ステイホ―ム中、暇な時間をオンラインゲームに費やしたことで、恋愛に発展したケースも珍しくない。なかでも注目を集めているのが、3人でチームを組んで銃撃戦を繰り広げる「Apex Legends(通称:Apex)」だ。戦場に挑む女性プレイヤーも増えており、Twitterメンバーを募集する「#Apex女子」も話題となったほど。今回は、Apexがきっかけで結婚まで至ったカップルに取材をおこなった。

◆趣味でプレイしていたオンラインゲームで結婚相手が見つかった

「もともと婚活中ではあったのですが、趣味でやっていたオンラインゲームで、まさか結婚相手が見つかるとは思いませんでした」

 そう話すのは、Apexで知り合った38歳の男性と4か月の交際を経て結婚・出産、生後2か月の子どもを育てている野坂真由美さん(仮名・31歳)だ。

「昨年4月、コロナ禍で自宅にいる時間が増えたので、新しいゲームがしたくてApexを始めました。私がTwitterで一緒にプレイするメンバーを募集したときに来てくれたうちの一人が、今の夫です」

 出会いが目的ではなかったが「初日から楽しくプレイができて好印象を抱いた」と、野坂さん。その後も二人は度々フィールドを共にしたという。

オンラインゲームは素のまま交流ができるのが魅力

「長時間のプレイになるので、途中で5~10分の休憩を挟みます。回数を重ねると、休憩中にボイスチャットで自分の仕事や恋愛などの深い話をするようになったんです。

 すると、相手と価値観が近いと感じて、徐々に恋愛感情が芽生えていきました。恋活の場合は相手の年収や仕事くらいしか情報がなく、時間をかけても価値観まで踏み込むのは難しいんですよね。

 でも、ゲームは顔が見えないし、趣味が軸にあるので“素”のまま交流できたのもよかったのかもしれません」

◆『出会い厨』は嫌われる

 また、録画してもらったプレイ動画を見返すのも彼女の楽しみになり、徐々に恋心が募っていったという。

「動画を見るといろいろな思い出が蘇って、また一緒にプレイしたいなと思えました。ゲームでは、レベルが高くて強い人よりも“一緒にプレイして楽しめる人”のほうがモテる気がしますね。

 親しくないうちからしつこく連絡先を聞いてくる『出会い厨』は嫌われますが、ゲームを楽しむ中で、プレイ中に自然といい雰囲気になったら、LINEを交換してもいいと思いますよ」

 ゲーム好きにとっては、趣味も楽しめて、あわよくば出会いも期待できるので一石二鳥だ。

<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[オンライン[恋活]で出会う!]―


野坂夫妻のツーショット。「彼はゲームの腕は悪くないけど、インドア派で痩せ気味。私でも軽々持ち上げられます(笑)」(野坂さん)