2021年10月に発足した岸田文雄政権。先立って行われた総裁選で岸田氏は「令和版所得倍増計画」を目玉のひとつに掲げていた。この政策、どこか既視感がある。そう、1960年に発足した池田勇人内閣で策定された同名の経済政策から拝借しているのだ

 実は、岸田氏は、池田勇人と同じ広島県出身で、岸田派のはじまりは池田が創立した「宏池会」だ。今、日本がギリギリ踏みとどまっていられるのは「『池田勇人』のおかげ」と述べるのは憲政史家の倉山満(@kurayama_toride)。

“戦後最も偉大な総理大臣”と呼ばれる池田勇人とはどんな人物か。その実像に迫った話題の新刊『嘘だらけの池田勇人』(倉山満)より、池田の生い立ちを紹介する(以下、同著より一部編集の上、抜粋)

池田勇人は、エリート人生だった?

 最近、「イケダハヤト」というブロガーがいるそうです。ブログを書く人だからブロガーです。若い人に「イケダハヤト知ってる?」と聞くと、「イケハヤでしょ」と答えが返ってくるとか。イケハヤ氏、本名は池田勇人だそうで。明らかに親御さんが、歴史上の人物にあやかって名付けていますね。だとしたら、立派なご両親です。さて、教科書で一度は目にしたことはあるであろう、池田勇人の印象です

=====
【通説】
池田は裕福な家に生まれ順風満帆の幼少年時代を過ごし、一流大学を出て大蔵官僚となった。早くから大蔵大臣や通産大臣のような要職を務め、最終的には総理大臣になった。最初から最後までエリート人生を歩んだ人物である。
=====

 池田が政治家をしていた時代、世間の印象はこんな感じでした。まあ、半分くらいは本当ですが、池田の人生を丹念に追うと、印象はだいぶ変わってきます。たしかに池田勇人は裕福な家に生まれ、京都帝国大学法学部を卒業し、大蔵省に入りました。京都帝国大学は一流大学ですし、大蔵官僚と言えば、当時も今もエリートです。

 そして官僚のトップの大蔵次官になり、その直後に衆議院議員初当選で大蔵大臣、最終的には総理大臣にまでなるので、何の障害もなく位人臣を極めたような印象があるかもしれません。しかし、池田の若い頃は挫折、挫折、挫折、挫折また挫折と、挫折の連続なのです

挫折の連続だった池田の青年期

嘘だらけの池田勇人
『嘘だらけの池田勇人』(倉山満
 池田勇人は明治三十二(一八九九)年十二月三日、広島県豊田郡吉名村に生まれました。十九世紀生まれ最後の総理大臣です。父・吾一郎、母・うめの次男、七人きょうだいの末っ子で、長女とは二十歳も差があります。このような家庭環境の中、勇人はたいそう甘やかされて育ちました。

 資産家の父はレンガ工場、銀行業、たばこ栽培、海運業、郵便局経営などさまざまな事業に手を出し、成功したり失敗したりしています。お父さん、多少の失敗は気にせずトライ&エラーの人だったようで、池田家は最終的には造り酒屋として成功した地元の名士さんです。子供の頃は子分を率いてイタズラを繰り返すガキ大将でした。しかし、受験では全戦全敗です

中学、高校、大学……すべての受験で挫折

 まず十三歳のときに、当時の子供たちの憧れの的だった陸軍幼年学校を受験しますが、視力が悪く、背が低かったために不合格となってしまいました。成績で落ちたわけではありませんが、男の子の場合、身体コンプレックスを抱きがちです。もっとも、身長のほうは後に伸びて、成人する頃には当時の平均を超える立派な体格になりますけれども。

 中学校でもガキ大将ぶりを発揮します。いたずらや喧嘩をしていたほか、中学で酒やタバコを覚えたとの説もあります(鈴木文矢『池田勇人ニッポンを創った男』双葉社、二〇一七年、一〇頁)。

 とはいうものの成績は良く、高校受験を前にすると猛勉強。日本で最も格が高い第一高等学校を目指します。一高から東京帝大へというのが当時最高のエリートコースです。しかし、池田はここでも失敗し、第一希望の一高には入れず、熊本の第五高等学校に入学します

 信用できない池田の伝記には「五高入学となったのは、試験の結果が必ずしも悪かったからではない。当時の高等学校入学試験制度は、統一の入学試験における成績順で全高校の収容定員の総数の合否を決めた後、その合格者を各校に割り振るというものであったため、成績優秀者といえども志望校に入学できる保証はなかった。……いったん廃止されたが、池田にとって不運なことに、一九一七、一八両年度だけ復活した」などと書かれています(藤井信幸『池田勇人 所得倍増でいくんだ』ミネルヴァ書房、二〇一二年、九頁)。

池田の評価が正当になされないワケ

自民党本部
自民党本部
 これだけ読むと、統一試験の合格者全員をくじ引きか何かで各地に割り振ったかのように読めますが、そんなことはありません。

 統一入学試験の意図は、優秀な学生の救済です。旧制高等学校の中でも特に人気の高い一高(東京)と三高(京都)の不合格者の中には、他校の合格者より優秀な者が多かったので、彼ら成績優秀者がどこかの高等学校に入れるようにすることを主眼とした制度変更でした(天野郁夫『帝国大学 近代日本のエリート育成装置』中公新書、二〇一七年、九五頁)。

 当然ですが、一高は成績が良い順に合格させ、池田はそこにあぶれたから五高行きとなったのです。池田の運の問題ではありません。藤井という著者は何が言いたかったのでしょうか。さっぱりわかりません。こういう輩が池田について適当なことを書き散らすので、池田勇人の評価が正当になされないのです。

 藤井はあとがきで、「ボス教授が書く予定だったのだが、先生が怪我をして書けなくなったので代わりに書いちゃいました、てへ」みたいな言い訳を書いています。ゴミ本です。池田勇人の専門家以外、買う価値なし。これが学術書を名乗って良いのかと、ミネルヴァ書房の見識を問いたくなります。

試験地での佐藤栄作との出会い

 それはともかく、統一入学試験の試験地であった名古屋で池田は佐藤栄作と出会っていて、佐藤もまた五高に入学しています。一高を諦めきれなかった池田は「仮面浪人」をします。五高を一年休学し、一高を目指しますが、再び不合格となり、諦めて五高にとどまります。それで、佐藤の一年後輩となってしまいました。

 しかし、池田はまったくめげずに、というか逆にめげて自暴自棄になったからなのか知りませんが、五高ではハチャメチャな生活を送っていたようです。通常の学生が月に二十五円程度でやりくりしていた時代に、池田は月額百円以上の仕送りを受けていました。

 学校をさぼって昼間から、囲碁を打ったり、友人を誘って酒を飲みに行ったりするものだから、たっぷりの仕送りも使い切ってしまいます。それで小遣い稼ぎに池田屋という屋台(居酒屋)を開いたのですが、ほとんどの客にツケで飲ませたので三日でつぶれてしまいました(土師二三生『人間 池田勇人講談社、一九六七年、三一~三四頁)。

 こんな放蕩生活を送りながらも、池田は大学を受験します。しかも目指すは東京帝国大学! そして、またもや不合格になり、京都帝国大学法学部に入学します。京都帝大でも世間的には御の字の名門大学です。しかし、兄は家業を継ぐため進学できず、優秀な次男坊勇人は家の期待を一身に受けていました。

 中学受験を皮切りに、高校受験でも失敗し、今風に言えば大学受験では「仮面浪人」でも成功せず、でした。ちなみに五高に入った佐藤栄作は東京帝国大学法学部に合格し、卒業後は鉄道省に入省しています。

「ナンバースクール」と呼ばれた当時の学制

東京大学

 ここで当時の学制について簡単に触れておきます。一高(第一高等学校)や五高(第五高等学校)など第〇高等学校は「ナンバスクール」とも言われ、明治期に創設された歴史が古い学校です。その後にできた他の高校より格上のエリート校でした。

 名前は「高等学校」でも、現在の大学の教養学部に相当します。そして、帝国大学は大学の三~四年次から大学院修士課程程度に相当します。一高が東大駒場で東京帝大が東大本郷のようなイメージです。今の六・三・三・四制のように単純ではないので、何歳だからこの学校に通っていると一概に言いにくいものがあります。

 大学での池田は五高時代とはうってかわって、まじめな生活を送り、成績もトップクラスです。高等文官試験に合格し、大正十四(一九二五)年四月、大蔵省に入省します。高等文官試験とは、高級官僚になる試験です。

成績がいい人が集まるのは大蔵省

 このとき、故郷広島選出の代議士立憲政友会の実力者だった、望月圭介の推薦を受けています。池田家は地域の郵便局長を務めていて、望月の支援者でした。

 池田が大蔵省か内務省か迷って相談に行くと、食事中だった望月は箸を転がしてその方向を見てから、「う~ん……大蔵省に入れ」とつぶやいたとか(『池田勇人ニッポンを創った男』一五頁)。楽しい人です。当時、司法省(司法官)と外務省(外交官)は独自の試験を設けていました。また、陸海軍省へは軍人が入りますので、これも別枠です。

 それ以外の役所の中で、格が高いのは内務省と大蔵省です。内務省は「官庁の中の官庁」と言われ、特に内政において強力ではありましたが、成績がいい人が集まるのは、実は大蔵省でした。今も昔も大蔵省(財務省)は、日本で一番入るのが難しい役所と言えます

職員を大量採用する必要があった内務省

 内務省には、必ずしも成績優秀でなくても入れました。当時、知事は選挙によって選ばれるのではなく、内務省から派遣されていました。そして、内務省の課長の優秀な人材が地方に行き知事となり、彼らのうち優秀な者が局長として東京の本省に戻ってくるというシステムでした。だから、内務省は職員を大量採用する必要があったのです。

 水谷三公『官僚の風貌』(中央公論新社、一九九九年)一六二頁には、「戦前の大蔵省なら十人前後の学士採用が普通で、成績上位組に絞った採用も可能だったが、内務省は四、五十人、年によっては六、七十人にも及ぶ採用規模だった。高文合格者は三、四百人だから、他省と競合しながら、成績抜群だけで採用定数を充足させるのはもともと難しかった」とあります。

 そのため、試験の席次が二二二番の内務官僚もいます。二二二番と言えばビリから数えたほうが早いぐらいの席次です。後の内閣法制局長官・法務大臣の高辻正己です(同、一四一頁)。

 内務省は政治家との付き合いが大事なポストです。それに対して大蔵省は、お金(経済・財政)という特殊な技術を扱う役所です。言い換えれば内務省がジェネラリスト集団で、大蔵省がスペシャリスト集団です。そして、必ずしも成績優先ではない内務省に対して、大蔵省は成績優秀なエリートぞろい

「東大法学部以外は人にあらず」の世界

 そんなすごい官庁に入れた池田勇人、ここで今までの敗北を取り返したかと思ったら大間違いです。京都帝国大学法学部卒と言えば、どこへ出てもエリート扱いされそうですが、大蔵省だけは別です。大蔵省では「東大法学部にあらずんば人にあらず」です。京大法学部卒の池田は、大蔵省に入ったがために「Fランク」扱いされてしまいます。

 現在の財務省に至るまで、官僚のトップである事務次官に東大以外の出身者が就いたのは、池田勇人と平成時代の藤井秀人(京大法)、そして現在の矢野康治事務次官です

 矢野さんは一橋大学経済学部出身です。経済を扱う役所なのだから経済学部で当然と思ったら、これも大間違いで、天下の法学部は一番偉くてオールマイティ、明治時代から「法科万能主義の弊害」が言われるほど。官僚の世界では、経済学部は二流なのです。東大でも法学部でもない矢野さんは二重の意味でハンデを背負っていたと言えます。ですから矢野次官は正真正銘「Fランの星」です。

 感覚が麻痺しそうになりますが、京大法学部とか一橋大経済学部って、普通は一流大学として扱われます。しかし、大蔵省(財務省)は、「東大以外の次官など、昭和・平成・令和の元号に一人で十分」という役所なのです。確かに、敗戦後に池田、平成の藤井、令和の矢野と、一つの元号に一人ずつです。

池田が大蔵省で「Fラン」扱いされたワケ

日本国 政府専用機

 明治初期の変革期に登用された人たちはともかく、日露戦争直後の若槻礼次郎から敗戦時の田中豊まで、大蔵次官は一人残らず東京帝国大学法学部(その前身の帝国大学法学部)です。

 池田が入省した時には「大蔵省では東大法学部以外は人にあらず」の世界が出来上がっていました。格下扱いされるのは、「一高を出ていない」とか「経済学部だ」という経歴であって、京大の池田は格下扱いすらしてくれない立場だったのです。言ってしまえば、視界に入れてもらえないのです

 大蔵省の「階級差別」をよく表す話が、若槻礼次郎の『古風庵回顧録』にあります。当時、高等官とそうでない人(判任官)とは食堂が別々になっていました。今で言う、キャリア官僚とノンキャリアの違いです。

 大蔵省に入った若槻は、高等官食堂で食事をしていたのに行政整理のあおりを食らって「判任官の食堂に甘んずる」ことになってしまったと晩年になっても憤っています(若槻礼次郎『明治・大正・昭和政界秘史 ― 古風庵回顧録講談社学術文庫、一九八三年、五四頁。初版は『古風庵回顧録 明治、大正、昭和政秘史 若槻礼次郎自伝』読売新聞社、一九五〇年)。

 若槻礼次郎は温厚な人として知られているのですが、そんな若槻でもこれですから、大蔵省は悪気なく天然で差別する人たちの集まりです。

TEXT/憲政史研究者 倉山満

【倉山満】

憲政史研究者。著書にシリーズ累計35万部を突破した『嘘だらけの日独近現代史』『嘘だらけの池田勇人』(扶桑社新書)などがある

広島県広島市にある池田勇人銅像