厚生労働省によれば、新型コロナウイルス感染症に起因する解雇等見込み労働者数は、’21年10月8日時点で11万8317人。うち非正規雇用者は5万4152人。新型コロナは多くの失業者を出すなど、“貧困パンデミック”とでも言うべき状況が生まれている。生活困窮層は分厚くなり、さらに下流の“底”がヒビ割れ奈落に落ちる人も……。そんなニッポンの貧困のリアルを総力取材。今回は仕事も住むところも失った30代男性の実態から貧困問題を考える。

コロナ禍で派遣切り。借金の末、家も失い事務所の倉庫で生活中

 とある塗装会社の倉庫で寝泊まりしている北村拓人さん(仮名・38歳)は、ほんの1年前までは自分で契約した賃貸アパートで普通の生活をしていた。

「いわゆる就職氷河期世代で、正社員として定職に就くことができず、非正規雇用で食品工場に勤務。自転車操業ながらつましく生活をしていたんですが……。友人の借金の連帯保証人になったことがあり、突然その借金を肩代わりすることになってしまったんです」

 そこに追い打ちをかけるように新型コロナウイルスの影響で派遣切り。コロナ特別定額給付金も借金の返済で消え、家賃の滞納を繰り返した末にアパートも追い出されてしまった。

ネットカフェを転々とするホームレス

 その後、ネットカフェを転々とするも緊急事態宣言の影響で23時には閉まってしまうため、ホームレスになる。寝床を求める彼に光明が差したのは、ネットの世界からだった。

「貧困者が多く書き込みをする『G』というネット掲示板の存在を知りました。似たような境遇の人たちが安く住める家を探して書き込んでいたので、私もダメもとですが初期費用と家賃ゼロでも住ませてくれる人がいないか、助けを求めることにしたんです」

 すると程なくして初期費用ゼロ、さらに家賃も最初の2か月無料で住ませてくれるというメールが届く。コロナ禍で住居を失った人を支援したいというオーナーから入居の条件等を聞いたが、北村さんがこの家に住むことはなかったという。一体、なぜか?

◆その物件に住む条件は…

「その物件に住むには生活保護を受けることが必須になっていて、受給できてからは月々5万円ほど家賃としてかかってくる契約だった。

 いわゆる、貧困ビジネスでした。生活保護を受けるつもりはないし、私はまだまだ働き盛り。国からの支援を受けてまで家が欲しいとは思いませんでした」

◆3畳の“倉庫”にたどり着くも…

 その後、また掲示板経由で個人経営の塗装会社の家主から「一時避難先として」という施しを受け、現在の約3畳の“倉庫”にたどり着いた北村さん。

 もともと居住スペースではないため、事務所に置いてあったスノコを2つ繫げたものをベッド代わりに。当然風呂もないので、備え付けの水道で頭を水洗いし、体は濡れタオルで拭くのが風呂の代わりだ。

◆一刻も早く家を見つけたい

 タダで住めるのはありがたいが、ペンキの入った一斗缶や掃除用具、ゴミ袋や会社の備品と一緒に押し込まれており、とても人の住める場所ではない。あわよくば就職も……と考えたそうだが、雇うのは難しいと断られてしまった。

「就活するためには住所が必要ですが、ここを住所にすることはできません。いつまで寝泊まりさせてもらえるかもわかりません。

 追い出されることになったらまたホームレス状態になってしまうので、一刻も早く家を見つけたい。今は日雇いで稼ぎながら生活費を切り詰め、この生活から抜け出すための資金を貯めています」

ビジネススキルなく、デジタルにも疎い…厳しい再就職

 将来への希望を口にしつつ、小さく丸まった背中には悲壮感が漂う。また、職を転々としてきた彼にこれといったビジネススキルはなく、デジタルにも疎いという。

 再就職の道は厳しいが、一刻も早く家が持てることを願う。

<取材・文/週刊SPA!編集部>
※週刊SPA!10月26日発売号の特集「貧困パンデミック」より

―[貧困パンデミック]―


約3畳の“倉庫”で生活する北村拓人さん(仮名・38歳)