ココフォリアは、TRPGシナリオ投稿サイト「TALTO」を発表し、11月1日クローズベータテストを開始、11月中にオープンベータを公開予定であることを明かした。

 またあわせて「ココフォリア株式会社」を設立したことを発表している。

(画像はTwitterより)

 TRPGシナリオ投稿サイト「TALTO」(タルト)は、TRPGシナリオを投稿するWebサイト。

 TRPGシナリオを執筆、投稿し、また閲覧して探すことができる。閲覧はスマートフォンタブレットパソコンシナリオを読むことができ、検索にはジャンル、タグ、プレイヤー数、プレイ時間などで絞りこむことが可能だ。

 発表があったYouTubeによると、将来的にTRPGオンラインセッションツール「ココフォリア」と連携をしたり、シナリオの売買に関してもサポートしたいとしている。

 また先日、TRPGの関連出版社6社が「テーブルトークRPGの二次創作活動」に関する合同ガイドラインが発表されたが、そういったことを踏まえつつ権利の表記などに関しても「TALTO」側で対応したいとしている。

 今回の「TALTO」やTRPGオンラインセッションツール「ココフォリア」を開発・運営しているココフォリアが、あらたに「ココフォリア株式会社」になったことも発表している、

 今年の7月に設立しており、スタートアップというよりも、支援金の管理や権利関係の整理など、サービスの維持で法人格が必要になったためとしている。関連サービスは、これまでの方針と変わらずに運営・開発していくので、安心して欲しいとのこと。詳しくはYouTubeの発表を参照して欲しい。

 TRPGシナリオ投稿サイト「TALTO」は、11月1日クローズベータテストを開始、11月中にオープンベータを公開予定だ。

ココフォリア公式Twitterアカウントはこちら