女性教師

教え子の15歳少年と性的な関係を持っていたアメリカ・フロリダ州の女の教師が、このほど逮捕された。女は妊娠中で、その少年が赤ちゃんの父親である可能性もゼロではないことを、『Local 10 NewsSouth Florida』『CBS NewsMiami』など地元メディアが報じている。


■自宅に連れ込み性行為

フロリダ州マイアミデイド郡のドラル市で7日、公立学校のジョン I. スミス K-8 センターに勤務する女の教師ハイリー・カルヴィ(41)が、未成年者性的暴行の容疑で逮捕・起訴された。

カルヴィ容疑者は今年3月、最高学年の男子生徒1名を自宅に連れ込んで性行為に及んだ。そのときの画像や動画を友人や教え子に送りつけて州児童家庭局や警察に通報され、両者は少年のプライバシーを守りながら静かに動き出したという。


■自身のわいせつ画像で誘惑

カルヴィ容疑者は昨年、WhatsAppアプリを通じて被害者の少年と親しくなり、自身の性的な画像を送りながら誘惑。クレジットカードを好きに使わせる関係になった。

取り調べに対し、同容疑者はその事実を認めたものの「性行為は合意の上で行われた」と主張。だが、フロリダ州の性的同意年齢は18歳であり、教育者ならそれを知らないはずがないという。

■大きなおなかで拘置所へ

裁判所をあとにし、ターナー・ギルフォード・ナイト矯正センターに勾留されるカルヴィ容疑者の姿を地元メディアは大きく報じたが、腹部はかなり大きい。

もしも裁判で実刑判決が下った場合は刑務所で出産する可能性があるが、9日には保釈保証金を支払い、いったん自宅に戻っている。

なお、マイアミデイド郡教育委員会は、同容疑者を教育現場ではなく事務職に配置換えしたうえで休職処分に。今後の展開次第では解雇も検討するとしている。


■赤ちゃんの父親は…?

この事件では、カルヴィ容疑者のおなかの赤ちゃんについても関心が集まっている。ふたりは昨年から交際していたといい、3月上旬に行われたあるパーティにも「おばとおい」を名乗りながら仲良く出席していた。

カルヴィ容疑者を知る人は「以前から夫の存在が感じられず、結婚しているのかも不明だった」と話しており、少年が赤ちゃんの父親である可能性もゼロではないという。

女教師が15歳男子生徒の子を妊娠か 自らわいせつ画像流出で投獄の可能性も