2022年カタールワールドカップアジア最終予選で、日本代表は苦しい戦いを強いられている。だが、中国の状況は日本よりさらに厳しく、中国代表の試合ぶりは、多くの中国人サッカーファンを悲しませ、がっかりさせているようだ。中国メディアの騰訊はこのほど、「中国サッカーは日本にシステムから学ぶべき」と主張する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者はまず、日本のJリーグではクラブ名に企業名は付いていないが、最近になってチーム名に企業名を入れることを検討していると紹介した。これは、中国にとっては「平手打ちを受けるほど」のショッキングニュースだったという。

 なぜなら、中国のスーパーリーグではすでにチーム名に企業名が入っているのだが、中国サッカー協会はクラブの企業名排除を求めているからで、「中立的なクラブ名にすればサッカーリーグが発展する」という考えは「あまりに幼稚だから」と非難した。そして、中国サッカー発展の最大の障害は「愚かさにある」と主張している。

 また、中国代表のふがいない結果に対し、選手らは敗因について自分自身に問題があるとは考えず、ただ弁解に終始し、外部の要因に責任転嫁させていると批判した。そして、「努力する」と口にするものの、精神論だけでは勝てるわけがないと断罪している。

 この点で中国は、「日本のシステムに学ぶべきだ」と主張した。Jリーグの各クラブは、青少年育成のためのユースチームも運営しており、早い段階で選抜していると紹介している。中国では、青少年育成の重要性がたびたび言われており、筆者の中国人筆者は若手育成システム構築という改革の必要性を訴えているが、学歴こそすべてという中国では、青少年のサッカー選手育成という点ではなかなか前へ進まないのが現状のようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

中国サッカーの最大の障害は「愚かさ」だ! だから日本に学ぶしかない=中国