【死刑求刑】《不審死48人「大口病院点滴殺人事件」》「20人くらい殺った」“白衣の堕天使”久保木被告が女性取調官に“完落ち”して語った凶行 から続く

 2016年7月以降、入院していた48人の患者が亡くなった横浜市神奈川区の旧大口病院。そのうち3人の殺人罪に問われている、元看護士の久保木愛弓(あゆみ)被告(34)の論告求刑公判が10月22日に横浜地裁で開かれ、検察が死刑を求刑した。

 久保木被告は最終陳述で「死んで償いたいと思っています」と謝罪を口にしている。被告による犯行を詳報した記事を再公開する。

(肩書き、年齢等は当時のまま)

◆◆◆

 横浜市神奈川区の旧大口病院4階の終末期病棟。ここで2016年7月以降、約3ヶ月の間に入院していた48人もの患者が相次いで亡くなる異常事態が発生していた。捜査線上に浮かんだのが、当時同院で看護師として働いていた久保木愛弓被告(34)だ。

 捜査が難航し、久保木被告逮捕までには実に1年9ヶ月以上かかった。その間に接触したマスコミ各社に対して、久保木被告は「疑われることに苛立つ」「犯人を許せない」などと主張。しかし逮捕後、点滴に消毒液「ヂアミトール」を混入させて殺害したことを認め、逮捕、起訴された。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

「大口病院点滴殺人事件」の初公判が開かれる横浜地裁 ©共同通信