カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 フグの仲間ときいてもピンと来ないくらい見た目ユニークマンボウといえば、遭遇したダイバーが夢中になるほど大きな個体が見つかることがときどきあるが、今月初めスペインの海で見つかった巨大マンボウが海洋学者の度肝を抜いた。

 漁船の網にからまっていたところを発見された今回の個体は、幸いにも生きていたため検分後すぐに海に帰されたが、体長およそ3メートル、体重なんと2トンのウシマンボウとみられている。

 マンボウを見慣れた学者も思わず二度見。「知ってはいたけどガチでこんなに育つのか!」と驚愕させた個体の姿をごらんいただこう。

【画像】 検分に呼ばれた学者も愕然!体長3メートルの巨大ウシマンボウ

Huge Sunfish Caught Off Spanish Coast

 今月4日、スペインの都市セウタの沖合でマグロ漁船の網に絡まったマンボウが見つかった。

 引き上げられた個体の検分に呼び出されたセビリア大学の海洋生物学者エンリケ・オスターレ氏は、あまりの巨大さに目を疑った。

 それは体長およそ3.2メートル、幅2.9メートルサイズからしても「世界最大級の硬骨魚」という呼び名のとおり立派に育った個体で、彼がこれまで見た中で一番大きなマンボウだったのだ。

重すぎて体重計が使えないまさかの事態。どう見ても2トンはあったと確信

 この地域では潮の満ち引きとマンボウの移動パターンによってはからずもマンボウが網にかかる事例がたびたび起きているという。

 それでもこれだけの大きさの個体が見つかることは珍しく、記録をつけたオスターレ氏はこう語る。

1,000kgまで測れる体重計に乗せようとしましたが重すぎました。もし無理にも乗せたら計りが壊れたでしょうね。

 そのため実際の計測はあきらめざるを得なかったが、彼の見立てでは確実に2トン級だったという。

別の網にかかかった魚群と比べても、あの巨体は2トンはあったに違いありません。
2

検分からウシマンボウの可能性。その日のうちに再び海へ

 このマンボウは発見当初ボートに取り付けられている水中チャンバーの中に一旦隔離され、後に調査のためクレーンで船上に持ち上げられた。

 そこで待ち構えていたオスターレ氏ら生物学者が検分にとりかかり、わずか数分で測定や写真撮影、DNAサンプルの採取などを済ませたそうだ。

 その結果、今回の個体はマンボウ属の1種で特に大きく育つウシマンボウの可能性が高いという。この種は頭部やあごに独特の隆起があり、舵鰭が丸いことで知られる。

[もっと知りたい!→]今度はうぅ~、マンボウ!インドネシアで巨大なマンボウが打ち上げられる。

とにかくびっくりしました。この種のマンボウのことは本で知ってましたが実際に触れる機会があるとは思ってませんでした。

でもその時は緊張もしてました。海の真ん中に浮かぶボートに頑丈なクレーンが乗っかってて、そこにぶら下がってる巨大なマンボウの検分作業ですから。

しかも相手は生きていて一秒たりとも無駄にできないし、その間も事故が起きないよう注意しなければならなかったんです。

 かくして検査は無事終了。巨大なマンボウはその日のうちに海に戻された。

5

 漁師と学者たちは、解放されたマンボウが大急ぎで潜りだし、本来の生息域である水深700メートルに着いたところを見届けてほっとしたそうだ。

 たとえ知識として頭に入っていても、完全体のリアルに圧倒されちゃったんだね。そういやウシマンボウの稚魚ってミリサイズだったっけ。それがこんなに大きくなるってほんと驚くわ。引き上げられたマンボウもあわてたかもだけどすぐに海に戻れて何よりだよ。

References:reuters / youtubeなど /written by D/ edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

超特大のやつキター!3メートル以上あるウシマンボウが引き上げられる