といえば怖い話2011年8月10日ニコニコ生放送ニコ生ナックルズ」では、「怖すぎる動画」をテーマに諸事情によりテレビでは放送できない恐怖映像を特集した。そのなかで、「依り代」信仰を応用した「ひとりかくれんぼ」の途中に起こった、ある異常の様子をとらえた映像が流された。

 番組では、心霊写真を追いかける内に連続強姦殺人事件へとたどり着くという、サスペンス要素も含んだ「いマンション事件」や、自殺スポット近くのから撮ったビデオ不気味と手らしきものが写り込んでいる「面に蠢く自殺者の魂」などを紹介。さらに「現代の怪談」として、「ひとりかくれんぼ」の投稿映像を出演者の解説を交えながら放送した。

 「ひとりかくれんぼ」は、人の形をしたものには魂が宿るという「依り代」の信仰を応用した「遊び」。要は人形と「一緒に」かくれんぼをするのだが、さまざまな手順があり、それが「儀式」のようで気味が悪い。

 用意するものは、手と足がついた人ぬいぐるみ、自分のなど。まず、下準備として、ぬいぐるみに名前をつけた後、物を入れて詰め物をすべて取り出す。名前のついた人形を「殺し」、「臓物」を取り出すかのようなこの作業。「人形の表情が変わるのではないか」と背筋に冷たいものが走る。人形は可ければ、可愛いほど不気味さが増す。次に、取り出した「臓物」の代わりに、用意したと自分の髪の毛を入れて、切開した部分を赤い糸で縫合する。これで「依り代」の出来上がりだ。

 この後にも、さらにいくつかの手順を踏み、真夜中の3時になったら「最初の○○(本人の名前)だから」と3回言って、人形を浴室のをはった洗面器の中につける。そして、部屋の照明をすべて消し、テレビだけをつけた状態でをつぶって10数えたら、かくれんぼスタートだ。

■この不気味さは一体何なんだ・・・

 数え終わったら、物を持ってめて浴室に行き、「△△人形の名前)見つけた」と言って、胸を突き刺す。そして、「次は△△だから」と言って、自分はあらかじめ決めておいた隠れ場所へ。

 この隠れ場所にはあらかじめを用意しておき、しばらく隠れた後、これを口に少し含んで、残った、口に含んだの順番で人形に吐きかけて、「私の勝ち」と3回宣言すればゲームは終了となる...はずなのだが、投稿動画では暗闇の中で、ある「異常事態」が起きて、正常な手続きでかくれんぼを終えられなくなってしまう。薄明かりの中で聞こえる「はぁ、はぁ」という投稿者の息遣いや、「こえー、何だよ」というつぶやきが、実にリアルだ。その間にはニコニコ生放送の画面にも「ぎゃあああああ」「え?」「死亡フラグ」といったコメント投稿された。

 映像を観終わった後は、数多の怪奇現に出くわしている出演者からも、「これは怖いですね」とが上がる。紹介者のミリオン出版怪奇現取材班・住倉カオス氏は、

「例えば、こっくりさんだと、"ご宣託をもらう"という的があるんですけど、これはないんですよね。分からないので気持ち悪いんですよ」

と、その怖さを分析した。

 なお、怪談史研究小池氏によると、こうした動画などを見て恐怖感を抱いたときには、「食で良いので、おパラパラとやるのが一番お手軽で良いのでは」という。また、会を務めた雑誌『実話ナックルズ』発行人の久田将義氏は「ひとりかくれんぼ」について、「絶対にまねをしないで」と警鐘を鳴らした。

(野吟りん)

関連サイト
・[ニコニコ生放送]「ひとりかくれんぼ」部分より再生 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv56450391?po=news&ref=news#0:45:51

「ひとりかくれんぼ」の様子を映した映像