ」はヤマハ株式会社の登録商標です。


「ボカコレ2021秋」をチェックする
ボカロP・てにをはインタビュー