「梅澤さんがカンバンで、Fが実質的な経営者という雰囲気」元バイトAKBラーメン店主・梅澤愛優香と同居する40代男性の関係 から続く

 セクハラ、中傷などの理由で一部のラーメン評論家を“出禁”にした騒動や、殺害予告を受けるなど、騒動が続いている元バイトAKBの梅澤愛優香(24)が店主を務めるラーメン店「麺匠 八雲」。

「文春オンライン」では、その「麺匠 八雲」が使用している食材の産地偽装問題や経営のずさんさを報じた。「麺匠 八雲」に事実を確認すると、梅澤本人が取材に応じた。

――まずは食材の産地がメニューなどの表示と異なる件でお話を聞かせてください。

メニューの表記と違う食材を使用していたのは事実です。開店当初は表示通りの食材を使用していたのですが、仕入れ先の卸業者を変更したりする中で、店主の私がそのズレを把握できておらず、開店当初のメニューを使用し続けていました。大変申し訳ありません」

――いつ頃から表示と違う食材が使われていたのでしょうか。

「海老や牛肉など食材によって時期は違うのですが、一番古いものでは2019年8月からメニュー表示と異なる食材を使っていたことがわかりました。私自身が複数の店舗の経営で忙しくなってしまい、現場の従業員との情報交換が十分にできず、把握することができなかったという状況です」

「海老ともやしに加えて、牛もつ、豚肉…」

――故意ではなく記載ミスということですが、お客さんから見ればいわゆる“産地偽装”になります。責任はどこにあるのでしょうか?

「私が店主ですから、私の責任です。私の監督不行き届きで、お客様には大変申し訳ないと思っています。今後は納品時の検品体制を強化して再発防止に努めたいと思っています。これまでメニュー表示と異なる食材を提供していたことは、消費者庁にもすでに報告しました」

――「文春オンライン」では海老ともやしの産地が表示と異なることを把握していましたが、消費者庁には、どの食材について報告したのでしょうか?

「海老ともやしに加えて、牛もつ、豚肉について報告しました。海老は国産と書いていましたが実際はインドネシア産、もやし三重県産表示でしたが実際は神奈川県産でした。牛もつも国産と謳っていましたがアメリカ産のものを使っており、茨城県産と表示していた豚肉は山形県産でした」

――消費者庁への報告はいつですか?

10月15日です。公式サイトも一度ストップして、現在は産地を記載しない形に修正しています。店舗に出しているメニューも変更しました」

――「麺匠 八雲」で以前働いていた従業員の方から、給料の支払いが遅れることがあったとお聞きしました。事実でしょうか。

「給与を支払うのが期日よりも遅れてしまったことは確かにあります。2019年の後半はとりわけ混乱が大きく、働いてくれていた従業員の方にご迷惑をおかけしました」

――何か理由があったのでしょうか?

「当時はお給料が手渡しで、業者への支払いも現金だったためお店に多くの現金を置いていたのですが、一度、約250万円の売上を当時の従業員の1人に持ち逃げされたことがあり、手元にお金が無くなってしまって支払いが遅れていました」

――250万円は大金ですが、持ち逃げした従業員はどうなったのでしょう。

「すぐに従業員が名乗り出て、無事に返金されたので、警察に被害届は出さず内々に収めました。フランチャイズの店舗展開などで忙しい時期で、お金が返ってきたなら捜査などで時間を取られるのは厳しいなと考えての決断でした。従業員に『キャッシュカードが無くなった』と嘘をついたのは、持ち逃げという理由を伝えてしまうと店の士気が下がるのではと思ってのことでした。何にせよちゃんと働いてくれていた従業員の方には関係のないことで給与の支払いが遅れてしまい、大変申し訳なかったです」

――未払いの給与があるという声も聞いています。

「私たちとしては未払いのお金はないと認識していますが、もし未払いの分があるという方がいれば、直接相談できればと思っています」

「店の立ち上げ時は勢い任せの見切り発車で」

――雇用契約書を作成せずに働いていたという元従業員の方の苦情もあります。

「店の立ち上げ時は勢い任せの見切り発車で、雇用についての知識もなく、契約書を作らずに口頭で条件などを交渉して働いてもらっていた人が何人もいました。その後反省して法律なども勉強し、1年ほど前から全社員と契約書を交わす体制になっています」

――なぜ給与の支払いが現金手渡しなのでしょう。

「今は口座振り込みにしているのですが、開店当初は私に人を雇用する知識がなく、個人でやっていたので誰かに教えてもらうこともできず、仕入れ業者への支払いも全部現金だったんです」

――F氏は「麺匠 八雲」の開店時からスタッフとして入っていたのですか?

「Fさんは私が名古屋地下アイドルとして活動していた時にお世話になった方なのですが、実は昔逮捕されたことがあり、周りからの反応は様々でしたが、私が作るお店で働いてもらうことで社会復帰の手助けができればと考えていました」

――元従業員の中からは、F氏が実質的に店を運営しているという証言もありました。

「Fさんも元々は経営者なので、そう見えることはあったかもしれません。ただ、最終的な決定はぜんぶ私がしてきました。Fさんも、最終的な判断は私に尋ねてきます。業務の分担としては、味づくりが私、業者との窓口係がFさんです。もう1人開店当初から携わっている中核の女性社員が現場を統括していて、採用面接もその女性に任せています」

――梅澤さんとF氏が同じ家に宿泊されているのを目撃しているのですが、一緒に生活をされているんですか?

「一緒には住んでいません。ただ私は実家暮らしなのですが、仕込みが深夜や早朝に行われることもあるので、お店の近くに休憩室と材料置き場を兼ねてアパートを1室借りていて、そこに泊まる日もあります。中には1人部屋もあります。他にも、味づくりについて考えたい時や、最近は営業妨害や誹謗中傷などで精神的に疲れることも多く、1人になりたい時にその部屋を使っています」

「1年半ほどはお付き合いしていました」

――その部屋に、F氏も泊まることがあるということですか?

「Fさんが泊まることはありますが、別の女性社員も泊まることがありますし、同居はしていません」

――梅澤さんとF氏は交際されているのですか?

「以前、2019年から1年半ほどはお付き合いしていました。ただ仕事に支障が出ると思い、現在は関係を解消しています」

――今はどんな関係なのでしょう。

「付き合いも長いですし、年齢も上なので頼りにしている部分はあります。よき相談相手、という感じでしょうか。ただ性格的に細かいことが得意なタイプではないので、お金は触らせていません」

――最後に、今後の「麺匠 八雲」の営業について教えてください。

10月16日からは、メニューや公式サイトの表示などを正しいものに修正したうえで営業させていただきたいと思っています。これまで応援してくださったお客様には大変申し訳ないと思っていて、今後はこういったことがないように再発防止に努めてまいります」

 常に耳目を集めてきた「ラーメン女王」に発覚したまさかのスキャンダル。信頼を取り戻すことはできるのだろうか。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

「麺匠 八雲」店主の梅澤愛優香