10月21日に都内にて行われた、アニメーション映画アイの歌声を聴かせて」(10月29日[金]公開)公開直前特別授業イベント福原遥、工藤阿須加、カズレーザー(メイプル超合金)が登壇。事前にSNSで募集した全国の学生とリモート中継を結び、福原と工藤が学生たちの悩み・質問に答える特別授業を実施するほか、同イベントの特別MC・カズレーザーが、福原と工藤の悩みにアドバイスをした。

【写真を見る】鮮やかな黄色いワンピースがキュートな福原遥

同映画は、ポンコツ"AI"とクラスメイトが織りなす、爽やかな友情と絆に包まれたエンターテインメントフィルム

ちょっぴりポンコツなAIの主人公シオン土屋太鳳が、もうひとりのヒロインであるサトミを福原、幼なじみトウマを工藤が演じる。また、小松未可子興津和幸日野聡に加え、大原さやか浜田賢二津田健次郎ら声優が集結するなか、カズレーザーシオンたちの担任役を務めている。工藤とカズレーザーアニメーション作品に出演するのは今回が初めて。

■恋愛相談に工藤阿須加が熱く答える!

福原と工藤が学生たちからの悩みに答えるコーナーでは、男子学生からの「好きな人に振り向いてもらうコツを教えてください」という恋愛相談も飛び出し、会場が盛り上がる場面も。

工藤は「“好きな人のことを良く知ること”かな?と思います」と真剣な表情でアドバイス。続けて、「その人が何を好きで、何が嫌いかを知ることは大前提かなって。あと、焦らないことが大事です。僕もそれで失敗したことあるので…(笑)」と実体験を振り返りながら、照れくさそうに答えた。

その回答にカズレーザーも「焦ってる男はモテないですからね!」と強く共感し、「遠回りくらいがちょうどいい」とコメント

■カズレーザが“赤一色”で生活するメリットを語る

イベント後半では、これまで学生たちの悩みに真剣に答えていた福原と工藤がカズレーザーに質問。工藤が「カズレーザーさんがお会いしたい方、話してみたい方っていますか?」と尋ねると、カズレーザーは「なかなか信じてもらえないんですけど、僕が本当に一番会いたかったのはお二人ですね(福原と工藤のこと)」とさらりと回答。

冗談か本当か分からない返答にきょとん顔の福原と工藤だったが、「今朝くらいからずっと会いたいと思っていたので、夢が叶いました」というカズレーザのコメントに、工藤も思わず「思っていたのとちがーう!」とツッコミをみせた。

しかし、カズレーザが「誰とでも会ってみたいというか、知らない人と会うと楽しいじゃないですか。知らない人って、知らないことを知っているから…なので、こうやって誰かとお会いしてお話させてもらうのは楽しいですね」と語ると、福原と工藤も「すてきー!」「すごい」と納得の表情だった。

続けて、福原からは「私服は赤しかないんですか?」という質問が。カズレーザは即答で「赤しかないですね」と明かし、「これはすごいお薦めです。僕、いろんな人にお薦めしているんですけど、一色で生活するってメリットしかないです。なんせ洗濯の色落ちが無い!」とアピールした。

また、工藤が「赤を着こなすってすごいですね」とつぶやくと、カズレーザは「着こなしているわけじゃなくて、みんながそう錯覚しているというか…“あいつ赤いもんだな”って思っちゃえば、何を着ていても似合ってるって言ってくれるんですよ」と、会場全体をうならせる持論を展開した。

男子学生からの恋愛相談に熱く答える工藤阿須加/※2021年ザテレビジョン撮影