株式会社ヘッドハイと技術評論社は、インディーゲーム開発の活動に必要な各種作業について解説した書籍インディーゲーム サバイバルガイド』を11月17日に発売すると発表した。

 価格は税込2948円。336ページ。またkindleでも発売される。

 『インディーゲーム サバイバルガイド』は、ゲームを完成させて生計を立てていくために必要な活動についての情報をまとめた書籍。インディーゲームパブリッシャーであるPLAISMが監修を務めている。

 本書にはゲーム完成させるための要件プレスリリースの配信展示会への出展、パブリッシャーとの契約など、個人や小規模チームが収益を得て活動を維持していくためのノウハウがまとめられている。

 また上記のノウハウだけでなく、8人の開発者と開発者コミュニティ運営から、インディーゲーム開発に取り組むうえで重要なことに関するインタビューも収録。

(画像はTwitterより)

 破綻しないためのプロジェクト管理から公式サイトの制作、税金、販売計画、契約、法律などゲームを完成させて、知ってもらい、発売して開発を継続させるまでの流れを網羅している。

 本書の著者は、個人ゲームクリエイターで、ゲーム開発ツール事業を支援している株式会社ヘッドハイ代表である一條貴彰氏。一條氏はアドベンチャーゲームBack in 1995』を開発した人物として知られ、現在は4人対戦ロボットアクションデモリッション ロボッツ K.K.』を開発中。著書には『Unityゲーム プログラミングバイブル』(共著)などがある。

 インディーゲームの開発に興味ある人、現在進行形インディーゲームを開発している人は手に取ってみてはいかがだろうか。

目次:
第1章:誰でもゲームを全世界へ販売できる時代
インディーゲーム——ゲーム文化の新たな発信チャネル
ゲーム作りをどうはじめて、どう続けていくのか
■つくったゲームをたくさんの人に遊んでもらうために

対談:みずからのスタイルを貫くための個人制作ゲーム
——「アンリアルライフ」hako生活×「果てのマキナ」おづみかん

第2章:ゲームを「完成させる」ために必要なこと
■破綻しないためのプロジェクト管理
■快適に遊んでもらうための機能
デバッグリファクタリング
■完成の極意

対談:独立から家庭用ゲーム機展開へ、その道のりと苦闘
——「カニノケンカ」ぬっそ×「ジラフとアンニカ」斉藤敦士

第3章:ゲームを「知ってもらう」ために必要なこと
■宣伝活動の意味
■宣伝素材の制作
■公式サイトの制作
■デモ版や体験版の開発
■プレスリリースの作成と配信
■そのほかの宣伝活動
インタビューUnityインディーゲーム開発者に支持される理由

対談:スマートフォンゲーム生存戦略
——「TapTripTown」いたのくまんぼう×「くまのレストランDaigo

第4章:ゲームを「配信する」ために必要なこと
■税金・販売計画・契約・法律
スマートフォンでの配信
■PC/家庭用ゲーム機での配信
インタビューEpic Games Japanが推進するクリエイター支援

対談:小規模チームによるゲーム開発の現場から
——「グノーシア」川勝徹×「ALTER EGO大野真

第5章:ゲーム開発を「継続する」ために必要なこと
ゲームイベントへの出展・展示
SNSの活用
ファン活動の促進
ゲームアップデートエンドコンテンツの用意
■継続的なセールの実施
ゲームの売上以外で活動資金を得る
ゲーム作りの継続

対談:日本のインディーが海外へつながる「場」をつくる
——「asobuチャオ・ゼン&アン・フェレロ

『インディーゲーム サバイバルガイド』公式サイトはこちら『インディーゲーム サバイバルガイド』公式Twitterアカウントはこちら