中国車の品質は近年、向上傾向にあると言われているが、中国車のなかには「どこかで見たことのある」外観をしている車もあるのは事実だ。中国メディアの威帥車市はこのほど、中国車メーカーの多くは外観のみならず、さまざまな分野において「日系車を手本とし、模倣している」と論じる記事を掲載した。

 記事は、中国の自動車メーカーが模倣を行っていることを認めつつ、模倣の対象はその多くが「欧米車ではなく、日系車」だと主張した。そして、その理由は欧米メーカー知的財産権の侵害に極めて敏感で、訴訟リスクが極めて大きいのに対し、日本メーカーの場合は訴訟リスクが低いことが理由の1つだと論じた。

 さらに、これまでの中国自動車産業の発展の歴史を紐解けば、中国自動車産業に最大の貢献をしてくれた存在こそ日本メーカーであるとし、技術や部品を供与してくれた日本メーカーがなければ中国の自動車産業は今のような発展はなかったはずだと指摘した。

 続けて、中国は自動車産業において「市場と技術を交換する」戦略を取ったにもかかわらず、欧米メーカーは中国企業と合弁企業を設立しても、技術供与や模倣にはかなり厳しい態度であったと主張、日本メーカーが寛容でなかったら中国では自動車産業が育たず、産業も市場もドイツをはじめとする欧米メーカーに掌握されてしまっていただろうと強調した。

 続けて記事は、中国の自動車市場が現在の状況であるのは日本メーカーのおかげであると主張する一方、これは輸出を経済の柱とする日本の戦略であったのではないかと推測し、「中国市場を欧米メーカーに掌握させないよう、中国メーカーを育てつつ、欧米メーカーと対抗させようとしたのではないか」、「そのために日系メーカーは中国企業の模倣に比較的寛容なのではないか」と主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

中国車メーカーが「日系車を手本とし、模倣している」ワケとは=中国