カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 ヘビが苦手と言う人は多いだろう。苦手じゃない人だって猛毒のガラガラヘビとなれば話は別だ。家の中でまったりとくつろいでいるその真下に、大小とり揃った92匹のガラガラヘビが潜んでいるとしたらどうだろう?

 想像しただけで気絶寸前になるかもしれない。で、実際にそんな脅威に晒されていたのがアメリカカリフォルニア州に住むご家族だ。

 ガラガラヘビは家の下に巣を作り、子作りに励んだ結果、90匹以上に増殖。爬虫類レスキュー隊による捕獲大作戦が開始された。

【画像】 家の下で子作りに励まれた結果92匹のガラガラヘビ大家族が

 アメリカカリフォルニア州ソノマ郡で、女性は見てはいけないものを見てしまった。家の下で大量のヘビがたむろっていたのだ。

 女性は早速、ソノマ郡の爬虫類レスキュー隊に通報。捕獲大作戦が始まった。レスキュー隊の主任、アランウルフ氏によると、そこにいたのはガラガラヘビの大家族で、3時間45分かけて59匹の赤ちゃんと22人の成体を捕獲。

 集められたガラガラヘビはレスキュー隊のFacebookに投稿された。

 だがちょっと待ってほしい。59+22=81匹だ。そう、まだこれで全部ではなかったのである。

・合わせて読みたい→猛毒ガラガラヘビを駆除する職人の淡々とした仕事っぷり

 家の土台は岩の周りに建てられており、ヘビは好きなように行き来できるため、まだヘビが潜んでいる可能性が高い。ウルフ氏は、その後2回ほど家を探し回りさらに7匹、追加で4匹のヘビを捕獲。合計92匹となった。

ガラガラヘビの繁殖期だった

 シアトルのパーク博物館によると、今回捕獲された種はノーザンパシフィックガラガラヘビ(Northern Pacific rattlesnake)で、8月から10月の間に4~21匹の子供を産むという。また、多くのメスが一つの巣穴に集まって出産することが多いという。

 ノーザンパシフィックガラガラヘビの大きさは個体差があるものの、最大で162センチに達したものもあるという。

 毒蛇であるガラガラヘビは、小型の哺乳類両生類爬虫類、鳥類などを捕食する。ガラガラヘビが人間を噛むのは、通常、脅された場合か自己防衛の場合のみでという。

 だが毒性が強いため、噛まれた場合は、直ちに医療機関を受診し、抗毒剤による治療を受ける必要があるという。

 脅すつもりはなくてもうっかり尻尾でも踏んだら相当なダメージを受けるわけで、なるべくなら家に巣を作ってほしくないものだ。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

想像してごらん?自分の家の下に92匹のガラガラヘビが住んでいることを(※ヘビ大量出演中)