泣く・落ち込む・女性

スマートフォンで教員を繰り返し殴り、執行猶予付き判決を受けた若い母親。その本人が事件を経て「大変な思いをした」と告白したことを、『Edinburgh Live』『Birmingham Live』などイギリスメディアが伝えた。

しかし被害者に対する謝罪がなかったことから、世間からは「反省しているとは思えない」という批判の声が上がっている。


■保護者が起こした事件

イギリスで暮らす女性(28)が、3月15日に娘が通う学校の校門付近でトラブルを起こした。どういうわけか臨時教員に腹を立て、怒りにまかせてスマートフォンで教員を繰り返し殴打。教員は相当なダメージを受け、その後に救急車で病院に搬送された。

暴行に及んだ女性には仕事もあり、ケアワーカーとして多くの子供たちに日々かかわっていたという。にもかかわらずこのような問題を起こし、職場にも多大なる迷惑をかけてしまったようだ。


■下された判決は…

この件で評判に傷がついたことを本人も気に病み、薬を過剰に摂取して自殺を試みたこともあったという。その後、8月には裁判を受け、懲役9ヶ月執行・猶予19ヶ月という判決を下された。

賠償金の支払いも命じられることはなかったが、女性を雇っている職場の上司も対応には苦慮しているようだ。

■失業の危機も

女性の今後については上司たちも悩んでおり、今もなお解雇が妥当かどうか検討している段階だという。

女性はメディアの取材に応じたが、暴行に及んだ理由は明かさず、「私だって後悔しているの」「あんな行動に出たせいで、こんな結果に悩むはめになった」「私の人生、もう終わったなって気分」「自殺まで試みたのよ」などと話した。

さらに「私がしたようなことは、絶対にしちゃダメ」「大変な結果が待っているだけだもの」とも述べた女性だが、被害者に対する謝罪らしき言葉は一切なかった。


■被害者意識が裏目に…?

女性に同情する人は極めて少なく、教員を殴った理由を伏せたメディアを批判する意見も、インターネットに多数書き込まれた。

また「人を殴っておいて被害者ぶるな」という声も多く、「ケアワーカーの仕事はさせないで」「刑務所に入れてほしい」「子供の面目も丸つぶれ」というコメントや意見も噴出中だ。

「“善良な人物”という評判が台無しになった」と嘆く女性だが、真摯に反省し「ごめんなさい」「私が悪かったのです」と言っておけば、人々の反応も違っていたのかもしれない。

学校教員を殴打し病院送りにした母親 自殺未遂を公表する被害者意識に批判激化