たしかに悪いのは私です。でも――。

大阪府在住のKさん(仮名、20代女性)から、電車でモヤモヤしたという体験談がJタウンネット編集部宛に届いた。

座ってスマホを眺めていたところ、目の前に立っていたお年寄りが怒鳴ってきたという。

「そこ隙間空いているんだから詰めて!」

確かに、Kさんがちょっと動けば、スペースができる。そんな状況だった。

――スマホに夢中で気づかなくて、本当に悪いと思いました

彼女は謝った。そして、横に詰めて1人分の席を空けたのだが......。

怒り、おさまらず

電車で、席に座ってスマホを見ていたときのことです。

「ちょっと!そこ隙間空いてるんだから詰めて!1人分あるじゃない!」

と、目の前に立っていたお年寄りの女性。怒った様子です。

お年寄りが...(画像はイメージ)

たしかに私が詰めたら、もう1人座れそうでした。それ以前に、目の前にお年寄りがいたら、席に座れるよう配慮するべきでした。

その時は、スマホに夢中で気づかなくて、本当に悪いと思いました。

すみません

私は彼女に謝りました。

そして言われた通り、横に詰めて1人分の席を空けました。

しかし、その年寄りは座ったあとも怒りがおさまらないようでした。

「最近の若い人は嫌ねぇ...」

彼女は車内に聞こえるように大きな声で、延々と私への文句を言い始めます。

「最近の若い人は嫌ねぇ。スマホばっかりいじって全然周りが見えてないんだから。みんなこうやって、やってるでしょう、気持ちが悪いわぁ...」
謝ったのに...(画像はイメージ)

たしかに悪いのは私です。

でも私は謝罪をして、その方は望み通り席に座れたのですから、そのあとも文句を言う必要はあるのでしょうか?

しかも、私に直接言うならまだしも、周囲を巻き込んで聞こえるように悪口を言い続けるなんて......。

ちょっとひどいなと思いました。

以後、席に座る時は、必要とされている方がいないか気をつけるようになったので、あの時注意されて良かったとは思います。

でも、あの女性のやり方には、傷ついている自分がいて、今でも思い出すと心がモヤモヤします。

のりもの」で体験した「モヤモヤ体験」ありませんか?

なんだか心にひっかかりが残るエピソードだが、彼女はこの経験から周囲に気を配れるようになったという。苦い経験を糧にできるKさん、見習いたい。

さて、新幹線や電車など、公共交通機関に乗車した時にイラっと、モヤっとしたことがある人はいるだろうか。そんな体験談をJタウンネットでは募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージメールtoko@j-town.net)から、具体的なエピソード(どんなことにイラッとしたのかなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

「電車で老婆に、席を詰めろと怒られた。謝って従うと今度は、大声で『気持ちが悪いわぁ』と罵られ...」(大阪府・20代女性)