カズレーザー

15日深夜放送『カズレーザーと学ぶ。 ~話題のニュースからみえる人間のアレコレ~』(日本テレビ系)でコメンテーターとしても活躍するお笑い芸人メイプル超合金カズレーザーが「現代人の衝動」を勉強。

「レジ横に置いてある大福をつい買ってしまう心理」について驚きの事実を知った。


◼衝動任せのカズレーザー

「僕は常に衝動にかられているというか…勢いだけで生きているので。後先を考えないというのをポリシーに、衝動任せですね」と自身の衝動観を語るカズレーザー

用意された6つの話題のなかで、特にカズレーザーが興味を示したのが「あなたはレジ横の大福を手に取るか?」というもの。「レジ横の大福ってそういうことですもんね」と笑顔をこぼした。


◼1番経験のある衝動

カズレーザーが「1番経験がある衝動ですよね。六法全書とか置いてあったら買うわけないのに、悪いのは大福なんだよな」と持論を展開するなか、同話題について解説するのは東京大学教授・経済学者の阿部誠氏。

阿部教授は、時間をかけ物事を合理的に熟慮し判断する「システマティック処理」と時間と労力が最低限で済むよう直感的に判断する「ヒューリスティック処理」を人間は使いわけていると説明。「全ての衝動は後者の直感的な思考回路を使ったときに起きてしまう」と明かす。

これにカズレーザーは「じゃあ大福は直感的に買っているんですか? いや、熟考した上で買ってますよね」と出演陣に同意を求めるが、ジャングルポケット・斉藤慎二は「俺直感で買ってるかもしんない。あったからパッて」と直感的だと認めた。

◼買い物の90%が直感的

日常的な買い物の50~90%が直感的であり、「衝動は時間との結びつきが強いものなんですね。人間っていうのは効用(メリット)の大きさを、現在に近いほど大きく感じる」と阿部教授は指摘。

NHKアナウンサー・神田愛花は「単純に考える時間が物理的に短いか長いかだけじゃなく、それが直感になっちゃうんですか?」と質問。

「考えていると間に合わない」と阿部教授が語ると、「たしかに買う物をレジに置いて、打ってもらっているあいだに(大福を追加して)置いちゃうから」と納得した。


◼ 時間的な追い込み

レジが終わるまでのわずかな時間、早くしないと間に合わないというシチュエーション100円程度というリスクの低い価格設定で、人はついつい衝動的に大福を買ってしまうと解説される。

ネットショッピングなどでも「在庫残りわずか」「あと2時間でセール終了」など時間的追い込みを利用して衝動買いを促す購買技術を使っているとの指摘に、カズレーザーも「山ほど買っちゃってますね、やっぱ。これ買わないと損するなって」「倍貯金できてる」と本音を漏らした。


◼視聴者も体験

カズレーザーも納得したレジ横の大福をつい買ってしまう理由。

視聴者からは「レジ横大福買っちゃうよね…あとレジ近くのグミ」「私はレジ近くのテーブルにある製品を買ったことないんだけど、意外と買う人いるのかな」「コンビニのレジ横商品、『時間的追いこみ』だったのか! うまいな! 私めちゃめちゃカモられてる」と多くの実体験が寄せられていた。

カズレーザー、”レジ横の大福”をつい買う心理に仰天 「山ほど買っちゃってる」