クリプトン・フューチャー・メディア株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:伊藤博之、以下クリプトン)は、自社が管理・運営する作品投稿サイト『ピアプロ』(https://piapro.jp/)において、2021年10月19日(火)より、一般社団法人日本音楽著作権協会(以下JASRAC)に著作権の管理が委託された楽曲を投稿できるようにいたしました。これにより、今後はJASRAC著作権を管理している楽曲に関して、営利目的での作品利用と『ピアプロ』を通じた非営利目的でのインターネットユーザーによる二次利用の両立が実現可能となります。

そもそも『ピアプロ』は、2007年12月に「インターネットを活動の場とするクリエイターが、自らの得意なコンテンツ(音楽、歌詞、イラストなど)を投稿し合い、協業して、新たなコンテンツを生むための”創造の場”」として誕生いたしました。『ピアプロ』では投稿作品に「原則として、投稿された作品は、非営利目的であれば、他のピアプロユーザーが自由に利用できる」という意思表示(ライセンス)を付与する機能があるため、作品を投稿するユーザーはその完全な著作権を有している必要があります。それゆえに、これまでは投稿するユーザーが作詞・作曲した本人であっても、著作権等管理団体に著作権の管理を委託した作品については『ピアプロ』への投稿ができないという状況にありました。

ピアプロ』のリリースから年月が経過した現在、インターネットを活躍の場とするクリエイターは増えており、営利目的での作品の利用については著作権等管理団体に管理を任せている方も少なくありません。一方で、そのようなクリエイターからも「非営利目的での作品の利用の場としては引き続き『ピアプロ』を利用したい」というご希望が多く寄せられており、このたび、JASRACから正式に楽曲の利用許諾を受け、JASRACが「インターネット上での利用に関する著作権」を管理している音楽作品を『ピアプロ』に投稿できるようにいたしました。

今後は、クリエイター著作権JASRACに信託している自作曲等を投稿し、『ピアプロ』が有する作品のライセンス機能によってファンによる作品の二次利用を許諾。そして、その許諾された作品をファンが二次利用して生み出した新たな作品を『ピアプロ』に投稿することが可能になります。通常、ファンによるこのような行為は「著作権」以外にも「著作者人格権」や、いわゆる「原盤権」等に関する手続きが必要ですが、原作品の作者自らがライセンスを付与する『ピアプロ』においては、そういった手続きなしで安心して創作の輪を広げていただけます。

今回のお知らせにあたり、『ピアプロ』をご利用いただいているJASRACメンバーEasyPop氏、ねじ式氏よりコメントをいただきましたので、あわせてご紹介いたします。

 ▼EasyPop氏によるコメント


 ▼ねじ式氏によるコメント


なお現在、クリプトンは音楽の著作権等管理団体である株式会社NexToneとも、管理作品の利用許諾について協議を行っております。クリプトンはこれからもクリエイターの皆様の創作活動がより充実したものになるよう尽力いたしますので、今後の展開にぜひご注目ください。


【お問い合わせ先】
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 ピアプロチーム
E-mailpiapro@crypton.co.jp


------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<参考情報>

▼『ピアプロ』とは https://piapro.jp/
ピアプロ』は、インターネットに分散しているクリエイター同士がお互いの得意なコンテンツ(音楽、歌詞、イラストなど)を投稿し合い、協業して、新たなコンテンツを生むための”創造の場”を提供するサイトです。『ピアプロ』では様々な分野のクリエイターが力を発揮する機会を提供し、ピアプロダクションを加速することでCGMカルチャーを育てていきたいと考えておりますので、ぜひご参加ください。

配信元企業:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ