協力型FPSBack 4 Bloodバックフォー・ブラッド)について、リリースから2週間ほどで総プレイヤー数が600万人を突破したことが、同作の公式Twitterアカウントから明らかにされた。

 本作は、ゾンビFPSの金字塔ともいえるLeft 4 Deadシリーズの開発陣による新作タイトル。最大4人で協力して感染者の大群に挑むキャンペーンモードと、生存者と感染者に分かれて戦う対戦モードといった『Left 4 Dead』のふたつの軸を受け継いだ作品となっている。
 
 記事執筆時点で、本作のPC版メタスコアは78、ユーザースコアは5.6という評価を受けている。Steamではレビュー件数が1万を超えており、総合評価は「やや好評」となっている。

(画像はSteam『Back 4 Blood』販売ページより)

 ゲームプレイメインとなる射撃の感覚や、カードシステムによるリプレイ性の高さなどは、おおむね好評を得ているようだ。一方で、高難易度モードバランス調整や味方AIキャラクターの挙動といった面では、不満を持つユーザーも少なくないとみられる。

 『Back 4 Blood』はPS4PS5Xbox OneXbox Series X|S、PC(SteamEpic Games Store、Microsoft Store)にて販売中となる。

『Back 4 Blood』公式サイトはこちら『Back 4 Blood』公式Twitterアカウントはこちら