任天堂は、発売中のNintendo Switchソフトあつまれ どうぶつの森について、11月5日(金)に無料アップデート「Ver.2.0」を配信すると発表した。本作は税別6578円で発売中だ。なお、ゲーム本編ではアップデートが最後のコンテンツ追加となる。

 オンラインプレイの利用については有料サービス「Nintendo Switch Online」への加入が必要となる。

(画像はYouTube「あつまれ どうぶつの森 Direct 2021.10.15」より)

 今回のアップデート後には館長である「フータ」のお願いをきくことで、博物館の2階に喫茶店「喫茶ハトの巣」が開店する。店内では「マスター」によるコーヒーを1杯200ベルで提供してもらえるほか、発売されている『どうぶつの森』のamiiboを使うことで好きなどうぶつの客を招待可能。通信プレイで集まったほかのプレイヤーと一緒にコーヒーを飲むこともできるという。

 また、魚釣りスポットでしかなかった島の桟橋にはカッパの「かっぺい」が登場する。話しかけると異なる季節・時間のものを含む新たな離島へ連れて行ってもらえるほか、これまで見られなかった植物なども用意されているようだ。

(画像はYouTube「あつまれ どうぶつの森 Direct 2021.10.15」より)
(画像はYouTube「あつまれ どうぶつの森 Direct 2021.10.15」より)
(画像はYouTube「あつまれ どうぶつの森 Direct 2021.10.15」より)

 続いて、写真スタジオを営む「パニエル」の島には、さまざまなお店を誘致できる広場も追加され、初めて今作へ登場する占い師「ハッケミィをはじめとする行商人たちが集まっていく。さらに、普段の暮らしでは広場で開かれる「ラジオ体操や、プレイヤーライフスタイルにあわせて変えられる島の「条例」機能が新たに登場する。

 役場では、料理のレシピや天井家具、カメラアプリの機能追加などサービスを利用できる。収納は最大5000個まで拡張可能となったほか、マイホームの新たな外観も登場。島に設置できる橋・坂の最大数も増加するようだ。

 上記のほか、住民からのお宅訪問やお誘い、島を訪れるアーティストとたけけ」の新曲追加はにわの発掘、新たな家具、常設型のはしごなど、追加されるコンテンツは盛りだくさんだ。まさに「最後のコンテンツ追加」のまくら言葉に相応しいアップデートといえるだろう。

 だが、番組内では大型の有料追加コンテンツ「ハッピー ホーム パラダイス」も発表されている。飛行機で向かう新たな舞台での“お仕事”が待っているようなので、島民たちの日常はまたしばらく忙しくなりそうだ。

(画像はYouTube「あつまれ どうぶつの森 Direct 2021.10.15」より)

任天堂公式サイトのアップデート告知トピックはこちら『どうぶつの森』公式Twitterアカウント(@doubutsuno_mori)はこちら