Hands of three young people sharing bowl of french fries and dipping them into ketсhup before eating in restaurant

世界中で多くの人に愛されているフライドポテトイギリスでも人気は高く、「イライラしているときに食べると気持ちが落ち着く」と感じる人が多いという。

あるパブ・レストランチェーンが公表した「ハッピーフード」1位から5位までを、『The Sun』などイギリスメディアが伝えている。


■人をハッピーにする料理

イングランドウェールズスコットランドなどに、多くの店舗を展開しているパブレストラン『Hungry Horse』。そちらが「空腹でいら立っているときに食べると、気分が落ち着き満足できる食べ物は?」という調査を行い、5位までの結果を公表した。

男女ともに多くの票で1位に輝いたのは、「フライドポテト」だったという。


関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

■男女でやや違いあり

1位は男女ともに「フライドポテト」だったが、2位から5位までについては男女の間でやや結果が異なった。

まず男性は、2位が「フライフィッシュ」、3位が「ピザ」、4位が「サンドイッチ」、5位が「バーガー」という結果に。そして女性は2位が「ピザ」、3位が「フライフィッシュ」、4位が「サンドイッチ」、5位が「パスタ」という結果が出ている。

■「落ち込んだらポテト」の人も

フライドポテト」と答えた人の中には、「落ち込んだときに必要なのは酒ではなくポテト」「元気になりたいときには揚げたポテトが一番」という人もいた。

さらに中には「フライドポテトのことを考えるだけでハッピーになれる」「散歩しながらフライドポテトを食べると、世界は素晴らしいという気がしてくる」という答えもあったという。

カリカリ、ほくほく、熱々のフライドポテトは、多くの人にとって疲れた心身を癒やしてくれる食べ物のようだ。なおインドカレーも好まれるイギリスだが、そちらは8位だったと報じられた。


■じゃがいもは優良フード

最近では、回転寿司店などでも提供されているフライドポテト。大量に食べるのは良くないと言われているが、ほっこりしたいとき、疲れたとき、落ち込んでいるときに食べて癒やされるのは、良いことかもしれない。

なお、じゃがいもストレス対策だけでなく、アンチエイジングにも効果的だ。また疲労回復にも役立ち、高血圧を予防する効果もあるのだという。

たっぷりの油で調理して食べるのも美味しいが、揚げなくても普段の料理に上手に取り入れ、健康的に摂取したい。

「フライドポテト食べてほっこり」の調査結果 じゃがいもは抗ストレスの効能も