税金に保険料、駐車場代……自動車は所有するだけで維持費がかかる「金食い虫」である。

 ただでさえ、この国における自動車関連の税金はドイツの約5倍、アメリカの約30倍にものぼる。固定コストに加えて、タイヤオイルバッテリーといった消耗品の交換費用が不定期に生じ、思わぬ出費となって家計を圧迫する。自家用車はさながら「負債」なのであって、「車離れ」も当然のなりゆきなのだろう。

 とはいえ、車なしには生活が成り立たなくなる人も多い。車を所有するからには、維持費の中で、削れるものはできる限り削っておきたいところだ。しかし不思議なことに、「車の維持費をカットする」ことに強い関心を向ける消費者はそう多くない。

 家電を買うときにはネットで1円でも安い店を見つけようとするのに、車に関する費用はディーラーに促されるまま支払っている消費者は少なくないだろう。技術的なことはわからないが、車は命に関わるものなので、プロの言うことに従っておこう、ということかもしれない。

 もちろん、「わからないことは専門家に」というのは賢明な考えだ。とはいえ、ほんの少しの「調べる手間」だけで、同等のサービスを大幅に安く受けられるケースも多い。車のことはわからなくても、安心面を犠牲にせずに費用を抑える方法は数多くあるのだ。

高額な車検費用を抑えるテクニック

「車の維持費」といったときに、真っ先に思い浮かぶのが「車検」である。日本自動車工業会の「乗用車市場動向調査」(2019年度版)を見ても、「負担感が大きい維持費」として「車検代」がトップの項目になっており、9割近いユーザーが費用負担を感じている。

 車検の依頼先として、もっともメジャーなのはディーラーである。損保ジャパンの「車検の依頼先」についてのアンケート調査 では、「購入した自動車販売店ディーラー」が全体の6割を占めている。

 もちろん、安心感や保証面のみを考えれば、ディーラーがもっとも信頼できるのかもしれない。しかし、費用の面ではもっとも高くつく選択肢である。

意外と知らない車検費用の実態

 一般に「車検費用」と呼ばれているものは、大きく「法定費用」「代行手数料」「整備費用」の3つに分けて考えることができる。このうち、いかなるケースでも必要になるのは「法定費用」だけであり、業者に点検・登録手続きを依頼する場合には「代行手数料」が、さらに点検を通じて整備が必要になった場合には「整備費用」が加わることになる。

 つまり車検を安く済ませるには、「法定費用からの加算分」をいかに抑えるかがポイントになる。自身で陸運局に車両を持ち込む「ユーザー車検」であれば、当座の支払いは「法定費用」のみ、すなわち「自動車重量税」「自賠責保険料」(+印紙代)だけで済む。1.5t以下のコンパクト~普通クラスで45,000円程度だ。

 しかしもちろん、ユーザー車検においては車の使用者に全面的な管理責任が帰せられる。法定点検を自ら実施し、おかしなところがあれば自身で整備するか、難しければ業者に依頼する必要があるわけだ。

 法定点検に特別な資格は必要ないが、車体を持ち上げなければ確認できないポイントも多く、一般のユーザーが自分で済ませるのは現実的ではないかもしれない。心理的にも、自身で点検を済ませることに不安を抱くことがほとんどだろう。

ディーラー車検は「整備費用」が収益の軸

 費用と手間、安心感のバランスを考えたときに、有力な選択肢となるのが車検専門店である。「車検のコバック」「車検館」「車検の速太郎」といったチェーンが例として挙げられるが、これらはディーラーや一般の整備工場とはビジネスモデルが異なっている。車検に特化したサービスにより回転数を上げ、車検費用のうち「代行手数料」を基軸に収益を上げるモデルである。

 一方、ディーラーや一般の整備工場は、「整備費用」を主体とする収益モデルになっている。リソースを車検のみに割いているわけではないので、専門店のような効率化は難しい。なるべく部品交換によって、利幅を広げることが求められることになる。

 とくにディーラー車検においては、「その次の車検までノーメンテで乗れる」ことをユーザー側が期待しているケースも多い。それゆえに、現状ではまだ限界に達していない部品であっても、予防的に交換しておく方針で点検が行われる。「あと1、2年は持ちそうだが、念のために替えておく」という箇所が重なり、高額な見積もりになるわけである。

 車検専門店においては、「現状のまま通す」ことをベースの方針としながら、そのままでは通せない箇所があれば整備を行う。手数料は概ね15,000円弱に設定されていることが多く、法定費用とこの手数料だけで済んでしまうケースも多い。

 もちろん、必要最低限の整備に加え、点検にもとづくアドバイスも与えられる。近いうちに交換が必要になりそうな箇所を明示してくれるため、ユーザーは判断材料を与えられたうえで、追加の整備を行うかどうか選択できるわけだ。

お得なタイヤ交換の手段とは

 自動車の消耗品の中で、とくに大きな負担につながるのがタイヤである。車検時にディーラーで替えてしまう人も多いだろうが、ディーラーで扱うタイヤは定価販売が基本であり、価格競争が働いていない。

 タイヤ代を安く済ませるには、やはり通販サイトを利用するのがよい。サイズや銘柄にもよるが、ディーラーの半値ほどで済むケースもしばしばだ。自身でタイヤサイズを確認し、銘柄を選ぶことになるが、「カーポートマルゼン」や「オートウェイ」といった専門サイトであれば、車種を入力すれば適合するタイヤが自動的に表示されるシステムが用意されている。

 ただし、ネットタイヤを購入した場合には、取り付け店舗を探す手間がある。通販タイヤの持ち込みに対するショップの対応はさまざまであり、そもそも受け付けていなかったり、高額な工賃を設定していたりする店もある。一方、持ち込み対応をサービスとして積極的に打ち出し、通販サイトからの直送にも対応している店もあるので、近隣でそのようなショップを探す必要がある。

 「オートウェイ」や「タイヤフッド」といった通販サイトは、提携店舗を全国に展開しているため、そのようなサービスを利用することも選択肢である。あるいは、通販が不安な場合、「コストコ」や「ジョイフル本田」といった倉庫型のディスカウントショップのタイヤ交換サービスを利用するのもよい。費用面では通販に及ばないケースが多いが、取り付け店舗を探す手間が省け、買い物中にタイヤ交換を終えられる。「コストコ」は定期的に特定メーカーの割引キャンペーンを行っているほか、パンク修理無料などの特典もあり、費用対効果は高い。

 タイヤの銘柄も、コストを抑えるうえでポイントになる。廉価なアジアタイヤに対して否定的な人も多いが、普段遣いで安全面に差が出る場面は考えにくい。そもそも「アジアタイヤ=粗悪品」という価値観はすでに過去のものとなっている。ハンコック、ネクセン、クムホ、ナンカンなどは、純正採用やレースへの供給もあり、実績あるブランドである。

インチダウン」も費用対効果が高い

 スタッドレスタイヤの費用を抑えるには、「インチダウン」が有効だ。基本的に、タイヤインチサイズが大きくなるほど高価になるので、スタッドレス用のホイールでは径を落とし、コストダウンを図るのである。

 ただし当然、無闇にサイズダウンすればいいわけではない。ホイール径が小さくなる分、タイヤを厚くしなければ、外径が変わってしまい安全装置やスピードメーターに誤差が生じる可能性がある。また、ホイール径が小さすぎると、ブレーキに干渉してしまって取り付けが不可能になる。

 そのためインチダウンの際には適合をしっかり確認しておく必要があるが、これも先の通販サイトであれば、「その車が履けるタイヤサイズ」を選択肢として表示してくれる。このうちもっとも径の小さいものを選んでおけばよいわけである。

 降雪の多い地域では、スタッドレスの銘柄はケチらずに選んでおきたい。普通に車を動かすだけでも、タイヤの性能によって挙動が大きく左右される。

オイル交換はディーラーでの「まとめ買い」がお得

 その他、ワイパーやバッテリーハイブリッドやEVの駆動用バッテリーを除く)などの消耗品は、ホームセンターや通販で購入し、自身で取り付けることで費用を抑えることができる。作業もシンプルで、15分もかからない。1食分の料理を作る方がよほど手間なくらいである。

 エンジンオイルに関しては、ディーラーでの交換がお得なケースもある。1回ごとに依頼してしまうと、カー用品店よりも高くつくけれども、ディーラーによっては数回分の交換料金をパック化したメニューを用意していることがあり、これが意外にも高コスパなのである。

高いものを長く使うか、安いものを定期的に交換するか

 サービスの内容は地域や販社によって異なるが、交換時期のたびにカー用品店に行って安いオイルを選ぶケースと同等の値段で、ディーラーによるフォローが受けられるメリットもある。

 ディーラーの交換パックでオイルが選べる場合には、適合するもののうち1番安いものを選んでおけばよい。高いものは「吹け上がりがスムーズになる」「燃費が向上する」といった点をアピールされることが多いが、普段遣いで感じる差など微々たるものである。オイルは汚れて劣化するものなので、高いものを長く使うよりも、安いものを定期的に交換する方が効果的だ。

 ディーラーにまとめ買いのサービスがない場合には、カー用品店でオイル会員に登録し、適合するオイルの中から安いものを選ぶ形がよいだろう。

費用を抑えるには「車の状態をある程度把握する習慣」が大事

 自家用車のメンテナンスは、ディーラー丸投げしてしまった方が手間はかからないし、安心できるのも確かである。ディーラー以外の自動車関連サービスに対して、不信感や抵抗感を覚える人もいるだろう。

 とはいえ、自動車の所有者としては、ある程度自身の車の状態を知っておくことが望ましいのも確かだ。掃除機フィルターや、排水口の詰まりをチェックするのと同じ感覚で、タイヤオイルの状態を見る、くらいの習慣をつけておけば、「まだ使えるのに、押し流されるままに交換してしまう」といった事態を防ぐことができるだろう。

 ましてや、ディーラーによる不正車検が相次いで発覚している現状、ディーラーを全面的に信頼することがベストとも断言できない。仮に、整備不良が原因で事故を起こしてしまえば、その車の使用者も責任を問われることになる。コストを抑えるうえでも、管理責任をまっとうするうえでも、自身の車の状態については一定の関心を持つようにするといいだろう。

 なお、ここまでは主に「車検」や「消耗品の交換」について述べてきた。いずれも、自動車に乗っているだけで発生する費用である。一方、事故や故障など、「修理」が必要になる場合はどうか。

 もちろん修理に関してはディーラーの方が「車種ごとの専門知識」を持っていることもあるが、板金塗装をはじめとする「車種を問わない内容の修理」であれば、整備工場や板金工場の方が安く済むケースも多いので、頭の片隅に置いておくと良いだろう。

【後編を読む】

《作業写真多数》「町の板金工場」と「ディーラー」で修理費用差は12万円…どっちに頼むのが正解!? 熟練作業員に聞いてみた

《作業写真多数》「町の板金工場」と「ディーラー」で修理費用差は12万円…どっちに頼むのが正解!? 熟練作業員に聞いてみた へ続く

(鹿間 羊市)

©iStock.com