元バイトAKBの梅澤愛優香(24)が店主を務め、神奈川県大和市にあるラーメン店「麺匠 八雲」の周辺で騒動が続いている。セクハラ、中傷を理由に一部のラーメン評論家を“出禁”にし、その後もSNSでは梅澤への殺害予告があったことなどを発表している。ここ1カ月ほどは、梅澤本人がテレビや雑誌のインタビューで被害内容を告白するなど精力的に活動している。

 梅澤は東京・葛飾区にある「麺匠 八雲」の2号店、北鎌倉にあるつけ麺メインの「沙羅善」の計3店舗を経営しており、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。しかし「文春オンライン」が取材を進めていくと、「麺匠八雲」の食品の産地偽装、ずさんな経営などの問題点が浮かび上がってきた——。(全3回の1回目/続きを読む

連日行列ができるほど盛況の「麺匠 八雲」

 梅澤が芸能活動を始めたのは2014年のこと。AKB48アルバイト情報サイト「バイトル」のタイアップ企画として誕生した「バイトAKB」に加入した。しかし2015年2月に雇用契約期間が満了し、活動を終了。その後は名古屋を中心に地下アイドル活動を続け、2017年9月23日に、神奈川県大和市ラーメン店「八雲」を開店した。2号店のオープンが同年10月2020年には「中華蕎麦 沙羅善」もスタートしている。

 梅澤のラーメン店主としてのキャリアが始まった「麺匠 八雲」は、小田急江ノ島線高座渋谷駅から徒歩10分ほどの場所にある。高座渋谷はラーメン激戦区として知られ、ラーメン店以外にも多くの飲食店がしのぎを削っている。「麺匠 八雲」の店内は和を基調とした作りで、カウンター5席とテーブル2席に加え、4人掛けの座敷席も用意されている。

「看板メニュー味噌ラーメンで、完全オリジナルの麺と産地にこだわった具材が上品にまとまっている印象です。開店から5年目ですが着々と客足が伸びており、最近の評論家出禁騒動などもむしろ知名度を上げることに貢献したようで、連日行列ができる盛況ぶりです」(ラーメン業界関係者)

 しかし「文春オンライン」の取材で、「麺匠 八雲」に食品の産地偽装を行っていることが発覚した。

「麺匠 八雲」の朝の仕込みは、11時の開店時間の2時間前、9時頃から始まる。10時前後に従業員が自転車で近所の大型スーパーに買い出しに行くのも日課のようだ。

 10月5日も、「麺匠 八雲大和店」の女性従業員が黄色のメモを手にスーパーに買い出しにやってきた。北海道産のにら、北海道産の長ねぎバター、味海苔、コーン、冷凍天然海老5パックなどを慣れた手つきで買い物カゴに入れていく。さらに事前に注文してあったのか、スーパーの従業員からカゴ2つに山盛りになったもやしカートごと受け取ると、会計を済ませる。一杯になった大きいレジ袋を5つほど抱え、ふたたび自転車で店に戻っていった。

 問題は、この冷凍天然海老、もやしの産地である。

「国産天然海老のみ」と記載しているが…

「麺匠 八雲」で味噌ラーメンに次ぐ人気を誇るのが海老ワンタンメンだが、その説明文にはこうある。

《ぶりぶりの国産天然海老のみを自家製の黄色い皮で包んだ海老ワンタン好きには堪らない一杯になります。》

 しかし、女性従業員が5パック購入した「ホワイトエビ、12尾入り税抜き980円」には、「原産地 インドネシア」と明記されている。

 メニューには、「海老ワンタンメン」以外に海老を使っているメニューはない。

 さらにバックヤードから受け取ったもやし神奈川県産だが、「麺匠 八雲」の公式サイトには「繊細な立役者」という項目で《もやし三重県産》と明記してある。産地が店側の表記と異なるのだ。

 10月5日に入店して従業員に海老について尋ねると、「国産の海老を使用していて、店内でひとつずつ手作りで作っています」と話していた。しかし翌6日にも、インドネシア産の海老、神奈川もやしを購入する従業員の姿を確認している。

「麺匠八雲」の元従業員が、匿名を条件に仕入れの内情を明かした。

「社長は梅澤さんですが…」

「毎朝、従業員が自転車で近くのスーパーまで買い出しに行きます。明確に買い物リストというものがあるわけではないですが、冷凍庫にあるものを写真で撮り『これと同じものを買ってこい』という感じで買いにいっていました。肉や麺などは業者が運んでくる食材を使っていますが、野菜はスーパーで買うものが多かったです。『国産』などと謳っているものをスーパーで買うことに疑問を感じている従業員も多いのですが、雇われている立場なので言われた通りに買い物をしていたのだと思います」

 指示を出しているのは誰なのか。そう尋ねると、元従業員はさらに声のトーンを下げてこう続けた。

「私が働いていた頃は、店のオペレーションを考えていたのは、Fという40代の男性でした。『麺匠 八雲』の社長は梅澤さんですが、開店から数年間、実質的に店を運営していたのはFです。Fは梅澤さんが名古屋地下アイドルをしていた頃からの知り合いで、社長の梅澤さんのことも“マユカ”と呼び捨てでした」

 文春オンラインが取材を進めると、梅澤とF氏の不可思議な関係性が浮かび上がってきた——。(#2につづく)

「梅澤さんがカンバンで、Fが実質的な経営者という雰囲気」元バイトAKBラーメン店主・梅澤愛優香と同居する40代男性の関係 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

「麺匠 八雲」 ©️文藝春秋/撮影・宮崎慎之輔