結婚8年目のある日、夫に「中身が女性」だと告白された妻。

 エッセイ漫画「夫は実は女性でした」で描かれるのは、妻で作者である津島つしま、夫であったわふこが一緒に歩んでいこうとする姿だ。

 ふたりの出会いや結婚するまでの軌跡、つしま氏が感じていた夫のジェンダーに対する予感、男性として生きてきたわふこ氏が抱えていた苦悩などについて詳しく話を聞いた。(前後編の前編/後編を読む)

高校以来の再会は「藁にもすがる思いだった」

――高校以来となった2011年の再会が、おふたりが交際し、結婚するきっかけになっています。つしまさん発達障害で悩んで弱っている時にクラスメイトだったわふこさんに連絡して再会、その夜は抱きしめられながら寝たと。そこから会うようになって現在に至るわけですが、お互い強く惹かれ合うものがあったのでしょうか?

つしま あまりにも弱っていてワァ~ッとなっていたので、そんなに記憶が鮮明ではないんですよね。

――もう、藁にもすがる状態というか。すがりがいのありそうな藁が、わふこさんだった。

つしま そうですね、その藁が大変よろしいものだった。

――わふこさんとしては、放っておいたらどうなるかわからないので抱きしめて寝た感じですか。

わふこ このまま別れたり、帰ってしまったら、それが最後の一押しみたいになって死んでしまうんじゃないかと思って。

つしま 漫画にも描きましたけど、彼女はやのちゃんのことがあったので。そうなったら非常に寝覚めが悪いって。

――高校時代のクラスメイトの方ですよね。わふこさんに電話を掛けてきたけど話すことが叶わず、しばらくして命を絶たれたという。彼女のこともあって、ほうっておくわけにはいかないと。そこからつしまさんがわふこさんと会うようになって信頼を重ねていった一方で、わふこさんはつしまさんに対してどんな思いを抱いていたのでしょう。

わふこ 信頼されていることに対しては悪い気はしなかったですけど、ちょっと面倒くさいなって。その頃、住んでいたのが三重県だったんですよ。

つしま で、私が愛知県で。三重県だと、ちょっと離れているんですね。

わふこ それで移動が大変だったりとか。

つしま でも、付き合い始めて1カ月で同棲をして、同棲1年ぐらいで結婚しました。だから、展開は早かったかな。

――9月6日Twitterで「実はここだけの話、わたしは毎日わふこの顔面に惚れ惚れしている。すごーく好きな造形をしている。大変よきである」とツイートされていますが、やはり高校時代からルックス的な面からもわふこさんのことが気になっていたのではないかと。

つしま もちろん。この顔、よくないですか?(笑) この横顔の素晴らしさ。見た目も大変良いですね。

――漫画では、高校時代の出会いがカッコよい感じで描かれていますよね。

つしま あれは漫画なので、ああいった演出にしているんですけど、造形もかなり違っていたんです。高校に入学した頃のわふこはだいぶ身体が大きかったんですね。

わふこ 100キロは超えてたね。

つしま 2年生で同じクラスになったんですけど、その時にはだいぶ痩せてたんです。2年生の時に1年生の時の写真を見て「エーッ、こんなだったっけ」って、なったので。

――自然にシュッと?

わふこ 自然と。寮のある学校だったんですが、寮生活を送っていたら痩せていって、1年で30キロぐらい落ちた感じ。

つしま 普通体型になっていて。痩せていいなぁとなったわけじゃないですけど、見た目はいいなとは思ってました。

牛の去勢方法の真似を……高校2年生で試みたセルフ去勢

――その高校2年生の時に、わふこさんは男性器の根元を糸で縛って壊死を促すという“セルフ去勢”に臨みます。年齢的に肉体の成長が著しかったゆえに、苦悩もピークに達したのでしょうか?

わふこ ずっと「なんか違うぞ」というのがあって。身体が変化していくうちに、自分は男なんだというのを感じていたし、思ってはいたんですけど、どこかでモヤモヤみたいなものは残っていて。で、高校2年生でセルフ去勢を試みてしまった感じです。まぁ、失敗というか、結局は去勢することはできなかったんですけど。

――漫画では、カッターで糸を切って「『コレ』は死ななければ取れない 死ぬか自分を押し殺して生きるか」と考えた後に「ワタシは生きることを選んだ」とあります。この時の気持ちというのは。

わふこ しかたがないみたいな。あきらめというか。で、そのままずっと過ごしてはいたんですけど。とにかく、第二次性徴で一番苦しかったのが声変わり。低くなっていくたびに、近づいていくみたいな。

つしま 自分が一番なりたくないものに、なりたくない状態に寄っていくどうしようもなさみたいな。

わふこ そうね。それを、まざまざと見せつけられたり、知らしめられていくみたいな。「自分は男なんだ」って。

――自分の声は、喋るかぎり付いて離れないものですしね。そもそも、わふこさん自身はどういったことがきっかけで自身が女性だと気づいたのでしょう。

わふこ 中身が女性というよりは、「なんだか、この体は違うぞ」みたいな感じだったんです。

 性別というものを明確に意識し出したのは、たぶん小2とか小3ぐらいで。それまでは性別というものを意識していなかったんですね。男だから男子の列に並んだりとか、男だから男子トイレに入るということに違和感を抱かずに「こういうものだから」って。

 でも、学校の授業を通して生き物のオスとメスについて知っていくうちに、自分なりに男女の区別みたいなものを考えていって。それで、どんどん成長していくにつれて、体が大きくなったりして。

 そういう二次性徴みたいなのがすごく嫌だったんですけど。そのあたりは、どんどん変化していくものだぞと覚悟してはいたんですけど、やっぱりつらくて。

「もしかしたら、この人そうなのかな?」と思っていた

――そうしたつらさを抱えながら結婚し、夫として生活を送っていたわけですが、つしまさんはそんなわふこさんを「中身が女性」なのではないかと思うようになったと。

つしま もともとあんまり男性的なところがないというか、少ないというか、おしとやかだなという印象を抱いていたんですよ。再会して私を助けてくれた時も、頼れる彼氏とかたくましい旦那みたいな感じというよりは、ママ感があったみたいな感覚で。母性。優しいママ。世話を焼いてくれるお母さん。そういう感じだったので、男性感は薄かったなと。

 ただ、高校の時はそんなふうには思ってなかったですね。まぁ、おしとやかではありましたけど。やっぱり、グッと距離が近くなってからのほうが感じたり、思ったりするようになったんじゃないですかね。特に一緒に暮らすようになってからとか。

――なるほど。そこで、「もしや」と。

つしま 私はトランスジェンダーの概念を知っていたので、「もしかしたら、この人そうなのかな?」とフワッとは思っていましたね。

 実際、何回か「そうなの?」と聞きましたけど「まだ分かんない」みたいに答えてました。覚えてないですか?

わふこ 覚えてないですね。

つしま すぐ忘れますね(笑)。答えるというより、「なんかよく分かんないや」ぐらいの感じで。あんまり真面目に聞いてなかったし、答えてもくれなかったかな。

――漫画で些細なことで時にギクシャクすることがあったと描いてありますが、これらは振り返るとジェンダー的な問題が起因していたのでしょうか?

つしま ゲームをメッチャやっていて、ちっとも私の話を聞かないとか。

わふこ ああ、あったね。ネトゲにはまってしまって。無理くりジェンダーとかに絡めて言えば、男のふりをしていたストレスから逃避するみたいな感じだったのかなという解釈もできるんですけど。

つしま 意識して現実逃避しているようには見えなかったけど、のめり込んでましたね。

本心を明かしきれない……カミングアウトするまでの結婚生活

――結婚8年目で、わふこさんは「本当は中身が女性で」「これから女性として生きていきたい」とつしまさんに告げられています。それまでの8年、どういった想いを抱いていたのでしょう?

わふこ ジェンダーのことに限らず、どこか本心を明かしきれないところがありましたね。絶対にしゃべりたくないと思っていたわけじゃないんですけど、いまの自分の状態で何を言っても嘘じゃないかという。自分の気持ちみたいなものをハッキリと感じたとしても、本当に自分がそう心の底から思っているのかと考えちゃって。

「ペラペラの自分がそう思っているだけじゃないのか?」「本心からそれって言える?」「これ、違くないか?」みたいなのがあって、あんまり喋ろうという気にならなかったんです。

つしま やっぱり、いまのほうがいろいろと自分の気持ちとか話してくれる感じがしてますね。柔らかくなったというか、緊張が取れているような話し方になったような。

漫画は「描いちゃいなよ」と後押し

――つしまさんが友人に「夫は実は女性だった」と話したら「なかなかない人生だね!」「エッセイまんが描いちゃえよ!」と勧められ、漫画の執筆とTwitterへの投稿を始めたとあります。この経緯は1ページ4コマで説明されていますが、おふたりのなかに葛藤や逡巡みたいなものは。

つしま あった?

わふこ 「やっちゃえよ、やっちゃえよ」みたいな。ワタシ的には「描いちゃいなよ」みたいな感じでした。

つしま 自分のことが漫画になるのが面白かった?

わふこ それもあるし、作業をすることで自信みたいなものがついてくれたらいいかなっていうのとか。

つしま 自信って、私の? そうなんだ。私が漫画を描いてTwitterにそれを上げて、いい感じになったらいいなっていう?

わふこ 社会との繋がりというか。

――その頃、つしまさんはしんどい状態にあったのですか。

つしま 精神的には安定してたと思うんですけど、私が仕事をしていなくて、ひきこもりっちゃひきこもりだったというか。家で過ごすばっかりで。そういう面で社会参加になると考えてくれてたんですね。

 それ以前にも漫画はやっていたんですけど、当時は描いていなくて。それで友人に「描いちゃいなよ」と言われて、ネタがあるんだったら描くかってのもありましたね。

 実際、描いていて楽しかったですし。面白く描けるのかなみたいな不安はちょっとあったけど、基本的に気楽でした。その頃はTwitterのフォロワー数も40人とかで、ちっちゃくやってたので友達に見せるぐらいの気持ちで描いては投稿してましたね。

――漫画を描くにあたって、ガチッとした意義を掲げていたわけではなかった?

つしま 掲げはしなかったですね。あわよくば読んだ人に、ちょっといい気分というか、いいものを受け取ってもらえたらいいなとは思っていたかもしれないですけど。書籍化のお話をいただいた時は、なにかしらのマイノリティだと感じている方に前向きな気分になってもらえたらという想いを込めて臨みました。

漫画を作る過程で、2人の関係も良好に

――わふこさんからも、「描くならこういう感じで」みたいな話をしたりとかは?

わふこ こう描いたらとは言わないけど、ネタ帳的なものは用意しましたね。

つしま ふたりで、ネタ出しはしました。たとえば“セルフ去勢”みたいな、私が知らなかったことは、彼女にその時の気持ちも書き出してもらって漫画にしました。そこでやっぱりいろいろ出てきたり、あらためて振り返ったりとかして、いっぱい話をできたなと思います。

 漫画によってというより、漫画を作る過程でいっぱい話ができたという感じ。「あの時、こう思ってた」「こっちはこう思ってた」という話をするのって、関係をいい感じに保つには重要だと思いましたね。

【続きを読む】離婚しないと性別を変えられない、手術の費用は…「夫が女性」のカップルが直面した“制度の壁”

離婚しないと性別を変えられない、手術の費用は…「夫が女性」のカップルが直面した“制度の壁” へ続く

(平田 裕介)

『夫は実は女性でした』より