バンダイナムコエンターテインメントは、10月25日(月)に放送した配信番組「生スパロボチャンネル」内にて、同社が展開するシミュレーションRPGスーパーロボット大戦30について、ダウンロードコンテンツ第2弾へ参戦する追加機体・パイロットを発表した。本コンテンツ2021年12月に配信予定。ゲーム本編はNintendo SwitchPS4/PS5、PC(Steam)へ向けて10月28日(木)に発売予定だ。

  ダウンロードコンテンツ第2弾では機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズULTRAMANからの参戦が発表されたほか、シリーズオリジナルキャラクターのみで構成されるスーパーロボット大戦OGシリーズからアルトアイゼン・リーゼラインヴァイスリッターの追加も明らかとなっている。

(画像はYouTube「生スパロボチャンネル」より)

 『スーパーロボット大戦30』は、1991年に第1作が発売されたシミュレーションRPG30周年を記念するシリーズ最新作である。機動戦士ガンダム劇場版 マジンガーZ / INFINITYをはじめとするさまざまな作品のクロスオーバーが魅力で、今作では勇者警察ジェイデッカー覇界王~ガオガイガー対ベターマン~ナイツ&マジック、『SSSS.GRIDMANが新規にシリーズへ参戦する。

 なお、番組内での補足説明によると、ダウンロードコンテンツ第2弾で追加される機体「ラインヴァイスリッター」のパイロットエクセレン・ブロウニングを演じる声優は代役を立てず、2016年に逝去した水谷優子さんの音声ライブラリが適用されるという。

(画像はYouTube「生スパロボチャンネル」より)

『スーパーロボット大戦30』公式サイトはこちら