受験勉強や仕事の残業など、忙しい時間にササッと作れて夜食の心強い味方になるインスタント食品。業界最大手・日清食品メインブランドである「カップヌードル」は、今年で誕生から50周年を迎えた。

日清食品
カップヌードルソーダという組み合わせ
 同社では、50周年記念として、カップヌードルの定番の味を組み合わせた「スーパー合体シリーズ」4種を9月13日に全国発売。すでに、店舗によっては品薄になっているという。さらに、「カップヌードル ソーダ」全4種、「カップヌードル」の定番フレーバー8種、「うまい棒 カップヌードル味」全8種を詰め合わせた「50周年記念コンプリートセット」をリリースしたところ、予約開始からわずか1日足らずで用意した1万5000セットが完売した

 節目の年になぜこのような取り組みを行ったのか。日清食品 マーケティング部 第1グループブランドマネージャーを担当する白澤勉氏に、話題を呼んだ50周年企画について改めて振り返ってもらった。

50周年をお祭りとして楽しんでほしい

 一般的な企業が行う周年記念イベントは、「これまでのご愛顧に感謝」といったような懐古的なコミュニケーションやキャンペーンを展開するのが常だ。そんななかで日清食品が異色企画に取り組んだのはなぜなのか?

カップヌードルはおかげさまで50周年を迎えることができました。8種類の定番フレーバーに加え、お客様のニーズにあわせてさまざまなバリエーション商品を展開しています。そのようななかで、節目の年に過去を振り返るのではなく、“お祭り”として皆様と一緒に楽しめるような企画を検討してきました」

 特に消費者の目を引いたのは、やはり「カップヌードル ソーダ」。こちらは日清食品グループオンラインストアを中心に販売がされたが、わずか1日で完売してしまったそうだ。

「弊社としても、十分な在庫を用意したつもりだったのですが、ありがたいことに、その在庫をはるかに上回る反響があり驚いています。これほどまでに多くの方に興味を持っていただけたことを、大変嬉しく思っています」

チャレンジングな製品が生まれるまで

日清食品
日清食品マーケティング部 第1グループ ブランドマネージャー 白澤勉氏
 カップヌードルソーダという組み合わせについては、「お客様が楽しんだり、喜んだりできるものを考えた時に、この組み合わせが一番驚いていただけるだろう」と考えたことから実現したそうだ。

「飲料メーカーのニッセー様にご協力をいただいたおかげで、この企画を実現することができました。味について賛否両論が出ることは想定していましたが、お客様に販売する商品ですので、完成までには何度も試作を重ねています。ただ、チャレンジングな製品であることは間違いないので、SNSでは『覚悟のある勇者は飲んでみてください』といったコミュニケーションを展開しました」

「間違いない味×間違いない味」がどうなるか?

 また、カップヌードル&しお、カレー&シーフード、味噌&旨辛豚骨、チリトマト&欧風チーズカレーの4つの“合体味”が誕生した「スーパー合体シリーズ」に関しては次のように語る。

「お客様やYouTuberの方がカップヌードルのさまざまなフレーバーを混ぜ合わせて食べていることを知り、弊社でも「味噌」と「旨辛豚骨」を混ぜ合わせて食べるプロモーションを昨年実施しました。この商品は、それをさらに発展させたものです。カップヌードルはよく『間違いない味』と言っていただけるのですが、その間違いない味と間違いない味を掛け合わせれば『絶対間違いない味』になると考えました」

 カップヌードルの定番である8種類のフレーバーで、全28種類の組み合わせを試し、厳選した4種類を商品化した。

「まずは、我々のグループで、28通りの“合体”をすべて試食するところからスタートしました。そこから相性のよかったものを選びぬき、4組のペアを決めました。そして、研究所の商品開発担当者とともに、スープバランスや具材の量などを調整しながら試食を重ね、少しずつブラッシュアップしていきました。ちなみに、組み合わせた2つの製品だけ使って製品を作り上げているので、プラスアルファでは何も入れていないんです

苦労したフレーバーの組み合わせも

 味の組み合わせを行うにあたっては、フレーバーによって簡単なものと難しいものがあったそうだ

「例えば、欧風チーズカレーはどのフレーバーと組み合わせても美味しかったです。反対に、カップヌードルレギュラーは、他のフレーバーと組み合わせると負けてしまうことが多かったです」

 すでに品切れの店も多いが、白澤氏の個人的なオススメを聞いたところ「チリトマト&欧風チーズカレーと、カップヌードル&しお」とのこと。なかでも後者は開発段階で苦労したものの、最終的には満足のいく完成度に仕上がったので特にオススメをいただいた。

カップヌードルに関しては、皆さまが安心して選んでいただけるような“おいしさ”をお届けすることが大前提です。しかも今回は、定番のフレーバーを組み合わせるわけですから、単体で食べるよりおいしくならないと意味がありません。カップヌードルの新たな魅力を感じていただけるように試行錯誤を重ねた製品ですので、皆様の期待を超えるような仕上がりになっているのではないかと思っています」

モロッコへの赴任が良い経験に

日清食品
うまい棒ともまさかのコラボ
 白澤氏自身のキャリアについても聞いてみた。現在はカップヌードルブランドマネージャーを務めているが、それまでは大きな苦労も経験したという。

日清食品で今までにいろんな仕事してきましたが、なかでも一番大変だったのは、北アフリカモロッコに赴任して、現地で事業立ち上げに携わったことです。まさにゼロからの立ち上げであり、宗教や違いや言葉の壁などもあって、現地の方とのコミュニケーションに苦労しましたし、『仕事は一人でするわけではない』と改めて気づかされました。

 今回の50周年記念企画を進めるにあたっても、社内外を問わずたくさんの人に協力してもらう必要がありましたので、このときの経験を活かすことができたと思います」

カップヌードルのこれからの展望

 最後に、カップヌードルの今後について展望を聞いた。白澤氏は「カップヌードル100ブランドに育てていきたい」と語る。

カップヌードルは4年連続で最高売上を更新するなど、発売から50年経った今なお成長を続けています。しかし、これから先の50年を考えると、サスティナブルブランドを目指すためには、時代の変化に対応しながら進化していかなければいけないと考えています」

 実際、フタ止めシールの廃止や、カップに含まれるプラスチックを植物由来のものに変更するなど、環境問題にも積極的に取り組んできた。そのうえで、「若い世代をターゲットにした商品として、エンターテイメント性を重視している」と説く。

「若者の生活スタイルや興味の対象が目まぐるしく変わっていくなかで、その時代に合ったブランドコミュニケーションを心掛けています。おいしいことや安心・安全なのは当たり前。そのうえで、お客様の生活に楽しい体験を届けていくことが、カップヌードル100ブランドとして育てていくためのカギになると考えています」

<取材・文/ヤマタケ>

【ヤマタケ】

見習いライターお笑い生きがいで、都内のライブによく出没し、年間100本以上のライブを鑑賞。芸人のラジオが外出のお供。他にも旅行とお酒が好きで、旅行先では必ず地元の日本酒を購入。諸々よろしくお願いします。

日清食品マーケティング部 第1グループ ブランドマネージャー 白澤勉氏