バドミントンの実業団選手を題材にしたオリジナルテレビアニメリーマンクラブ」の放送が、2022年1月からテレビ朝日系全国24局ネット「NUMAnimation」枠とBS朝日スタートすることが決定した。榎木淳弥三木眞一郎逢坂良太石川界人柿原徹也が出演する。ティザープロモーションビデオティザービジュアルも公開されている。

同作は、インターハイでのトラウマが原因で、社会人選手として思うようなプレーができなくなってしまった元天才バドミントン選手・白鳥尊(しらとりみこと)が、再起をかけて入社したサンライトビバレッジで、豪快な先輩社員の宮澄建(みやずみたつる)とペアを組み、諦めかけていた夢を再び追っていく姿を、サラリーマンとしての日常とスポーツ選手としてのドラマの2面から描く。

慣れない会社員としての仕事に加え、弱小バドミントン部の選手としても奮闘することになる尊を榎木、がさつだが営業成績トップで選手としての能力も高いベテランの建を三木が演じる。また、尊の高校生時代の同級生で、瞬発力や直感により活躍する佐伯橙也(さえきとうや)を逢坂、橙也の兄で仕事も競技もクールにこなす佐伯蒼汰(さえきそうた)を石川、明るいお調子者だが、あがり症で本番に弱い竹田浩輝(たけだこうき)を柿原が演じる。

ティザーPVは、尊が以前の職場から戦力外通告を受けて絶望する場面からスタート。新天地での仲間たちとの出会いや、尊と建のラリーなどが声付きで描かれており、詳細が明らかにされていないキャラクターも登場する。ティザービジュアルは、ユニフォームスーツそれぞれの姿で、尊たち5人を描いたイラスト2枚となっている。

監督には「劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ」で演出を担当した山内愛弥を迎え、脚本を「さらざんまい」の内海照子、キャラクター原案を小説「デュラララ!!」(イラスト)のヤスダスズヒトキャラクターデザインを「マクロスΔ」のまじろが担当する。アニメーション制作は「はねバド!」のライデンフィルムが行う。

以下にキャストからのコメントを掲載する。

榎木淳弥(白鳥尊役)】
Q1. 本作の印象を教えてください。
バドミントンを本格的に描きつつ、サラリーマン生活も面白く表現されているので、そこが魅力的だなと思いました。アフレコの段階からバドミントンシーンはとても気合いが入っていたので完成が楽しみです。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
尊はバドミントンに対してとても執着がある分、その他のことに関してはあまり関心がないのかなという印象を持ちました。クールな雰囲気ですが人間味溢れるキャラクターだと思うのでそこを楽しんで演じたいです。

三木眞一郎(宮澄建役)】
Q1. 本作の印象を教えてください。
まず、オリジナル作品で、先がわからないというコトがありますね。そしてバドミントンというスポーツものでありながら、実業団の部であるというトコロ。学生とは違い、大人社会での葛藤なども描かれていて、新鮮、かつリアルに感じます。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
会社でもバドミントン部でも、まわりが良く見えて、全体や個人的にバランスをとれる人だと思います。こんな弟がいたらなぁ、と思わせてくれる建。彼に寄り添って、一緒に人生経験を積ませていただきます。

逢坂良太(佐伯橙也役)】
Q1. 本作の印象を教えてください。
サラリーマンをやりつつバドミントンをするというありそうでなかったジャンルだなあと思いました。学生の時とは違った、スポーツだけに集中していくということができないなか、仕事と両立していくというリアルさを描いている作品になっていると思います。本編もバドミントンのことも描きつつ、仕事の話もきっちりリアルに描いているので、ひと粒で2度おいしくなっています。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
橙也は見た目とテンション自体は軽い印象を感じると思いますが、内心は熱く、仲間のことをよく気にかける一面がよく見られます。特に主人公の尊に関しては同級生だったこともあり、特に気にかけているなと思いました。誰かが落ち込んでいたら必ず手を差し伸べてくれるような、そんなキャラになっています。
ある意味全体を見渡しているキャラなので、自分もよく読み込まないと気づかないところがあるので気を付けつつ楽しく演じられたらなと思っています。

石川界人(佐伯蒼汰役)】
Q1. 本作の印象を教えてください。
社会人スポーツものということで、どういう風になるのかなと思っていました。スポーツの熱さはもちろんなのですが、社会人としての苦労や葛藤も描かれていて、胸が熱くなる作品だと思っています。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
僕が演じます蒼汰は非常にクールで、感情の起伏が平坦です。ただバドの実力自体は目を見張るものがあり、チームの中でも上位だと思っています。彼の中に社会人になってもバドミントンをやるということに対するさまざまな思いがあるようなので、その思いが今後どうなっていくのか楽しみです。

柿原徹也(竹田浩輝役)】
Q1. 本作の印象を教えてください。
オーディションの資料を読ませていただいた時点で、この作品は面白くなるなと確信しました(笑)。学生ではなく、社会人たちが織りなす青春物語にご期待ください。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込みを教えてください。
僕が演じる竹田くんは、チームのムードメーカーでありギャグにもシリアスにも大きく振れる男の子です。営業向きですね(笑)。演者としては幅広い芝居が披露できるので役者冥利に尽きます! この子可愛くて大好き!!!

(C)Team RMC/サンライトビバレッジ広報部