メイプル超合金・カズレーザー

コメンテーターとしても活躍するメイプル超合金カズレーザーが、その道の専門家・有識者から「小難しい、でも知れば人生がちょっと変わる」最新の学説を学ぶ教養番組『カズレーザーと学ぶ。 話題のニュースからみえる人間のアレコレ~』(日本テレビ系)が15日深夜に放送。

浮気についての最新学説が明かされ、大きな話題を集めている。


◼浮気に関係する脳内物質

現代人の衝動的な行動について解説されたこの日。「浮気男のサイン方向音痴』に近づくな」と題し、脳科学者・細田千尋さんは浮気する男性のメカニズムを分析していく。

ブレーキが効かずにアクセル全開の状態」が衝動としたうえで、衝動的な浮気について細野さんは「浮気に関係する脳内物質がある」と主張。

それが主に脳下垂体から分泌されるバソプレシンを受け取り、利尿作用を押さえて体内の水分量を調整する「バソプレシン受容体」だと明かされる。


◼ネズミでの検証結果

一夫多妻・一夫一妻のネズミがいるが、これは脳内のバソプレシン受容体の量が違うからだと細野さんは解説。バソプレシン受容体が多いほど「快楽の感受性」が強いらしく、カズレーザーも「増やす方法を伺いたい」と前のめりに。

それには遺伝子操作が必要で、ネズミでバソプレシン受容体を増減させたところ、浮気に関する驚きの成果が発見されたと語られていく。

一夫一妻でバソプレシン受容体が多かったネズミの受容体を減らし、一夫多妻で受容体が少ないネズミの受容体を増やしたところ、それぞれが逆転する夫婦関係を築いていったと明かされた。

◼人間で言えば…

バソプレシン受容体が多いと快楽をより強く得られるため多くの相手を求めそうだが、実際は受容体が多いほど浮気をしないという結果にカズレーザーらは困惑。細野さんは「個々のつながり、特定のパートナーとの心の結びつきが強くなる」と主張する。

さらに、あくまでもネズミでの実証だが、バソプレシン受容体が記憶能力と空間把握能力に関係していると言及。

カズレーザーは「人間に当てはめると方向音痴は(多くの相手と)関係を持ってしまう。空間把握能力が高い人とコンパすれば、だから体操選手とコンパすれば(浮気しない相手だからいい)」と盛り上がった。


◼浮気防止のホルモンも

日本では陣痛促進剤にも使われている「オキシトシン」というホルモンが浮気防止に最適だと細野さんは吐露。

オキシトシンを鼻に噴霧すると「パートナーに対してだけ(欲求が満たされたときなどに活性化し、気持ちよさ・幸福感などを引き起こす脳内のシステム)報酬系の活動があがる。ほかの女性に対しては報酬系があがらなくなる」とのこと。

脳が「パートナーは誰か」を認識し優先して浮気防止になると明かされる。「スゴいっすねそれ。脳がパートナーを優先するんですか」とカズレーザーも驚きを隠せなかった。


◼視聴者の感想は…

バソプレシン受容体の量が浮気に関係すると明かされたこの日。

視聴者からは「自分が浮気するタイプじゃないかとずっと薄々感じていたけど、まさか方向音痴という別方向から確定させられるとは思わなんだ」「方向音痴は浮気するって話を聞いて、あっうちの浮気男まさに方向音痴だわ! と納得」といった理解を示す声が。

「パソプレシン受容体で変わるなら浮気性も病院で治せる時が来る事もあり得るのか」といった未来を予想する声もあった。

カズレーザー、浮気をする人の特徴に驚愕 コンパは体操選手がオススメ?