任天堂Niantic10月27日(水)、スマートフォン向けARアプリPikmin Bloomピクミン ブルーム)の詳細な情報を発表した。

画像は「Pikmin Bloom 発表映像」より

 「ピクミン」は2001年10月に発売した同名のゲームキューブソフトにて登場したキャラクター頭の花や赤や青などのカラフルな色合い、そしてそれぞれ火や水に強いといった個性を持つことが特徴だ。
 
 本作は、任天堂ポケモンGONianticの共同開発タイトル。歩くことで発見できるピクミンの苗」を育てて、成長したピクミンを率いて自分だけの隊列を作って歩くことができるほか、通った道には花が咲いていくプレイヤーユーザーが力を合わせて世界中に花を咲かせていくことが目標となっている。

画像は「Pikmin Bloom 発表映像」より

 公開された映像ではプレイヤーの通勤や通学、お出かけにピクミンちょこちょこと後ろをついていくキュートな姿のほか、1000歩や1万歩などキリのいい歩数を飛び跳ねて喜んでいる様子も確認できる。また、詳細は不明ながらもピクミン「なかよくなる」ことも可能なようだ。

 このほか「1日をふりかえる」機能も映像に登場。その日の道のりを写真と一緒に記録できるようなイメージのほか、宮本茂氏によると「日記帳のように」使える機能で散歩がより楽しくなることが期待できる。

 『Pikmin Bloom』はシンガポールオーストラリアにて配信を開始しており、日本でのサービス開始時期は不明となっている。日本公式Twitterが開設されているので、ぜひこちらをフォローして続報を待ってほしい。

画像は「Pikmin Bloom 発表映像」より

『ピクミン ブルーム』日本公式Twitterはこちら