池袋や高田馬場、新大久保など在日中国人が多い地域に町中華ならぬ「ガチ中華」が食べられるお店が増えている。ガチ中華とは日本人向けにアレンジされていない、まるで中国にいるかのような気分を味わえる中国人向けの中華料理のことだ。

 特に池袋ではここ数年で四川火鍋や麻辣燙(マーラータン)などのガチ中華を楽しめるお店が30店舗以上オープンしている。今年6月にはそんなガチ中華を日本人向けに紹介する書籍『攻略!東京ディープチャイナ』(産学社)も出版され、発売後すぐさま重版になるなど日本人ファンも急増中だ。

 そんなガチ中華の中でも昨年からにわかに注目を集めているのが「中華フードコート」である。その名の通り、中華のお店だけからなるフードコートで、四川料理や上海料理、東北料理など中国各地のご当地料理を味わうことができる。

 中国の都市部のショッピングモールや地下鉄の駅ナカにあるフードコートをそのまま日本に持ってきたような現地感あふれるつくりになっており、最近ではコロナ禍の日本でも気軽に海外旅行気分を味わえるスポットとして、在日中国人だけでなく日本人の間でも人気を集めている。

池袋には3つの中華フードコート

 2019年11月に池袋北口の雑居ビルの4階にオープンした「友誼食府(ゆうぎしょくふ)」を皮切りに、2021年6月には同ビルの2階に「食府書苑(しょくふしょえん)」、9月には同ビルから徒歩3分の場所に「沸騰小吃城(ふっとうシャオチーチェン)」と、現在池袋には3つの中華フードコートが存在している。東京の元祖中華フードコートである友誼食府は、池袋で最大規模を誇る中華物産店「友誼商店」に併設する形でオープンした。

 友誼商店の店長・李さんによれば、元々同スペースに入っていた火鍋屋の閉店後、在日中国人が物産店での買い物ついでに休憩できる場所を提供できれば、とフードコートオープンさせたという。

 中国版Instagramとして中国人の若者の間で人気のSNSRED(小红书)」をのぞいてみると東京に住む多くの在日中国人がガチ中華の写真とともに「中国に帰らなくても故郷の味が食べられる!」と投稿しているのがみつかる。

 本来は在日中国人の憩いの場としてオープンした中華フードコートであったが、コロナ禍以降、ネット記事で取り上げられたことをきっかけに、海外旅行ロスの日本人や中華アイドルファン、中華アニメファンの間でもじわりと噂が広まり、今では週末になると日本人の比率のほうが高いこともめずらしくない。

 今年の6月に友誼食府と同じビルの2階にオープンした食府書苑は、日本利達株式会社が運営している。元々同スペースには中国語の書籍を扱う書店や旅行代理店が入っていたが、コロナ禍の影響で旅行代理店を閉業、書店のスペースを縮小して、中華フードコートスタートさせた。

 同社代表取締役の楊さんは「数年前から中国ではおなじみのフードコートを日本にも取り入れる構想がありました。在日中国人だけでなく、日本人にも本場の中華料理を味わってもらいたいと思っています。現在出店している店舗は数ヶ月をかけて我々が選んだので、どのお店の味にも自信を持っています」と話してくれた。

 池袋第3の中華フードコート、沸騰小吃城は株式会社卓越が運営している。沸騰小吃城が入るビルには同社が運営する中国式カラオケの「大任KTV(ダーレンKTV)」や四川火鍋の「沸騰三国(ふっとうさんごく)」、地下には別会社だが香港スイーツの「香港誠記(ほんこんせいき)」も入っており、中華火鍋から中華フードコート、中華スイーツさらには中華カラオケまで楽しめる中華テーマパークビルになっている。

 同社代表取締役の林さんによればガチ中華が増えている要因のひとつとしてコロナ禍の影響があるという。飲食店が閉業し、家賃が下がった跡地に多くのガチ中華のお店が入っているといい、筆者が食べに行った新店が居酒屋や定食屋、ラーメン屋の居抜きだったというケースも多い。

 実際に調べてみると今回オープンした沸騰小吃城も元々はインターネットカフェがはいっていたようだ。ガチ中華拡大の裏にはコロナ禍チャンスと捉え、アフターコロナを見据えた中国人経営者の出店戦略があった。

3つのフードコートの特徴と注文方法

 そんな池袋にある3つの中華フードコートだが、現地にあるフードコートをそのまま日本にもってきたかのような作りになっているため、料理のオーダー方法も現地スタイルだ。それぞれのフードコートでのオペレーションも異なっている。今回は池袋にある3つのフードコートの注文方法とおすすめの料理を紹介する。

友誼食府(ゆうぎしょくふ) 

 元祖中華フードコート、友誼食府には6店舗が出店している。上海料理の「大沪邨(ダウツン)や、四川料理の「香辣妹子(シャンラーメイズ)」、東北系の点心を出す「三宝粥店(さんぽうかゆてん)」、台湾料理の「匯豐齋(えほうさい)」などだ。

 池袋には中国の東北料理系のお店が多いため、台湾料理が食べられる匯豐齋はめずらしい。魯肉飯(ルーロー飯)や麺線(台湾式煮込み麺)、臭豆腐など台湾の夜市でおなじみの料理を楽しめる。友誼食府での注文と支払方法は以下のとおりだ。

1.注文したい料理を決めて値段を確認する。

2.フードコートの入り口にレジがあるので、店員に注文したい料理の値段を伝える。

3.レジでお金を払い、専用のカードに金額分をチャージしてもらう。(現金のみ)

4.チャージしたカードをお店まで持っていき、店員に渡して注文する。(1の時に頼んでもよい)

5.料理ができあがったらお店まで取りに行く。

 中国の大学の学食と似たような注文方法になっていて、少し複雑だが慣れてしまえばスムーズに注文できるようになるだろう。いくつかのお店の料理を少しずつ注文して、お気に入りの中華料理を見つけるのがフードコートならではのおすすめの食べ方だ。また、併設している中華物産店で売っている青島ビールや台湾ビールを持ち込んで飲むこともできる。

 大沪邨や、三宝粥店は池袋に本店が、匯豐齋は祐天寺に本店があるので気に入ったら本店に行ってみるのも良いかもしれない。フードコートにあるメニューは調理場のスペースの関係で限られているので、本店だとさらに多くの料理を楽しめるはずだ。

食府書苑(しょくふしょえん)

 食府書苑も友誼食府と同じビルにあるので、食べ比べてみるのがおすすめだ。こちらも10月1日現在6店舗が出店している。西安料理の「凡記(はんき)」や雲南料理の「日興苑 食彩雲南(にっこうえん しょくさいうんなん)」、湖南・四川料理の「品品香(ピンピンシャン)」、福建料理の「沙県小吃(シャーシェンシャオチー)」、東北系の串焼きや中国式煮込み料理の「滷煮炸串串(ルージュジャーチュァンチュァン)」、台湾のドリンクスタンドの「珍煮丹(ジェンジューダン)」だ。

 中でもおすすめなのが日興苑 食彩雲南の薬膳汽鍋鶏スープである。鶏肉を丸々使った薬膳スープだが、なんと無水で作られているという。鶏肉を5~6時間蒸して出た滋味深いスープは絶品で、蒸すのに時間がかかることから一日に70食しか提供していない限定メニューとなっている。

 食府書苑での注文と支払方法は以下のとおり。

1.注文したい料理を決めたら、店の店員に料理を伝える。

2.フードコートの入り口近くにあるレジまでいき、レジの店員にも注文したい料理を伝える。

3.レジでお金を支払う。(現金、PayPayd払い、auPAY対応)

4.料理を注文した店の店員に支払いをしたことを伝える。(念のため)

5.料理ができあがると店員がテーブルまで運んできてくれる。

 こちらもお店とは別のレジで支払いをするのだが、友誼食府とは違いカードへのチャージは不要で、かつ、スマホの各種QRコード決済も利用可能だ。また、フードコート自体も50席ほどあり、少し手狭な友誼食府と比べると広々としているので、ゆったり食事をすることができる。

 それぞれの店舗の調理場が見えるようになっているので、目の前で料理人が麺を打ったり、小籠包を蒸している様子を眺めることができるのも楽しみのひとつだ。凡記や品品香は池袋に、日興苑 食彩雲南も四谷三丁目などに、沙県小吃も高田馬場などに別店舗がある。 

沸騰小吃城(ふっとうシャオチーチェン

 沸騰小吃城は今年9月にプレオープンしたばかりの、できたてほやほやフードコートだ。友誼食府や食府書苑はそれぞれの中華料理店がフードコート内の内装をてがけているので、デザインがお店ごとに異なっているが、こちらは看板や写真など内装が統一されており、赤を基調とした店内の独特な雰囲気に圧倒される。

 東北系の串焼きや広東系のロースポークチキン、四川・重慶料理に加え、日本では珍しい湖南料理や湖北料理、福建料理の店舗もあり、中国10都市以上のガチ中華を食べることができる。

 沸騰小吃城のオーナー夏川さんは福建省の出身で、イチオシはやはり福建料理の「福清光餅夾(福建風バーガー)」と「福清海蠣餅(福建風おかき)」だそうだ。「ここに来れば中国の東西南北のご当地グルメを一挙に味わうことができます」と夏川さんは話してくれた。

 沸騰小吃城の注文と支払方法は以下のとおり。

1.テーブル席においてあるQRコードスマホスキャンする。

2.食べたい料理をタップし、カートに入れる。(通貨の単位は$になっているが日本円)

3.注文(下単)ボタンタップし、注文完了。

4.料理が運ばれてくるのを待つ。

5.エレベーターの向かいにあるレジでお会計をする。(現金のみ。食後でもOK)

 こちらはQRコードを読み取ってスマホから注文するスタイルなのだが、メニューの表記が中国語のみの対応なので最初は少し戸惑うかもしれない。ただメニューには写真が入っており、⊕ボタンタップするとカートに入り、画面右下の「下単」を押すと注文できるので、そこまで難易度は高くないだろう。店員さんは日本語が流暢なので、もし注文方法が分からなかったり気になる食べ物があれば、きいてみると詳しく教えてくれる。

 10月1日時点ではプレオープン中で、現在中国から呼び寄せている中国人シェフが揃ったタイミングで正式にオープンするそうだ(湖南料理や湖北料理など一部のメニューは限定されている)。10月からはアルコール類の販売を開始しているので、麻辣ダレに漬かった四川風の串や羊の串焼きをつまみにビールを飲むという罪深いセットをおすすめしたい。

さらなる増加が期待される池袋ガチ中華

 以上がそれぞれの中華フードコートの注文方法と特徴だ。現在はコロナ禍の影響で多くの中華料理店が質のいい料理人を確保するのに苦労しているようだが、日中間の行き来の制限がある程度緩和されれば、在日中国人メインターゲットにしたガチ中華のお店は今後さらに増えていくのではないかと予想される。

 現在池袋に出店している3つのフードコートはお店のスタイルも雰囲気も、食べられる料理も異なっており、筆者も訪れるたびに新しい発見があるスポットだ。ぜひ色々なご当地料理を注文して、お気に入りのお店を見つけてみてほしい。

INFORMATION

 
・友誼食府
   住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目28−6 大和産業ビル 4F

・食府書苑
 住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目28−6 大和産業ビル 2F

・沸騰小吃城
    住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目43−7 福住ビル 3F

(阿生)