小林よしのり

漫画家評論家小林よしのり氏が、26日に自身公式ブログを更新。同日に開かれた小室圭さん・眞子さんの記者会見を絶賛し、「二人の未来に幸あれと心から願う」などと祝福した。


■「素晴らしい記者会見」と絶賛

小林氏は同日午後に開かれた会見を視聴したようで、「眞子さま小室圭氏、素晴らしい記者会見だった!」とのタイトルブログを更新。冒頭で「眞子さま小室圭氏、結婚おめでとう」と2人を祝福する。

内容についても、「素晴らしい記者会見だった」と寸評。圭さんの母親をめぐる金銭トラブルや、眞子さんの複雑性PTSDにも言及したことを「あそこまで踏む込んで話すとは驚いた。とてつもない勇気だ。二人の話は100万%理解できる」と評価した。


関連記事:Googleアプリに大規模な不具合発生か? 「繰り返し停止」で使えないとの報告相次ぐ

■世間の批判に釘を刺す

一方、世間で沸く批判の声に対しては、「どうせあそこまで語ってもガタガタ文句は言うのだろう。何をどう喋っても、いくらでも揚げ足取りはできるし、イチャモンはつけられるのだ」と諦めに近いコメントも。

バッシングの元となる報道に関しても、「マスコミ根掘り葉掘り、もういい加減にしてもらいたい」と釘を刺している。

■佳子さまとのハグに涙

また、小林氏は眞子さんと佳子内親王による姉妹のハグにも胸打たれたとのことで、「眞子さまと佳子さまの抱擁シーンを見て、涙が出た。記者会見のときも、この二人、本当に辛かっただろうと思うと、泣けてきてしょうがない」と感動も露わに。

最後は「二人の未来に幸あれと心から願う。おめでとう。おめでとう。100回でも言ってあげたい」と締めくくり、一般人となった眞子さんを自分なりの言葉で送り出したのだった。


■一貫して結婚に賛成

小林氏は2人の結婚に一貫して賛成の立場で、ブログや動画サイトなど各所で肯定的な意見を表明。世間でのバッシングにも反論を展開するなど、眞子さんと圭さんを擁護していた。

2019年には、圭さんの母親をめぐる金銭トラブルに関して「眞子さまの希望が叶うなら惜しくはない」と肩代わりを申し出たことも。紆余曲折はあったが、素晴らしいと感じられる会見でゴールインとなり、小林氏もほっと胸をなでおろしていることだろう。

小林よしのり氏、小室圭さん・眞子さんの記者会見を絶賛 「二人の未来に幸あれ」