ヒロミ

17日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、タレントヒロミが出演。自身が所有する別荘について悩みを告白し、ネット上から同情の声を集めている。


■遠くから別荘を眺める人も

今回番組では、「芸能人へのファンの迷惑行為」がテーマに。長年芸能界で活躍するヒロミが語り出したのは、ある土地の湖畔に構えているという自身の別荘についてだった。

テレビなどでも何度か写されていることから、「(場所が)バレてる」「観光地化している」というその家。湖から見えるため、観覧船やモーターボートなどに乗りながら、実際に見に来る人がいるのだそう。

大半の人が遠くから眺めているということもあり、「それはまあしょうがないなあ」と諦めていたヒロミだが、それでも注意せざるを得ないようなケースもあったようだ。


■「それはダメ」と注意

ある日、別荘の庭の草むしりをしていたヒロミ。すると、観光案内をしていると思われる人物が船に客を乗せた状態で、家の前に現れ「ヒロミちゃん、今日休み?」と話しかけてきたそう。

これまで看過していたヒロミだが、かなり迫ってきたため「いやいやいや、これは近い」「それはダメ」と注意したという。その人物は「あ、すいません」と言ってすぐに去っていったようだが、こういった行為に少し困った様子を見せていた。

■「さすがにマナー違反」

富士山なども望めることから、観光スポットのひとつとして案内されてしまうことも多いというヒロミの別荘。番組を観ていた視聴者からは「それはつらいですね…」「近くに行くのは、さすがにマナー違反」「プライベートで話しかけるのアウトでしょ」といった声が。

半ば諦めた様子のヒロミに対しては、「観光料を取ってもいいのでは?」「優しすぎる」といったコメントも寄せられていた。


■6割弱「芸能時は大変だと思う」

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,589名を対象に調査を実施したところ、全体で58.3%の人が「なんだかんだ芸能人は大変だと思う」と回答する結果に。

芸能人は大変だと思う人の割合

「(場所が)バレてるのはバレてるのでいい」と語っていたヒロミ。「営業なんだから」と観光業者への配慮を見せながらも、やはり線引きはしっかりしてほしいと考えているようだ。

ヒロミ、観光地化した別荘に悩み 「それはダメ」と注意するケースも