ゲームメディアGame*Spark」と日本のクリエイターアーティストを題材とするドキュメンタリーArchipel」によるYouTubeチャンネルCutscenes」は、ゲームクリエイターである神谷英樹ロングインタビュー映像「Kamiya Chronicles: First Steps | 神谷英樹:最初の一歩」を公開した。

 インタビュー映像では、現在プラチナゲームズに所属する神谷英樹氏の「ゲームとの出会い」から、入社したカプコン三上真司氏に見出され『バイオハザード』の制作へ携わるまでの経緯を語っている内容となっている。

 コンソールのない時代、デパートや旅行先のホテルにあるゲームコーナービデオゲームに触れたのが原体験だと語る神谷氏。その後、ファミコンからはじまり、メガドライブPCエンジンスーパーファミコンなど、さまざまな家庭用ゲーム機を遊んでいたという。また、学生時代からアーケードゲームPCゲームに触れていることも語られていた。

 ゲーム業界を志したときには特にコナミへ憧れ、任天堂なども目指したが企画職を募集しておらず、最終的にはアーティストとして内定を得ていたナムコを断ってカプコンへ入社ゲーム雑誌にて宮本茂氏と遠藤雅伸氏の対談記事を読んでゲームデザイナーへの憧れを抱いていた神谷氏は、プランナーとしてゲーム業界に入ることを選んだのだという。

(画像はYouTube「Kamiya Chronicles: First Steps | 神谷英樹:最初の一歩」より)

 インタビューテーマは「年代記」で、インタビューの第2弾は10月22日に公開されるとのこと。今回のインタビュー映像では、26分にたって神谷氏のキャリアが語られているので、気になる方は視聴してみてはいかがだろうか。

神谷英樹氏のロングインタビュー映像はこちら