モデルタレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。今回の放送では、TOKYO FMの音声サービス「AuDee(オーディー)」と連動したアンケート「AuDee JUDGE」を実施。この日のテーマは「衆議院選挙、投票に行きますか?」。果たして、その結果は……?

※写真はイメージです



政府10月14日(木)の午後に臨時閣議を開き、衆議院を解散しました。今後、衆院選は19日(火)公示、31日(日)投開票の日程で実施されます。岸田文雄首相が今月4日(月)に就任してから10日後の解散となり、総理大臣の就任から解散までの期間は、戦後最も短くなります。

このニュースを受けて設定されたアンケートはこちら。

Q. 衆院選、投票に行きますか?
・毎回行くので今回も行く……88%
・今回だけは行く……6%
・今回は行かない……2%
・ずっと行っていない……4%

番組放送中には、「88%」の票を集めた「毎回行くので今回も行く」と回答した方からのメッセージが多数届きました。この記事では、その一部を紹介します。

「毎回行くので今回も行く」と回答した人の意見
■若い頃から毎回行っています。やはり投票しないと、政治に対して、ああだこうだと言えないと思うからです。

■選挙のたびに思うことは、自分の1票が、世の中を変える大切な意思表示であるということです。選挙へ行っていない人は、しっかりと考えて1票を投じてほしいです。

■今回も、もちろん参政権を行使します。ただ、誰が何をしても変わらないという諦め感はずっと感じているので、投票がどう政治に結びつくのか、いまだに不透明だと思っています。一時期は白紙投票も試みたのですが、それも違うような気がして、各候補者の政策を確認して投票するようにしています。

■自分自身は選挙に行きたくないのですが、両親からは「必ず行け」と言われるので毎回仕方なく投票に行っています。両親は「必ずこの党に入れなさい」と決めつけてくるところがあるのと、自分は政治には何も期待していないので、正直に言うと毎回白紙で投票しています。国民が政治家を選んでも、あまり良い方向に向かっている感じがしないので、選挙をやっても意味がないのかと思っています。

■「選挙権を持つ者の権利なので!」と言いたいところですが、投票所の雰囲気が好きなのと、投票用紙の書き心地が好きだからです。ちなみに以前、地方選挙のときに投票所に一番乗りをして、“投票箱の確認”をしました。公正な選挙のために、一番乗りをした人が投票箱のなかが“空”であることを確認できるのですが、イベントに参加しているみたいで楽しかったです。
私の場合、かなり動機が不純なのかもしれませんが、若い人にも、このぐらい気軽に参加してくれるとうれしいです(もちろん、各候補者の政策は確認した上ですよ!)。

パーソナリティユージは、このアンケート結果を受けて「選挙には『ずっと行っていない』と回答した人が『4%』ということで、意外と多いなという印象でした。ずっと行っていないとなると、それなりの理由があるのか、もしくは本当にまったく興味がないのか。

投票に行く行為自体も大事ですが、まずは『どこに入れるべきかな?』って考えると視野が広がるのではないかと思います。投票前に自分なりにできる範囲でリサーチして、そのなかで良いと思ったところに投票していただければと思います」とコメントしました。

ーーあなたは「衆院選」の投票に行きますか?

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティユージ、吉田明世
番組Webサイトhttps://www.tfm.co.jp/one/
「衆院選」投票に行きますか? “戦後最短”の選挙戦…アンケート結果は?