育毛や増毛や植毛、自分に合ってるのは?それぞれの違いや注意点をご紹介!
そもそも増毛ってどういうこと?

薄毛や抜け毛に悩んでる方が行うのが育毛や増毛、植毛などですが、そもそも育毛や増毛、植毛の違いをご存知でしょうか?

育毛は、増毛と違い、もともとある自分の髪をより強く、より健康にするものです。

ただ、増毛や植毛というのは全く違い、外部の力で薄毛をカバーするものです。

今回は各々の違いについてご紹介します。

目次

増毛にも色々な種類がある 植毛はリスクもあります 育毛とは 育毛クリニックと育毛サロンのどっちに行ったらいいの? HARG療法とは まとめ

増毛にも色々な種類がある

増毛は、髪の毛に束状にした人工毛を結びつけたり、特殊なシートを頭皮に貼り付けたりして髪の毛を増やすことを言います。

比較的育毛や植毛よりも効果が表れるのが早く、ウィッグやカツラとは異なり、ボリュームのある自然体な髪型を手に入れられます。

大きく分けると、自毛や人工毛を自毛に結びつけるタイプと人工毛を自毛に編み込むタイプシートを頭皮に貼り付けるタイプの3種類があります。

自毛に結びつけるタイプ

自分の髪の毛に自毛や人工毛を結びつける方法です。

人工毛であっても髪の毛の細さや色、ウェーブの具合を限りなく自毛に近づけることができます。

さらに作業が簡単で、増やしたい総本数も自分で調整することができるのが特徴です。

編み込むタイプ

より髪のボリュームをだしたい方におすすめの方法で、専用の糸を用いて土台を作り、束状にした人工毛を付けていきます。

頭皮にシートを付着させるタイプ

人工毛を特殊なシートに植毛し、そのシートを専用の接着剤を用いて頭皮に貼り付けていく方法です。

増毛のする上での注意点

これまで薄毛治療を取り組んできても、なかなか効果を得られなかった方が、増毛では比較的簡単に解決できる点がメリットですが、その一方で注意点もあげられます。

増毛をする上で特に気を付けなければならないことは、定期的なメンテナンスを行うことです。

自毛に結びつけた場合の結び目部分は、髪の毛が伸びていくのにしたがい徐々に移動していきます。

また、増毛は自毛に負担をかけてしまうことから、髪の毛が抜けてしまったり、シートをつけた際に蒸れてしまうことで、雑菌が繁殖してしまう恐れがあります。

こういったことをなるべく防ぎ、頭皮を清潔な状態に保つためにも、月に1回程度のメンテナンスを行うようにしましょう。

次は植毛についてご紹介します。

植毛はリスクもあります

5009ae4a660ba552ad533ee3c3368f17_s
植毛は、毛髪を頭皮に移植する手術のことです。

移植する毛髪には、自分の髪を使用する自毛植毛と人工の毛髪を使用する人工毛植毛があります。

自毛植毛のほうが、安全性や仕上がり、などが高いため、現在の植毛手術は、自毛植毛が中心になっています。

また、自毛植毛では、毛根ごと自分の髪を移植します。

そのため、手術後は、自毛と同様に髪が成長するため、薄毛の改善効果が極めて高い手術なのです。

ただ植毛は、手術が必要なため、失敗してしまうリスクがあります。

植毛の失敗例としては、「毛根が生着しない」「手術後の傷が残る」「手術後に男性型脱毛症が進行」といったものがあります。

毛根が生着しない

現在、自毛植毛の技術は進化して、毛根の生着率もとても高くなりました。

しかし、体質によっては、毛根が生着しにくい人もいます。

毛根が少ししか生着しなかった場合は、薄毛改善効果が満足に得られない仕上がりになる場合もあります。

手術後の傷が残る

植毛には、外科手術が必要になります。

ということは、手術後に手術痕による傷ができます。

この傷が、場合によっては大きく残って目立つ場合があります。

頭皮の傷が大きい場合、坊主やソフトモヒカンなどの短髪では、傷が目立ってしまうかもしれません。

傷の回復具合は、免疫力や回復力が大きく影響します。

ですので、体質によって大きな傷が残る可能性もあるのです。

手術成功後に男性型脱毛症が進行

植毛手術が成功した場合でも、その後の男性型脱毛症の発症リスクが減るということではありません。

男性型脱毛症は、こめかみ部分や頭頂部を中心に進行していく薄毛症状です。

植毛後に、この男性型脱毛症が発生すると、移植した場所とそれ以外の髪の量が、バランスの悪い状態になってしまう可能性もあります。

失敗を避ける為にするべきこと

植毛が失敗した時のリスクについて説明しましたが、これらの失敗は、手術後になって分かることなので、事前に避けることは難しいです。

ですが、手術前のカウンセリングをしっかり対応してくれるクリニックだと、失敗のリスクを少なくなります!

植毛手術を行う際には、クリニックでのカウンセリングをしっかり行いましょう。

育毛とは

増毛や植毛はすぐに薄毛をカバーできますが、まだそこまではしたくないという方は育毛を頑張りましょう!

育毛には、シャンプーや食事でのアプローチなど様々な方法があります。

ただ、特に側頭部の薄毛が気になる場合は、甲状腺機能低下症との関連が疑われますので、育毛の専門医の受診をおすすめします。

またそれ以外にも、

・喫煙期間が長い方
・若年期から喫煙されている方
ストレスが多い方
・頭皮に炎症が見られる方
・日頃から眼精疲労を感じている方

も注意が必要です。

ひと昔前は、遺伝として片付けられることの多かった薄毛のトピックですが、原因も明らかになりつつあり、治療方法についても選択の幅が広がりつつありますので、前向きに薄毛改善に取り組みましょう!

悩みの解決のために、医療の力に頼るのも一つの方法ですよね。

育毛をしようと考えた時、クリニックサロンのどちらに行けばいいのか迷ったことはありませんか?

どちらも育毛に関する施設なので、どんな違いがあるのか分かりにくいですし、迷いやすいのではないでしょうか。

そこで、育毛クリニックと育毛サロンの特徴をご説明します。

育毛クリニックの特徴

育毛クリニックと育毛サロンの違いは?

育毛クリニックの最大の特徴は、育毛を専門としていることです。

総合病院などでは、育毛以外にも様々な診療科を扱っていますが、育毛クリニックでは育毛だけに注視している為、患者の髪の毛の状態に応じて適切な治療を効率良く行ってくれるのです。

総合病院では主に薬による治療しか行ってくれません。

育毛クリニックには最新設備が導入されていることが多く、本気で育毛を目指しているという人にお勧め出来るでしょう。

ただし、発毛を促す薬や設備を利用したとしても、発毛のスピードには個人差がある為、クリニックに通いさえすれば薄毛が改善出来るというものではありません。

あくまで効果が期待出来るだけなので、過度な期待はしない方が良いかもしれません。

育毛サロンの特徴

対して育毛サロンは、設備などで発毛を促すのではなく、主に頭皮のマッサージなどを行って発毛を促すのが特徴です。

クリニックと違って薬や設備に頼らずに発毛が促せる他、頭皮の洗浄やマッサージを行うことによって頭皮環境を整え、発毛の土台を作るような仕組みになっています。

エステに通うような感覚でケアを受けられる為、そこまで薄毛が進行していないのであればサロンの方が良いかもしれません。

育毛クリニックと育毛サロンのどっちに行ったらいいの?

どちらにしても効果が期待出来るというだけで、確実に薄毛が完治出来るわけではありません。

どちらがに通うのが良いかは、薄毛がどれくらい進行しているのかによって変わりますが、大体の目安として考えればハッキリと分かれるでしょう。

育毛サロンはあくまで薬や設備に頼らずに発毛を促している為、薄毛があまり進行していない時に通うのが得策です。

関連記事

大手育毛サロンバイオテック」って効果あるの?実際に行って検証してきました!

しかし、薄毛が進行している場合だとサロンでの効果は実感しにくい為、本格的に治療を行うクリニックの方がお勧め出来るでしょう。

特に男性型脱毛症、いわゆるAGAと診断された人は、クリニックに通った方が良いです。

ですが、男性型脱毛症の治療を行っても、進行を遅らせるだけで完治させることは難しいということを覚えておきましょう。

最後に、育毛治療の「HARG療法」について詳しくご説明します。

発毛効果が高く話題のHARG療法。では、HARG療法とはどのようなものなのでしょうか。

HARG療法の発毛メカニズムについて、またHARG療法のメリットデメリットについてご説明します。

HARG療法とは

HARG療法の発毛効果
HARG療法とは毛髪再生療法のことです。

Hair Re-generative theraphyの頭文字を取ってHARG療法と呼ばれています。

HARG療法は、薄毛の原因であるヘアサイクルの乱れを修復し正常に戻すことで発毛を促す治療方法です。

ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期の3つの周期で構成されています。頭髪を維持するためには、正常なヘアサイクルが必要です。

しかし男性型脱毛症や加齢など、さまざまな原因でヘアサイクルは乱れます。

HARG療法では、成長因子が含まれている「HARGカクテル」を注入し、毛母細胞を刺激し活性化させることで、乱れたヘアサイクルを元に戻し正常な発毛メカニズムに回復させるのです。

HARG療法のメリット

HARG療法の最大のメリットは、高い発毛率と短期間での発毛効果が期待されることです。

HARG療法は通常1ヶ月に1回ずつ施術を施し、計8回前後の施術回数になります。そのため施術期間は1年以内と短いです。

またAGA治療薬で治療が難しい、加齢による薄毛、円形脱毛症、女性の薄毛などにも効果的です。

副作用アレルギーの心配もほぼ、ありません。そのため安全に施術が受けられます。

HARG療法デメリット

HARG療法のデメリットは、施術費用が高額なことと施術を受けられるクリニックが少ないことです。

1回の施術費用が10万円を超える場合もあるHARG療法は経済的負担も大きいです。

また近所でHARG療法を受けられるクリニックがない方には、交通費の負担も大きくなります。

薄毛治療に高い効果が期待されるHARG療法は、幅広い症状に対応している魅力的な施術法です。

しかし高額の施術費用や対応しているクリニックが少ないなどの問題もあります。

まとめ

薄毛や抜け毛に悩んだ時には、普段のヘアケアに気を遣うことに加えて、育毛剤やHARG療法など、自分の頭皮や髪の状態を見ながら適切な頭皮ケアをされることをオススメします。

また、育毛では追いつかない場合は、増毛や植毛というのは手段として非常に有効です。

いつまでも若々しい自分でいるために、メリットデメリットを把握した上で、自分に合った方法で薄毛改善しましょう!

シャワーヘッドで簡単頭皮マッサージ