コクヨの働き方の実験場「THE CAMPUS」が、職場内のコミュニケーションの増加を目的としたサントリーの法人向け新サービス「社長のおごり自販機」を試験導入。実証実験の結果、アンケート回答者の97.8%が「コミュニケーションのきっかけになった」と回答しました。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 「社長のおごり自販機」は社員2人が揃い、対象部分に2枚の社員証をタッチすることでそれぞれが選んだ飲み物が1本ずつ無料でもらえる自販機

 リモートワークの普及などにより、職場内のコミュニケーションが減少傾向にあることを受け、手軽にいつでも飲み物が買える自販機を通じて、コミュニケーションのきっかけを増やせないかと考え、サントリーが開発した新サービスです。

 そんな「社長のおごり自販機」の趣旨に共感し、試験導入をしたのがコクヨ株式会社の運営する働く・暮らすの実験場「THE CAMPUS」。“みんなのワークライフ開放区”をコンセプトに、自社のオフィスに加えて、だれでも利用できるパブリックエリアを併設した施設です。

 実証実験中の利用者にアンケートを実施したところ、「『社長のおごり自販機』がコミュニケーションのきっかけになった」と感じた方が97.8%と大半を占める結果に。

 「一人作業の予定だったが、『自販機行かない?』と声をかけてもらい、雑談のきっかけになった」「いろんな人を誘ってやってみたい!」「この自販機があれば、モチベーションが上がる」「同期と数年ぶりに近況を話し合うきっかけになった!」などの声があがりました。

 コクヨ株式会社は今回の実証実験の結果をもとに、別拠点への展開などを検討予定とのこと。

 YouTubeサントリー公式チャンネルでは、「社長のおごり自販機」の使い方や今回の「THE CAMPUS」での実証実験の様子を紹介したWEB動画が公開されています。

情報提供:コクヨ株式会社

コクヨが「社長のおごり自販機」を試験導入 社員2人でタッチすると無料