「あの人が話すと、なんだか魅力的だ」と感じる人はいませんか? 自分もそうなれたら良いのにと思ったら、話し方のヒントを教えてくれるビジネス書の力を借りてみてはいかがでしょう?

会話
※画像はイメージです(以下同じ)
 ちょっとした会話のコツから、会社でトップ評価を受けているリーダーたちに共通する習慣まで。売れているビジネス書には、もっと早く知りたかった、より豊かに生きるためのヒントがギュッと詰まっています。

2021年9月のビジネス書、売上ランキング

 2021年9月のビジネスランキングには、よりよい自分に出会うための手助けをしてくれる本がたくさんランクインしました。ビジネスの現場でも役に立つ「知的筋力」を鍛える「ビジネスワークアウト」を、ビジネス書を読むことから始めてみませんか

 本の要約サービス「flier(フライヤー)」では、毎月多数発売されているビジネス書の中から、今読むべき本を厳選。1冊約10分で読める要約にして配信しています。

 今回は、全国99店舗(2021年9月)の未来屋書店で展開されている「未来屋書店×本の要約サービスflier」コラボ棚、9月の売上ランキングから、若手ビジネスパーソンビジネスワークアウトに役立つ5冊をピックアップして紹介します。

【未来屋書店×本の要約サービスflier 2021年9月の売上ランキング
第1位:『人は話し方が9割』(永松茂久、すばる舎)
第2位:『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』(越川慎司、ディスカヴァートゥエンティワン)
第3位:『35歳の教科書』(藤原和博、筑摩書房)
第4位:『気にしない練習』(名取芳彦、三笠書房)
第5位:『決断力』(橋下徹PHP研究所
第6位:『習慣超大全』(BJ・フォッグ、ダイヤモンド社)
第7位:『「顧客消滅」時代のマーケティング』(小阪裕司、PHP研究所
第8位:ドラゴン桜FFS理論が教えてくれる あなたが伸びる学び型』(古野俊幸、日経BP)
第9位:『自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義』(ブライアン・R・リトル、児島修(訳)、大和書房)
第10位:『超効率 すごい記憶術』(青木健、総合法令出版)

話したい人とだけ話せば、全部うまくいく

ビジネス本
『人は話し方が9割』(永松茂久、すばる舎)
 全国で圧倒的に売れている『人は話し方が9割』が、今月も1位になりました! ビジネス書の枠を超え、多くの人に愛されている『ハナキュー』が教えてくれるのは、誰でも真似できる話し方のコツです。

「話し方」といっても、プロのように上手に、おもしろく話せるようになる必要はありません。相手をよく観察し、よく聞くこと。話したい人とだけ話すこと。ちょっとした心がけで、話し方も人生も上向きにしてくれる一冊です。

話題の「5%」シリーズ、待望の第2弾

トップ5%社員の習慣
『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』(越川慎司、ディスカヴァートゥエンティワン)
 第2位は、『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』です。本書は、2020年に刊行され話題をさらった『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』の第2弾です。様々な会社でトップ5%の評価を受けているリーダーたちを対象に、歩く速さや普段の心がけ、学習の習慣など、様々な調査をおこない、その共通点を見出しました

 実際に多くの「5%リーダー」たちが実践している具体的な行動ルールを読むと、何がデキるリーダーをつくっているのかを垣間見ることができます。これを真似するだけで、「5%リーダー」の習慣を自分のものにすることができます。デキるリーダーを目指すなら、読んでおきたい一冊です。

正解のない時代、求めるべきは「納得解」

35歳の教科書
『35歳の教科書』(藤原和博、筑摩書房)
 35歳はまだまだ先? そう思っていたら、あっという間に人生の方向を定めなければいけないときがきてしまうかもしれません。誰もが同じレールに乗っていたら、成長や出世が約束されていた時代は終わりました。もはや「正解」は誰にもわかりません。

 そんななか『35歳の教科書』が提案するのは、自分が考えた「納得解」を探すことです。唯一の正解がなくなったのなら、自分の舞台を自分で設定し、自由に輝くこともできるはず。今まさに35歳を迎えようとしている人だけでなく、キャリア戦略を考え始めたい20代や、正解のない時代に戸惑うビジネスパーソンにもおすすめです。

不安、怒り、欲望。全部「気にしない」ようにするヒント

気にしない練習
『気にしない練習』(名取芳彦、三笠書房)
 気にしてもどうしようもないことだとわかってはいても、小さなことが気になって頭から離れなくなってしまう――。そんなときには密蔵院住職の名取芳彦さんによる『気にしない練習』がおすすめです。自分の身に起こることは変えられなくとも、とらえかた一つで自分の気持ちを変えることはできます。

 たとえば、誰からも好かれたいと思ったら、毎日つらい気持ちになるかもしれません。ある人をガッカリさせないための行動は、他の誰かをガッカリさせることも少なくありません。

 そんな人に、本書は、人に嫌われることを気にするよりも、人からの評価が気になって仕方がない自分にガッカリしてみようと呼びかけます。考え方を変えたほうが、はるかに楽に、そして自分らしく生きられるのかもしれません。

正解がわからないときは、決断のプロセスを大事に

決断力
『決断力』(橋下徹PHP研究所
 仕事も人生も、「意思決定」の連続です。後から「こうすればよかった」と言うことは簡単です。しかし、先が見えない状況のなかで確実に正しい意思決定をするには、どうしたら良いのか。数々の決断を経験してきた橋下徹氏が『決断力』で注目するのは、「決断のプロセス」です。

 決断をするために一番重要なのは、決断プロセスルール作りです。限られた時間のなか、反対意見があっても、決断を下さなければならないときがあります。反対意見のメンバーの反発を無視して、ただ決断するだけでは、後々トラブルになりかねません。いったん「この案でいこう」と決めたら、反対の人も納得して進められるようにしておきたいもの。そのためには、納得のゆく意思決定の仕方自体を決めておくことが、何よりも大切なのです。

 以上、「未来屋書店×本の要約サービスflier」コラボ棚の販売数ランキングから、5冊をピックアップして紹介しました。気になる本は見つかりましたか? 読みたい本があったら、ぜひ本屋さんやflierのサイトで探してみてくださいね

TEXT/本の要約サービス flier(フライヤー)>

【flier(フライヤー)】

flier(フライヤー)は、ビジネス書の新刊や話題のベストセラー、名著の要約を1冊10分で読める形で提供し、良書との出合いを促進する時短読書サービスです。 通勤や休憩といったスキマ時間を有効活用し、効率良くビジネスヒントスキル、教養を身につけたいビジネスパーソンに利用されています

『決断力』(橋下徹、PHP研究所)