コロナ禍での開催となりながらも、今夏大きな盛り上がりを見せた東京オリンピック。多くの競技が注目を集めたが、スケートボードほど五輪の後に、世間からの関心度が高まった競技はないのではないだろうか。

 五輪閉幕後もメダリストとなったスケートボーダーの姿をあらゆるメディアで見るようになったし、全国各地でスケートパーク建設へ向けた動きが加速していると聞く。

根強いスケートボードに対する社会からの偏見

 女子ストリート金メダルを獲得した西矢椛選手(にしやもみじ・14)が拠点としている、大阪府松原市の「スポーツパークまつばら」も施設拡充が決まり、東北を代表する施設として評価の高い「寒河江スケートパーク」も補修と改築をスタートさせるなど、全国各地でさらなる環境整備へ向けた動きが加速している。

 しかし、その一方でスケートボードに対する社会からの偏見が、未だ根強いというのも事実だ。

 京急電鉄が進めた東京都大田区糀谷駅付近の高架下スケートパークショップ事業は、その最たる例と言えるだろう。パーク自体は完成しているにもかかわらず、地域住人からの苦情により計画が頓挫、最終的には中止に追い込まれ、滑走不可能になってしまったのである。

 では、なぜ莫大な予算をかけてスケートパークを造ったのにも関わらず、利用中止に追い込まれてしまったのだろうか?

 そこには地域住民との埋めようにも埋めることのできない大きな溝があった。

近隣住民からの騒音に対する苦情

 そもそもこの施設は羽田空港の国際化に伴い、大田区の湾岸エリア一帯の駅を全て高架にする街づくりを進めた京急電鉄高架下活用事業の一環としてスタート。そこに近年のスポーツとしての認知度向上や競技人口の増加を背景に、スケートボード白羽の矢が立ち、このプロジェクトは動き出したのだ。

 大田区にて長年スケートボードショップ「5050」を営んでいる冨田誠さんをスケートボードパークプロジェクトの運営者に据え、昨年の6月にはパークが完成した。あとはオープンを待つだけのはずだった。

 しかし、そこに待ったをかけたのが、音量検査とプロモビデオの撮影で2日間、日中に4時間滑った際に寄せられた、近隣住民からの騒音に対する苦情であった。

 この施設は、パークの建設前に地域17町会に説明会を済ませており、人々が行き交う駅近の高架下スケートパークができるため、防音壁を使用し、誰でも自由に見学できるように一部をアクリル壁にするといった配慮も見せていた。

 しかし、パーク上部、高架のすぐ下に開いた1.5mほどの隙間から漏れた音に対し、日中の数時間の滑走の際に出た騒音に近隣住人は猛反発、あまりの声に事業を精査し直さざるをえなくなってしまったのだ。 

スケートボードが抱える根深い問題

 苦情への対応策は、開いた隙間を塞ぐこと以外になかった。

 ただそうすると、今度は施設全体が構造物になってしまうため、基礎工事からやり直さなければいけなくなってしまう。修繕にかかる費用はおよそ1億5000万円。京急が負担すると、いくら営業をしても採算がとれなくなるという試算が出てしまったことで、八方塞がりとなり、事業自体が中止になってしまったのだ。

 事業中止の背景には、騒音検査で想定以上の音が出てしまったのもあり、そこに対して反対の声があがるのも無理はない。

 しかし、取材を進めるとそれだけに収まらない、スケートボードが抱える根深い問題が見えてきた。

 というのも、そもそもこのエリアは高架上を電車が走っているだけでなく、東京の幹線道路のひとつである環状8号線にも面しているので、以前から日常的に騒音に晒されている地域なのである。

 電車やバイクが通過する音も規定値を超えており、パーク完成時の騒音検査で出た音量と何ら変わらないそうだ。

地域住民との隔たり

 もちろん電車などの交通音は常に出続けているわけではないが、それはスケートボードも同様で、技を繰り出す際のデッキボード)を弾く音やレールなどのセクション(障害物)を捉えた時に響く甲高い音などは、ほんの一瞬だけである。

 さらにこのスケートパークの滑走面はスムースコンクリートなので、ただ滑るだけでは騒音と呼べるほどの大きな音は意外と出ないものなのだ。そう考えると、苦情の原因がスケートボードの滑走音だけなのかというところにも疑問符がつく。

 そこで苦情の更なる詳細な内容を聞いていくと、おぼろげながら地域住民との隔たりが見えてきた。

 この施設では、夜間に滑走したことは一度もないにもかかわらず、「音がうるさくて夜も眠れない」と言う声があがっていたり、スケートショップができたことで集まるようになった人たちに対して、「ガラ悪そうな人がいる」「今まで街にいなかったような人がいる」といったクレームまで入っているというのだ。

 目障りだとまでは言わないものの、これらの声はショップスケートパークができて環境が変わったことに対する違和感スケートボードに対して抱く先入観や偏見からくるものだということは、否定できないのではないだろうか。

 電車や車・バイクといった公共性の高いものは許されるが、スケートボードのような特異なものは受け付け難い。この一連の騒動には、そのようなちょっとやそっとでは拭えない障壁が立ち塞がっているようにも見えてくる。

迷惑にならないところを模索しての活動

 しかし、今夏に行われた東京オリンピックでの堀米雄斗選手らの活躍によって、ヤンチャな印象だったスケートボードイメージが大きく変わったという声をそこかしこから聞く。

 実際に冨田さんもその変化を実感しているそうで、「早く使えるようになると良いね」といった声から、中には「いつ開くのかと思ってたけどもう我慢の限界! なんで開いてないのか教えてよ!」という熱狂的なものまで、応援の声が増えたという。

 それだけでなく、パーク復活へ向けてなんとか近隣の理解を得ようと、パーク外のアスファルトのフラットな路面で、柔らかく滑走音のしないウィール(車でいうタイヤにあたるパーツ)を使うなどしながら、騒音の出ない範囲で初心者の個人レッスンも行い続けているという。迷惑にならないところを模索しての活動を見せてきたことでも、着実に理解は深まってきているそうだ。

 ただ、冨田さんの活動はそれだけでは終わらない。

天空橋駅でもスケートパーク建設運動

 ショップパークがある糀谷駅から羽田空港方面へ進んだ、天空橋駅にあるおよそ2万平米の公園建設予定地にも、世界大会の開催が可能な規模のスケートパーク建設運動を行っているのだ。

 というのも、ここは運河を隔てた先にあるため、市街地に比べてスケートパーク建設に対する規制が緩和される点が大きい。江東区の有明アーバンスポーツパークが五輪会場となったのも、そういった建設条件に合致していたからである。

 さらに駅前という好立地なだけでなく、すぐ隣には羽田空港があるので世界的に見てもアクセスは抜群。

 飛行機が四六時中飛んでいるエリアなので、近隣住宅は防音設備を整えているところが多く、騒音にも寛大な土地柄なのだそう。

 この場所には今までなかなか超えられなかった壁を乗り越えることができる要素がたくさん詰まっているのである。

プロケーターからも良い方向にいってほしいとの声が

 ではこれらの一連の活動を現役の選手たちはどう見ているのだろう。大田区を代表するプロスケーターで、全日本選手権優勝など輝かしい経歴を持つ池田大亮選手(いけだだいすけ・21)にも話を聞いてみた。

「実は糀谷のスケートパークオープン前に滑らせてもらったんですけど、すごくいい施設だと思いました。雨が降っても天候を気にせず滑れるコンクリートパークは全国的にも貴重なので、現状は正直言って悔しいです。

 今はオリンピックを目指してるキッズもたくさんいるし、そういう人達のためにも開けてほしいなと思いますね。もちろん夜遅くまでなんて言いません。せめて19時くらいまで開いていれば、地元のスケーターも絶対に上達すると思います。オリンピック以降一般からの目線も優しくなったと思うので、今後は良い方向にいってほしいなと思います。

 羽田のパークに関しては、実は前にもできるという話があったけど、結局できなかったという話を聞いています。そういった経緯もあるだけに、今回は実現してほしいですね。あそこは土地もかなり広いので、建設が決まったらかなり大きい施設になるんじゃないでしょうか。話が順調に進んで決まった際は、設計とかもしてみたいなと思っています」

 このように現役選手からの言葉には切実な願いが込められていた。どうにかして共存への道はないのだろうか。

スケートボードとの共存の道

 今回の取材を通して、糀谷の高架下スケートパーク事業の中止騒動と天空橋のパーク建設運動には、良くも悪くも日本が古くから抱えている価値観によって、自ずと形成された社会の縮図が詰まっているように感じた。

 しかし時代は常に変化し続けている。スケートボードオリンピック競技になり、日本人金メダルを獲得すると誰が予想できただろうか。オリンピックによってスケートボードの持つ素晴らしいカルチャーを知った日本が、今後どのようにしてスケートボードとの共存の道を歩んでいくのかを、しっかりと見届けていきたいと思う。

(吉田 佳央)

スケートパークに貼られている事業中止を知らせる張り紙 ©Yoshio Yoshida