AKB48タレント大島麻衣(34歳)が、10月24日に放送されたバラエティ番組「チャンスの時間」(ABEMA)に出演。大島が繋げた“芸能人カップル”の数を告白し、千鳥やトリンドル玲奈らを驚愕させた。

番組はこの日、人気企画の「先生シリーズ」第6弾を放送。前回の第5弾「芸能人と付き合いまくり先生」で講師を務め、好評だった大島が再び講師として登壇し、前回の授業からさらにパワーアップした「“週刊誌にバレずに”芸能人と付き合いまくり先生」として特別授業を行った。

番組ではまず、“しまくり数字”と称した数字を“100”と発表し、「何の数だと思いますか?」と生徒たちに問いかけた大島。そこでトリンドルさんは「デートした数?」と尋ねたが、大島は「(デートの回数は)100回じゃ収まらないです」と笑みを浮かべ、「マジか!」「すごいな…」と、さっそく生徒たちを驚かせる。

しかし、その後“100”という数字は「私が繋げた芸能人カップルの数」と続けた大島に、一同はさらに大興奮。大島のもとにはたびたび「○○さんを紹介して欲しい」といった連絡が入ると明かし、「私が仲良くなくても2〜3人繋げば、誰かしら知り合いがいる」「ネットワークを駆使して出会いの場を提供する」と語った。

そんな大島の言葉に、千鳥・大悟は「とりあえず終わったら先生のところに連絡先聞きに行きますね」、千鳥・ノブは「年会費とかいらないですか?」などと前のめりに。大島は「無料でやらせてもらってます」と笑顔で返した。