機動戦士ガンダム」の富野由悠季監督が手がけたテレビアニメブレンパワード」の初ブルーレイボックス化が決定した。2022年3月29日ブレンパワード Blu-ray Revival Box」として、2万7500円(税込み)で発売される。プロモーションビデオやキービジュアルも公開されている。

同作は、1998年WOWOW初の有料アニメとして全26話が放送されたSFロボット作品。人類の滅亡を引き起こすとされる謎の海底遺跡“オルファン”の意思に従うリクレイマーと、彼らに対抗するサバイバル艦ノヴィス・ノアに乗る人々が、“アンチボディ”と呼ばれる生体ロボットに乗り戦う姿を描く。

ブルーレイボックスに収録される映像は、2007年に制作されたHDリマスター版をブラッシュアップした“リバイバルカラコレバージョン”。映像特典として、特番「総監督:富野由悠季登場」「最速攻略:A to Z」や特講「アニメ演出チェックの五原則」などが収録される。

PVはテレビシリーズ本編から時を経たヒロイン宇都宮比瑪が、かつての戦いの日々を懐かしく振り返る内容。キービジュアルは、アニメーションデザインを担当した重田敦司が描き下ろしている。なお、商品のデジジャケットにも重田と、メインデザインを手がけたいのまたむつみによる描き下ろしイラストが配される。

以下に、富野監督からのコメントを掲載する。

富野由悠季(原作・総監督)】
WOWOW初のアニメ企画をやらせていただける3年ほど前から、ぼくは鬱病だったらしい。
で、2度目の欝感覚から脱出していた頃に、永野護氏の事務所に出かけて、ブレンキャラをもらい、ついで、いのまた氏を紹介してもらって、キャラを創出していただけた。この経緯がぼくにとってのリハビリになって、企画が進められたので、特異な作品になってしまったという反省と同時に、新境地を拓くためには、このような経緯もあるという仕事になった。関係者には本当に迷惑をかけたと思っている。

(C)サンライズ