ネパール出身のさーちゃんさんと結婚したけんいちろうさん。お2人が結婚するまでにはいくつもの障壁があった。通算3年にも及ぶ遠距離恋愛の末、結婚し、現在は日本で暮らしている。

 そんなお2人にこれまでの話を詳しく聞いた。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

「朝4時には起きて、片道30分かけて水を汲みに」

――さーちゃんさんが育ったのはネパールの中でもかなり田舎の方だということですが、どんな生活を送っていたのでしょうか?

さーちゃん カスキ県のポカラという町にあるサランコットという村で育ちました。人口は約5000人くらいで、村人は農業だったり観光業をやっています。水道はもちろん流れていないので、朝4時には起きて、片道30分かけて水を汲みに行っていました。20キロとか30キロの水をバケツに入れて帰っていました(笑)

 それに水汲みは朝6時くらいだと混むので、私の母は夜中の2時に起きて水汲みに行っていました。生活水なので、水がないと何もできないんです。冬は特にきつかったですね。

――冬は結構寒くなるのでしょうか?

さーちゃん そうですね。5、6度ぐらいの寒さにはなりました。夏は30度超えると思います。四季がきちんとありますね。木を燃やして料理していたし、私の幼少期は電話なんてないし、日本から見たら相当遅れている生活を送っていました。

――学生時代も村に住んでいたのでしょうか?

さーちゃん 村に高校まであるので、高校生までは基本的に村を出ません。大学は村の外にあるので、通うか、外に出るかですね。私の家族は茶屋を経営していたので、高校生の頃から手伝いをしていました。大学生になって午前6時から10時まで授業、11時に家に帰ってから、茶屋で働いていました。村でも大学まで進学する人は多いです。女性でも勉強が必要みたいな考えは増えていて、私の姉も大学を出て、教師をやっています。

――さーちゃんさんは日本のことは知ってましたか?

さーちゃん そうですね。教科書で習っていたので知ってました。でも外国自体未知なので、興味もなく、日本という名前の国があるという程度でした。

――海外に行くことはほとんどないのでしょうか?

さーちゃん そうですね。村の中で一生暮らす人は多いです。結婚もほとんどが村の同じカーストの人とするものなので。自由恋愛もあまりないです。親同士が進めてお見合いをして、結婚するという感じですね。

 結婚していない男女が一緒に歩いているだけで噂になるし、妬まれたり、文句を言われたりするので、恋愛ができるような空気ではなかったです。

登山途中にある茶屋の看板娘一目惚れ

――そんな厳しい中で外国人であるけんいちろうさんとお付き合いするわけですよね。最初の出会いはどのようなものだったのでしょうか?

けんいちろう 僕は、仕事を辞めて世界一周旅行を始めたんです。旅というと聞こえはいいんですが、働きたくないだけのニートでした。アジアヨーロッパを回って、いろんな国でバックパッカーしている中で、ネパールに行きました。それでさーちゃんの住むサランコットという村に観光に行ったんですけど、その時に出会ったんです。

さーちゃん ヒマラヤが見えるスポットがあって、そこに向けてけんいちろうが登っていたんです。私はその山道の途中にある茶屋で働いていたんですが、そこにけんいちろうが寄りました。外国人が多いエリアなので、観光客の1人という感じで特に印象に残ることはなかったです。

けんいちろう 僕の方は一目惚れに近いんですけど(笑)たまたまハイキングしていたら、途中に茶屋があって、コーラを飲もうと立ち寄りました。そしたらさーちゃんがいて、軽く話したらすごく惹かれてしまいました。あとから知ったんですけど、さーちゃん目当てで、その店に行く人がいるくらい人気の看板娘だったんです。バックパッカーしている方のブログに載ってたので、みんなさーちゃんのことを気になっていたみたいです。

最初は「結婚したい」と言っても信じてもらえなかった

――そこからどのように恋愛に発展するのでしょうか?

けんいちろう 軽く話しただけで、それ以上は何も話せず…。そのままハイキングして頂上まで行ったんですが、やっぱりさーちゃんのことが忘れられず、その茶屋に向かいました。そしたらさーちゃんが「この茶屋は泊まることもできるよ!」と言って、部屋を見せてくれて。その日は疲れていたのもあったので、そこに泊まりました。1泊だけのつもりが1週間、1ヶ月、3ヶ月とそこに泊まり続けました(笑)。さーちゃんともいろいろ話すようになるんですが、なかなか距離は縮まらず…。

さーちゃん 私は全く興味なかったです。ただの観光客の1人って感じで。でもずっと泊まっているから少しずつ会話していくうちに、悪い人ではないなと思いました。私の家族とも仲良くなってたし。でも外国人だし、まして年上だし、好きでも嫌いでもなかったですね。

――出会った時はお互いおいくつだったのでしょうか?

けんいちろう 僕が35で、さーちゃんが20歳です。

さーちゃん ネパールは年の差婚だめですからね。私たちは15歳差なので、ギリギリOKですけど、当時は20歳を超える年の差は禁止でした。あと5歳離れていたら違法行為でしたよ(笑)

けんいちろう 僕はその頃結婚するつもりでした(笑)。旅することで自分の人生から逃げていたけど、実はそんなに旅が好きじゃないって気づいて。このまま旅するより、さーちゃんとこの村で暮らしたいと思ったんです。

 その旨をさーちゃんに伝えるんですけど、「はいはい」という感じで真剣に受け取ってはくれなくて。

さーちゃん 外国人から結婚しようと言われることなんて何回もありました。茶屋で働いていると「僕と結婚してください」とか結構言われるんです。でも実際にその気がある人なんていなくて。旅の途中でテンションが上がって言ってるだけなんですよね。だからけんいちろうの言葉もどうせ今だけだろうと思っていました。

 それに私は大学生だったし、まだ姉が結婚していなかったので、私が先に結婚することはできなかったです。ネパールでは上の兄弟から順番に結婚するのが普通なので。そういう村のしきたりを守らないと家族が悪口を言われるんです。村八分にされることもあるし。

デートするも、隣を歩くことはできず…。

けんいちろう 僕はめちゃくちゃ本気でしたけど(笑)。さーちゃんは茶屋の仕事と大学で忙しくて僕とデートする暇なんてなくて、ある日、痺れを切らして「デートしたいんだけど休みの日ある?」って言ったんです。そしたら「私が働かなかったらこの店は開けない。休みなんてないから無理」って。

さーちゃん 私は毎朝4時前に起床して、隣の山へ水汲みに出かけて、帰宅後、5時頃に山から1時間かけて下山し、ポカラの大学へ通っていました。昼頃に大学から帰宅して、家畜の世話や農場を手伝って、昼過ぎから茶屋で働いて、夜は家族の夕食作り…。夜10時に就寝です。この生活を16歳のころから続けていました。だから遊ぶこともないし、恋愛する暇もなかったです。

けんいちろう さすがに毎日こんな生活を送るなんてあまりにもかわいそうだと思って、さーちゃんのお姉さんに相談したら、「デートしていいよ!」って(笑)。家族思いのさーちゃんなので、ずっと自分の時間を我慢していたんでしょうね。それで初めてデートすることができたんですけど、隣を歩くことはできず…。

さーちゃん 結婚していない男女が歩いていたらどんな噂になるかわからないからね。ネパールでは日本みたいに若い男女がデートなんてあまりないです。

けんいちろう そんな感じで距離はあるものの、少しずつですけど仲良くなっていって。でも結婚するにはそれなりのお金がないといけなかったし、一度日本に帰って準備しなきゃいけなかったし。だから一度帰国するんです。

さーちゃん これで終わりかもと思いましたけど、けんいちろうは帰国してからも毎日連絡をくれて。でも村の電波が悪いのでほとんど聞き取れないんです。「…え…あ……」みたいな(笑)

けんいちろう せっかくスマホがあるのに、電波の障害があって(笑)。連絡しても返信は遅いし、電話もほとんど意味をなさないし。当時は半分諦めていました。

【後編を読む】ネパールのカースト上位の役人にいびられ、村の老人には騙された…結婚後2年間、離れ離れで暮らした夫婦の壮絶すぎる人生

15歳下のネパール人女性(20)と結婚した男性の壮絶すぎる人生「ネパールのカースト上位の役人にいびられ、村の老人には騙された…」 へ続く

(「文春オンライン」編集部)

出会った頃のけんいちろうさんとさーちゃんさん