自宅で作るカレーについて描いた漫画がSNS上で話題となっています。カレーは辛口が好きな夫婦。しかし、子どもが生まれてからは、子どもが食べやすい甘口にするようになり、好きなナスやキノコ子どもが苦手だからという理由で入れないようにして…という内容で「奥深い」「わが家もそうです」「すてきなお話ですね」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

子どもに合ったカレーを自然に作る自分

 この漫画を描いたのは、工場勤務の会社員でブロガーのオニハハ。(ペンネーム)さん(30代)です。インスタグラムブログ「オニハハ絵日記。」で漫画を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

オニハハ。さん「絵が好きで似顔絵などを趣味で描いていたのですが、3人目の子どもが生まれてから、SNSで子育て漫画を見かけるようになり、私も始めました。もっと早く、子育て漫画の存在に気付けばよかった!と思っています」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

オニハハ。さん「いつものように夕飯のカレーを作っているとき、ふと、子どもに合わせたカレーを当たり前のように自分が作っていることに気付いて、漫画にしました」

Q.今のカレーに行き着くまで、試行錯誤はありましたか。

オニハハ。さん「子どもたちに、肉が大きい、これは嫌いなど、いろいろ指摘されてきました(笑)

Q.パパはカレーの味について、何かおっしゃっていますか。

オニハハ。さん「『辛口を食べたいね~』という話は出ましたが、それは反対意見などではなく、『子どもが大きくなってから食べられる日が楽しみだね』という意味です」

Q.「今だけ」のカレーは、お子さんの成長とともに変化してきたのでしょうか。

オニハハ。さん「子どもが成長して、具材が大きくなってきたと思ったら、また、下の子が生まれて細かい具に戻る…ということがありました」

Q.お子さんたちは、おうちのカレーが好きですか。

オニハハ。さん「カレーのときは文句は言いません! 野菜もとれるのでこちらもうれしいです」

Q.子どもたちが成長したら、こういうカレーを作りたいという夢はありますか。

オニハハ。さん「やっぱり、『辛~い!』というようなカレーを作って食べたいですね! 子どもたちが大嫌いなナスも入れて!」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

オニハハ。さん「後入れの調味料で、大人だけ辛さを足したり、別々に作ったりと、家庭によって、それぞれで面白いなあと思いました」

Q.現在、取り組んでいる創作活動は。

オニハハ。さん「時にはリアル育児の難しさを、時にはクスッと笑顔になれるような話を、など、読んでくれる人のことを意識して描いています。恋愛モノなども描いてみたいのですが、会社勤務でなかなか描く時間が取れず…です」

オトナンサー編集部

自宅で作るカレーについて描いた漫画のカット=オニハハ。(onihaha3)さん提供