第三のビールを買わなくても生活できる

第三のビールを買わなくても生活できる

世帯年収1500万円以上のキャリコネニュース読者から寄せられた、リアルな生活感を紹介する。(文:福岡ちはや)

※キャリコネニュースでは世帯年収に関するアンケートを実施しています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/6FE3D7NZ

「基本的に欲しいものは値段を気にせず買える生活」

神奈川県の50代前半女性(その他/正社員)は世帯年収1700万円で、私立高校生と中高一貫校生の2人の子どもを育てている。女性は年間の大きな支出や日頃の生活感について、次のように語った。

「来年大学受験子どもの塾代も合わせ、年間教育費用250万円。マンションローンと管理費、駐車場代で年間300万円。普段の生活はいたって普通で、バッグや靴、服はいいものを長く大事に使いつつ、流行ものは安く取り入れる。あとはポイ活や各種節税対策で、小さな幸せを楽しんでます」

ほかにも、世帯年収1500万円以上の人たちからは、

「基本的に欲しいものは値段を気にせず買える生活」(世帯年収1500万円/東京都/40代後半男性/IT・通信系/正社員/子ども2人)

ビールウイスキーなど、第三のビールを買わなくても生活できるが、贅沢できるわけではない。妻も正職員だが、いつも『お金がない』と言っている」(世帯年収1700万円/東京都/40代前半男性/その他/正社員/子ども3人)

という声が寄せられていた。

世帯年収1700万円の生活感「第三のビールを買わなくても生活できる」「年間の教育費250万円」