2022年3月よりWOWOWにて連続ドラマWOWOWオリジナルドラマ ヒル」が2シーズン構成で放送されることが決定。Season1の主演に赤楚衛二、Season2の主演に坂口健太郎が決定した。同作はWEBアプリ漫画「ヒル」「ヒル・ツー」(新潮社バンチコミック)が原作。他人に寄生して生きる者たち(ヒル)の運命と、格差社会の闇が描かれた社会派復讐サスペンスドラマだ。Season1とSeason2、それぞれ6話ずつの全12話となる。

赤楚は、他人になりすましをされ、殺人未遂罪で警察に追われる“ユウキ”を演じる。警察から逃れる中、知り合った仲間と共に、ヒルから自分の身分を取り返そうと奮闘する。

坂口は伝説のヒル“カラ”を演じる。ユウキになりすました男にヒルとしての⽣き方を教え、また掟を破る者を罰する“ヒル狩りのカラ”の異名を持つという役どころだ。過去に⺟親的存在のヒルを仮⾯を付けた男に殺害されており、その男に復讐することを心に誓って⽣きている。

■第1話あらすじ

21歳の四宮勇気(赤楚衛二)は友人もおらず、バイト漬けの孤独な日々を過ごしていた。ある日、いつものように夜勤バイトから帰ると、部屋には腹部をナイフで刺された見知らぬ男が座り込んでいた。

男は搬送先で目を覚ますと、刑事にむかって自分は“四宮勇気”だと名乗りユウキを指さしながら「この人が自分を刺した」と供述する。咄嗟にその場を逃げ出したユウキは、一瞬にして逃亡犯となってしまう。

そんなとき、目の前にゾーカという謎の女が現れ、父親を殺した人物の復讐を手伝ってほしいと頼まれ行動を共にすることになる。ゾーカは住人が不在の家を渡り歩いて⽣活する、通称“ヒル”だった。2人はやがて“ヒル狩りのカラ”の異名を持つ伝説のヒル、カラ(坂口健太郎)と出会う。カラもまた、復讐のためだけに日々を抜け殻のように⽣きるヒルだった。

Season1主演・赤楚衛二コメント

原作、台本を読ませていただき、もしかしたら自分の身近にもあるのではないか?と思わせられるようなお話で、ヒルの⽣態や法律が、社会のルールに通用しない中での、それぞれのキャラクター達の人間模様に引き込まれました。

僕が演じさせて頂く、四宮勇気は父親が殺人犯で、普通の⽣活に羨望心を抱きながらも俗世を絶っている人。そんな彼が四宮勇気という名前を奪われ、ヒルの世界に巻き込まれていくのですが、撮影中は苦痛と憤怒が心の中に渦巻く日々でした。日常に潜む陰鬱としたヒルの世界に浸かって下さい。

Season2主演・坂口健太郎コメント

ユウキを軸にしたシーズン1があり、シーズン2で、まだおぼろげな存在のカラという役をどう表現していくかということを一番に考えました。

カラの過去、⽣きる意思ではなく、方法だけを教えてしまった後悔。カラの中での正義とはなんなのか。どこか身近に感じるヒルという⽣き方をするカラを通して、皆さんに何か伝われば嬉しいなと思います。

■原作者・今井大輔コメント

ヒルは連載終了から8年も経っていて、今回の映像化は⻑くこの作品を愛してくださった読者の方々のお陰です。ありがとうございます

それぞれのSeasonで赤楚衛二さんと坂口健太郎さんが主演でのドラマ化なんてうますぎる話、騙されてると思いましたが、本当の話でよかったです。

朗らかな印象の赤楚さんと柔らかい印象の坂口さんがそれぞれ陰のあるキャラクターをどう演じるのか楽しみです。このドラマでまたヒルの世界を楽しんでもらえたら嬉しいです。

原作漫画のユウキ、Season1主演・赤楚衛二、Season2主演・坂口健太郎、原作のカラ/ ※提供写真