緊急事態宣言が明けた10月から、テレワークから出社に切り替わった人達が多いようです。“強制出社”や“満員電車”がTwitterのトレンドワードにもなり話題になっていましたよね。



写真はイメージです(以下同じ)



今回は、週5出社になってモヤモヤする女性のエピソードをご紹介しましょう。


10月から週5で出社に
斉藤祐美子さん(仮名・37歳・派遣社員)は、10月からいわゆる“強制出社”になりました。


「宣言中は週2でテレワークでしたが、明けたらすぐに週5出社になってしまいました。私は病むぐらい感染予防しているので通勤電車が怖くて。会社まで1時間ぐらいかかるんですよ」


祐美子さんは、電車の中では席が空いていても絶対に座らず、つり革や手すりにも触らないように注意しています。


「もし少しでも触れてしまったらすぐにアルコール消毒して、鼻マスクやあごマスクの人が居たら車両を変えたりして、テレワークの時よりずっと疲れますね」



緊急事態宣言中、正社員は時短勤務なのに…
祐美子さんは、イタリアに本社のあるアパレル系の会社に勤めています。


イタリア人の社長が信念のある人で、どうやらあまりテレワークが好きじゃないみたいなんです。人と人とが会う事が大事なんだという方針で、イタリアの本社も一時期はテレワークしていましたが、すぐに出社に切り替えたみたいです」


そのせいか宣言中だけ週に2日だけのテレワークでしたが、祐美子さんにはモヤモヤする事があったそう。


「週に3日の出社日なんですが、私たち派遣はいつも通りで変わらなかったのに、社員は時短になったんですよ。社員は満員電車に乗らなくてもいいなんて、派遣は感染する確率が高くなってもいいって事?と思いました」


しかも上の人から「派遣は週に一度は必ず休んでくれ」と言われてしまい…。


◆派遣だからってないがしろにされなくちゃいけないのか…
「それで休業補償がでるのかでもめて、派遣会社に話をつけてもらいました。本当に、何で派遣だからってこんなにないがしろにされなくちゃいけないのかと腹が立ちました」


結局、少しですが、休業補償はでたそう。


「うちの会社はコロナ禍でもお客さんを招いて展示会をやったりして、あまり感染予防に熱心な会社じゃないので仕方ないのかもしれませんが、宣言が解除された途端に週5出社って事にもモヤモヤしています。やっぱり週2回だけでもテレワークのままがいいです」



◆せめてワクチン接種が終わっていたら…
しかも祐美子さんは杉並区在住ですがワクチンの予約がなかなか取れず、今月末にやっと1回目の接種にこぎつけたものの、まだ未接種です。


「せめてワクチン接種が終わっていたらまだ良かったのにと思います。満員電車に乗る時は丸腰で戦場にいくような気分ですよ」


不満がつのった祐美子さんは、会社を辞めたいなと思う事もあるそう。


「ですが次の職がすぐに見つかるとは限らないし、派遣切りにあわずにフルタイムで働けているだけマシなのかな?とも思います。モヤモヤする事が多いですが、やっぱり辞められないですね」


<文&イラスト/鈴木詩子>


【鈴木詩子】漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラー棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。Twitter@skippop