波のサイズを言い表す時、地域によって多少異なる。海に入ったら手に負えないサイズだったなんてことのないように注意しよう。

波のサイズは感覚的なもの。特に海外では小さく評価しがち

サーフィンを続けていると、より大きな波に乗りたいという願望が芽生えてくるもの。サーフィンの歴史を振り返ると、乗れないとされてきたビッグウェーブに挑むチャレンジ精神が、ボードデザインテクニックレベルを押し上げてきたとも言える。それに大きい波に乗れるということは、サーファーにとって一つのステータスでもあるのだ。

そんな波のサイズを言い表す時、日本ではカラダの部位で表現する。ヒザ、コシ、ハラ、ムネ、カタ、アタマ、アタマ半、ダブルと言った具合だ。一方海外ではフィートを用いる。1㌳は約30cmになるため、通常なら1〜2㌳は約30〜60cmでスネ〜モモ程度となる。けれども波のサイズは感覚に依る所が大きく、例えばカリフォルニアだと、1〜2㌳は実際にはコシ〜ハラサイズのことが多い。さらに本場ハワイでは、ハワイアンスケールと言って波の裏側からサイズを計る。そのため表側から計るサイズより半分位で言い表すことになり、例えば4㌳(約120cm)と言ってもアタマオーバーサイズであることがほとんどだ。ハワイに出かけた際はくれぐれも注意したい。

表記サイズが実際と異なるのは、やはりそれぞれのお国柄だろう。あなたは大きな波に乗った時、余裕を見せて小さく伝える? それとも盛って大きく伝える?

サーファーが乗れる限界のサイズとは?

トリプル以上ともなると、もはや別世界。ちなみにビッグウェーブに乗ったギネスの記録は78ftだとか。

波のサイズの目安

1-2ft / コシ〜ハラ
3-4ft / ムネ〜カタ
5-6ft / アタマ
8-10ft / アタマ半
12-15ft / ダブル
20ft /トリプル以上

波のサイズって?海外と日本の違いはこうだった